カテゴリー「Quotable Viggo」の8件の記事

映画を支える人たちに愛されるヴィゴ

My_fairy_tale先週に引き続き、今週も viggo-works で Iolantheさんがヴィゴに関する引用をテーマに沿ってまとめて紹介してくださる ”Quotable Viggo” をご紹介しましょう。

今週のテーマは、映画を影で支えている人たちとヴィゴの関係についてです。

まずは、Iolantheさんの前置から

これまでの Quotable で、私はかなり頻繁にヴィゴと共演の俳優たちや監督たちの関係に注目してきました。でも、映画制作には他に多くの人々がかかわっています。スタントマン、脇役、エキストラ、メーキャップ係、そして単にそれが必要な仕事をなんでもする人々。彼の不変の名声は、ヴィゴが彼らの貢献がどれほど大切かを決して忘れず、決して彼らを見過ごさないことです。彼らは彼がセットでみんなに与えるプレゼント、温かいもてなし、思いやりと礼儀正しさを共有し、しょっちゅう予期せぬ援助を受け取っていることに気がつくのです。長期の撮影の最後にハカに値する俳優がいるとすれば、それはヴィゴです。ROTKの特典映像の最後のあの瞬間を覚えていますか? 認めましょう。泣きましたよね。

それでは、続きで Quotable Viggoの本文です。

 

続きを読む "映画を支える人たちに愛されるヴィゴ"

| | コメント (4)

見えない男

viggo-works で毎週、Iolantheさんがヴィゴに関する引用をテーマに沿ってまとめて紹介してくださる ”Quotable Viggo” のコーナー。

先日の分は、いかにヴィゴが自分を消して役になり切るかというテーマでまとめた、なかなか面白いものでした。
Iolantheさんにいつでも翻訳して紹介しても良いですよ、と承認をいただいているので、また久しぶりにご紹介したいと思います。

まずは、Iolantheさんの前置から

2007年 The Independent紙のジェームズ・モットラムはヴィゴについて「透明人間(目に見えない男)」という記事を書きました。先週、その記事を読み返してみて、そこにはヴィゴが姿を消す驚くべき能力については何も書かれていないことに気がつかざるを得ませんでしたが、このタイトルが私に、この業界で最も目覚ましい俳優の中の1人がどうしてただ姿を消すことができるのかということについて考えさせました。内気な子供として彼はカメラの後ろに姿を消すことができました。俳優として出発すると、冷酷な編集の後、彼はさまざまな映画から消えました。長い間、彼は際立った個性の演技をしましたが、その間もずっと「無名」のままでした。「ロード・オブ・ザ・リング」のスポットライトが当たった後でさえ、彼は姿を消す演技をしようとしました。あまりにも完全に彼の役に没入していたので、ジョー・ジョンストンは彼が役柄に入り込んでいると見るだけでなく、「別の人物が別の役を演じているようだった」と言っています。彼が彼自身でいるときでさえ、彼の人々に対する人目をひかない静かな対応は、リポーターたちの何人かが完全に彼に気が付き損なうという結果になりました。でも、もしも彼が有名ではなくて通りを歩いたなら、「誰も振り返って見ないことは間違いない。」(Lecturas Magazine, August 2006) 、彼はそんなに目に見えないのでしょうか。いいえ...

それでは、続きで Quotable Viggoの本文です。

 

続きを読む "見えない男"

| | コメント (5)

”Quotable Viggo” ヴィゴと記者たち(その2)

昨日に引き続き、viggo-works の Iolantheさんの今週の ”Quotable Viggo” 「ヴィゴと記者たちの関係」の後編です。

ヴィゴ、やってることが小学生みたいだったりします。happy01

 

続きを読む "”Quotable Viggo” ヴィゴと記者たち(その2)"

| | コメント (0)

”Quotable Viggo” ヴィゴと記者たち(その1)

ときどきご紹介をさせていただいている、viggo-works の Iolantheさんの”Quotable Viggo

今週のテーマは「ヴィゴと記者たちの関係」です。
私自身は初めて知った面白いエピソードがいくつもあるので、ご紹介したいと思います。

長いので2回に分けてご紹介する予定です。

まずは Iolantheさんの前口上から

今週と来週は、ヴィゴとジャーナリストとの関係に注目するのも面白いと思います。これは特に私のお気に入りの逸話、あるインタビュアーが思いもよらないことに、突然、彼女が今まで考えたこともない運動能力を発見した話を含めることがてきるということです。ジャーナリストは、どんなことであれインタビューから得るものがあると考えると、たいていは最後には彼らが予想しなかった、そして彼らが予想した以上の人と、まったく同時に一緒にするものです。これは、窓から降りる、車の長旅、完全に超現実的な奇妙な瞬間といった贈り物をともなっていて、そして哀れなジャーナリストは、彼を認識することに完全に失敗することになります。

そしてまずは  Iolantheさんお気に入りの逸話のご紹介から...

続きを読む "”Quotable Viggo” ヴィゴと記者たち(その1)"

| | コメント (3)

若き日のヴィゴ(苦闘編)

Witnessviggo-works で毎週、Iolantheさんがまとめてくださっているヴィゴに関する引用集、Quotable Viggo を今週もご紹介しましょう。

若い頃のヴィゴをテーマにしたシリーズの最終回です。
他の2回については、以下をご覧ください。
 「ヴィゴの子供時代
 「若き日のヴィゴ(俳優を志して編)

今回のテーマに私が勝手につけたタイトルは、「若き日のヴィゴ(苦闘編)」 原文はこちらからどうぞ。

まずは、Iolantheさんの口上からです。

これは私の「早い時期」に関する引用の最後の部分で、先週、私たちはヴィゴを「猿たちとの訓練」に残したままでした。今週はいくつかの予期せぬオーディションがあります。演技の全てが編集室でカットされ、しかも家族がスクリーンでその姿を見ることを期待して映画館にいたにもかかわらず、断固たる決意を持ち続け、最後には劇場と彼に「インディアン・ランナー」の役をもたらした映画との間の難しい決断の場となります。でもこれは、彼がとても大きな納屋を自分が建てていることに気がつく前のことではありませんでした...

続きを読む "若き日のヴィゴ(苦闘編)"

| | コメント (2)

若き日のヴィゴ(俳優を志して編)

Geowash01 先週に引き続き、今週も viggo-works で Iolantheさんが編集されている、 ”Quotable Viggo” をご紹介します。

今週の引用のテーマは「若き日のヴィゴ(俳優を志して編)」です。

前回は省略しちゃいましたが、今回はちゃんと Iolantheさんの前置きからご紹介します。

 

細切れの情報をつなぎ合わせて、どのようにヴィゴが演技に興味を持つようになり、彼の最も初期の演技の日々がどのようであったかという話にしようとするのは、とても大きなジグソーパズルの縁を完成させようとするのに似ています。誰も完全にあるいは詳細に記録していないようですが、興味をかき立てられる話が、どれも絵柄全体のほんの一部を垣間見せて何ダースもの異なるインタビューの中に不意に現れます。私はこれらの端っこのピースを求めてすべてのインタビューをくまなく調べ、一緒にはめ込もうとして何よりも浮かび上がったのは、どうやって映画が作られるのかということについての膨大な情熱と好奇心と、興味深いある影響でした。今週は、最初の演技の授業と最初の映画のオーディションの1つにもかかわらず、彼が映画への興味を育てていくところから取り上げます。そして、「切り裂きジャックに発想を得た一人芝居」を密かに見たかったと思うのは私1人だけではないと確信しています...

それでは、Quotable Viggo 本文のご紹介です。

 

続きを読む "若き日のヴィゴ(俳優を志して編)"

| | コメント (6)

子供の頃のヴィゴ

Youngviggoviggo-works で毎週、Iolantheさんがヴィゴに関する引用をテーマに沿ってまとめて紹介してくださる ”Quotable Viggo” のコーナー。

その編集のセンスの良さで大好きなコーナーなのですが、今週のテーマは「ヴィゴの子供時代」です。

以前にAppaloosaのレビュー集をご紹介したときに、Iolantheさんには今後いつでも ”Quotable Viggo” を翻訳して紹介してもいいですよ、と許可をいただいているので久しぶりにご紹介したいと思います。

 

続きを読む "子供の頃のヴィゴ"

| | コメント (0)

Appaloosa ヴィゴに関するレビュー

Appaloosa_02Appaloosaについてのレビュー記事の洪水も、だいぶ収まってきたようですね。

viggo-worksには、ヴィゴに関連するいろいろな記事からの引用をまとめたコーナーがあるのですが、特に毎週、Iolantheさんが ”Quotable Viggo” というタイトルで特集してくれるのがとても素晴らしくて、いつも楽しみにしています。

今週は、Appaloosa のレビュー記事から、ヴィゴの演技に関する部分を編纂したものがアップされています。

アメリカのレビュー記事で、ヴィゴがどんなふうに評価されているのか、とてもわかりやすいと思いますので、Iolantheさんにお願いして翻訳してご紹介する許可をいただきました。

どれも最新のレビューですので、すべて元の記事へのリンクを追加しました。
どんな文脈で言われているのか気になる方は、元記事をご覧になってください。

--- viggo-works & Iolanthe, Thank you so much! --- 

続きを読む "Appaloosa ヴィゴに関するレビュー"

| | コメント (6)