カテゴリー「Troy」の7件の記事

トロイ ディレクターズ・カット版 予約受付中

B00153IK2Q昨年の秋にUS版、UK版が発売された、トロイのディレクターズ・カット版が、ついに日本でも発売です。

cd 発売予定日は6月11日

現在、アマゾンで通常のDVDの2枚組みのものと、ブルーレイ版の2種類の予約を受け付けています。

トロイ ディレクターズ・カット(DVD2枚組み)
トロイ ディレクターズ・カット(Blu-ray)

ショーン扮するオデュッセウスの出演シーンも少し増えています。(映画全体では30分長くなっています。)

すでにUS版を持っているんですが、最近、ブルーレイが見られる環境を構築したので、、Blu-ray版を買ってしまおうかなぁ...

| | コメント (0)

「トロイ」ディレクターズカット版、UKアマゾンでも予約開始

10日ほど前に、ショーンの出番も増量されているという、「トロイ」のディレクターズカット版が、USのアマゾンで予約受付中とご紹介しましたが、ようやく UKのアマゾンでも予約受付がはじまったようです。

TROY - Director's Cut

ところがこのUK版は、US版が2枚組みなのに対して1枚のようですし(特典は?)、発売日も10月1日となっています。(US版は9月18日)
しかもお値段がUS版よりだいぶ高い!

UK版ならリジョン2(ただしPAL)なので、UK版を買おうと思っていたのですが、これだったらUS版の方がいいのかなぁ。

それとも日本版が出ることを信じて待つべき?

| | コメント (2)

「トロイ」ディレクターズカット版 Amazon.comで予約受付中

B000TGELLYオデュッセウスの出番も増えているということで、何度も話題にしている、「トロイ」のディレクターズカット版ですが、Amazon.com で予約受付を開始したようです。

Troy - Director's Cut (Two-Disc Special Edition)

B000TGJ8IUこれは、通常の2枚組みのものなのですが、このほかに、ブックレットやらなにやら付録がいろいろついた、アルティメイト版というのもあるようです。

Troy - Director's Cut (Ultimate Collector's Edition)

どちらも、9月18日発売。
リジョンは1になりますのでご注意ください。

アルティメイティト版のブックレットにショーンがたくさん出てくるのならこちらを買いますが、あまり期待はできないような気が...

イギリスのアマゾンでは、HD-DVDとブルーレイDVDは名前だけあるのですが(9月18日発売予定になっていますが、予約受付はまだ)、通常のDVDのディレクターズカット版が見当たりません。

これって、日本でも発売されるのかな?

| | コメント (0)

「トロイ」ディレクターズカット版は9月に発売開始

Troydircut 以前にもご紹介した、「トロイ」のディレクターズカット版ですが、アメリカとヨーロッパでは9月にDVDが発売されるようです。

Misaさんのところで教えていただいて、自分なりに探してみたところ RopeofSilicon.com にまとまった情報がありましたので、こちらをご紹介します。

こちらは、アメリカ版になると思うのですが、通常のDVDのディレクターズカット版(2枚組み)通常のDVDのディレクターズカット・アルティメット・コレクターズ版(2枚組み)のほか、HD DVD版とブルーレイディスク版も出すようです。
いずれも9月18日発売予定。

また、Misaさんが見つけてくださった情報によると、スペインのサイトで豪華なコレクターズエディションが9月25日発売となっているそうです。

UKのDVD販売サイト、Sendit.com では、9月10日発売となっていますが本当かな?

B000PI3UKO

USのアマゾン、UKのアマゾンのどちらも、まだ予約を開始していないようですが、「トロイ」を探すつもりが、UKのアマゾンで見つけてしまったのが、”The Fifteen Streets

以前のバージョンは絶版になってしまっていたのですが、新バージョンがまもなく、7月16日に発売になるそうです。

この作品、ショーンは主役ではないのですが、やっぱり今回も表紙はショーンです。駄々っ子でやんちゃで困り者の弟のショーンを愛でる作品ですね。

| | コメント (0)

「トロイ」ディレクターズカット版についてのレポート

Troy_sean2ヶ月ほど前に情報をご紹介した、「トロイ」のディレクターズカット版について、ドイツで劇場公開されたものをご覧になった Eviさんが、Buffs経由でレポートを公開してくださっています。

この写真が相当すると思われる、羊飼いのフリをするオデュッセウスと彼の愛犬のシーンがあったそうです。

また、アガメムノン(ブライアン・コックス)との会話のシーンや、剣を振るうシーンも追加されているとか。
ショーン・ビーンファンは、見る価値が十分あるそうです。

オデュッセウス以外の登場人物も、いろいろと見せ場が増えているようです。

詳しくは、Eviさんのブログの4月23日の記事をご覧ください。(もちろんネタバレです。)

DVDが出るのが楽しみですね。

| | コメント (2)

「トロイ」ディレクターズカット版

Troy_seanあちこちのショーン・ファンの間で話題になっているので今さらですが、自分のためのメモとして。

Variety.comMoviesOnline の記事によると、「トロイ」のディレクターズカット版(劇場公開版162分より約30分長いもの)を、現在開催中のベルリン映画祭で、お披露目するそうです。

ドイツでは、3月23日から劇場でも限定公開だとか。

ペーターゼン監督によると、「さらにSex とバイオレンスを追加」だそうですが、ショーンの登場シーンは増えているんでしょうか?

みんな、この写真(おそらくイタケ島でのオデュッセウス王)のシーンを期待しているんですよね。

さらに監督は、ディレクターズカット版のDVDのために、コメンタリーを録音することを計画中で、他にも追加の特典に取り掛かっているとか。
ディレクターズカット版のDVDのリリース予定は未定だそうですが、今年の終わりごろではないかとのことです。

日本でもこのディレクターズカット版が出るのでしょうか?
まず、ショーンの出番が増えているかどうかが重要ですけどね。

| | コメント (0)

鮫の噛み跡

shark-biteSean Bean Daily に掲載された、ちょっとびっくりした画像(トロイからのキャプチャ画像)です。(大きな画像は、リンク先のページの下の方にあるので、スクロールしてください。)

Laura Jackson の Sean Bean: The Biographyによれば、ショーン・ビーンは子供の時に、従兄弟たちと部屋で紙を切って遊んでいてはさみが欲しかったのに直ぐに渡してもらえなくて癇癪をおこしたのだそうです。その時、側のガラスのドアを強く叩いて壊してしまい、割れたガラスが降ってきて彼の太ももに重傷を負わせることに...
その時の傷跡を、ショーン自身は、ふざけて「Shark bite(鮫の噛み跡)」と言ったりしているとのこと。

あれだけ、たくさん肌を見せているショーンですが(笑)、こんなに大きな傷跡が残っているとは、いままで気がつきませんでした。The Biographyを読んだ時から気にはなっていたんですけどね。確かに「鮫に噛まれたんだ」と言って通りそうですね。

| | コメント (4)