アリエル・ドーフマン作 ”Purgatorio” 試訳(6)

(5)より続く

 

女: それ以外に気の毒に思わなければならないものはありません。あなたのお祖母様はそれを壊したのは彼女だと言っています。ほら、ここに彼女の陳述の一部があります:あの子が私のやったことで罰せられるのを許したままでいることは私自身を許せません。彼に再び会って、世界中の他の誰も気にかけない私をこんなにも優しく守ってくれることに感謝できたら良いのにと思います。

男: あのいまいましい物を壊したのは私です。事実は、彼女が私の責めを取り除こうとしていることが、わたしのしたことをさらに悪くしているんです。

女: 私たちはそうは考えていません。私たちは彼女は正しいと思っています。実際、私たちは彼女が正しいことを確信しています。あなたは自分がした良いことを隠しているし、まるできまりが悪いことのようにあなたの優しさを隠しています。なぜ?

男: そういう風に私がそれを記憶しているとすると、あなたは私にどのように答えさせたいのですか? その壺が彼女の足元で粉々になり、決定的に、冷淡に、意図的に祖母を非難するためにカッとなった自分の腕がテーブルを横切って突き出されるのが見えるのです。

女: それで、どういう風にあなたは説明するの...?

男: たぶん私は - その出来事を別のものと混同したんです。子供のころに壺を壊したのは知っています。おそらく私は2つの壺を混同したのでしょう。

    女は立ち上がり、立ち去る用意をするようにかばんを開ける。

女: 私は彼らにあなたが協力を拒んだと伝えましょう。

男: 待って! たぶん...

女: たぶん?

男: たぶん - 私はあなたを喜ばせたかった。あなたが言った何か別のもので。さらにもう1つで。もう一切れの肉で。もう1つのおいしいもので。私たちは彼らを納得させる必要があったのです。私はもっと必要だった。私に衝撃を与えて。私はやりました。私がやったとあなたに話しました。でもあなたは私を虫のようにちっぽけなものにしようとした。だから私はまた始められたし、あなたは - なんて言うか、昇進?、ボーナス?、お祝いとかなにか?を得ることができるだろうと。注目、注目。私の住人はきれいです。すっかりきれいになりました。汚れ無しで、洗い上げられて、磨き上げられて。すべての最後の究極の最後から2番目の最終的な罪、過ち、過失、誤り、違反、彼が潰したすべてのアリ、彼が踏んだつま先について悔い改めました。そしておそらく...

女: おそらく...

男: ここに何時間も座って、走ったり自分の運動をしたり、壁を押し、ドアを押し、床を押し、ジャンプして、ジャンプして、どうやってあなたが必要としていることをあなたに与えるか考えようとしていました。たぶん、何かが私の中で壊れたのでしょう。崩壊して何かがポキッといって、そしてたぶん私は - ある日私は - 私は物事をでっち上げたのかもしれない。でもそれは祖母についてこの1回だけです。それだけです。ただこの1回だけ。ただ私たちがそれを忘れただけということはあり得ませんか?

女: これがただの1回だったら何だというの? もしもこれが...いつもだったら? 彼らが疑っているように。

男: あなたは彼らが感銘を受けていると私に言いました。彼らが送り出す中で一番早いと私に言いました。

女: いつもそう急ぐ。あなたはパズルのもう一つのピースを忘れていますね。あなたの自殺。

男: すでに後悔して到着するということで、これは私にとって有利だと思っていたのですが。

女: これは確かにそうです。でもこれは私たちに警告もしているのです。あなたの体があなたから引き剥がされる時、その瞬間のよじれる狂気がどのようなものか、金切り声のようなものだと私たちは知っています。あなたはこれで終わりだと、これらの声を、あなたの息子たちのこれらの悲鳴を、あの魔女の目を、今まさに自分から取り除こうとしていると思ったでしょう。

男: そうです。私はそう祈りました。

女: でもそうではなかった。終わりでは。つまり。あなたが目を開けるとあなたはここに、この部屋に、無限と1日の間あなたのしなびた自己とだけいて、気を紛らわすものはなかった。もはや探求も冒険もない。もはや宴会も太鼓もない。ただあなた自身と何人かの醜い警備員と私だけ。そしてそれはあなたが誤りをした時です。あなたはすぐに私に服従しました。

男: すぐではありませんでした。2回目のセッションです。一晩考えた後、私は -

女: あれは早すぎました。いつもそれは起こるのです。最初の日、あなたは抵抗します。傷ついた尊厳を持ち続けるふりをして、これまでにやったことを否定します。それから私は離れてあなたを一人にします。一晩過ぎて、また一晩過ぎる、でも私は戻りません。そして3日目の眠れない夜のある時点であなたは内心考えます。とにかく告白しよう、遅かれ早かれ彼らはすべてのカードを持っているのだから、なぜこれを今すぐして他の人たちに先んじて自分自身の手間を省かないんだ? これが起こったことでしょう?

男: 違う。

女: これが起こったことでしょう? あなたはすべてを計画した。これがあなたじゃないの? 行動の男、ひとたび敵をどのように打ち負かすか把握したら戦略を練りそれをやり通す。いつもあなたは、同じあなたは自分自身の崖っぷちでダンスしながら、いつも決して自分は落ちないと確信している。あなたが考えたことを与えるのは、あなたの全存在の中で最高の演技だった。私たちを欺こうとしなかった? 私を欺こうとは? 近道をすることがいつも有効ではないのよ? 言いなさい。いつも嘘をついていることに疲れないの?

    しばらくの沈黙

これを終わりにしたくないの?

男: 私はあなたを欺きたかった。せっかちでいつもどこか他所へいく途中の、それが私だ。私でした。でもそれはこれが本当でなかったという意味ではないし、そのうち何か本当のものに変わったというわけでもなく、その旅は自分自身の沼地にはまり込みました。男が復讐を選んだ時、二つの墓を掘る。あなたがこの言葉をくれました。そして私は私の妻のことを考えた。私は彼女に近づき彼女が恋しくなり始め、もしかすると私たちの次の一生では、たとえそれが私には見分けがつかないか解らないとしても、私が女性として戻るとしても、彼女が私のところにやってきて私の最も秘密の考えを私に話してくれることを望みました。そのとき私たちは同じ風の下の2本の木のように恐怖を払いのけているのです。あるいはたぶん、もう一度彼女の横でただ眠り、夜、彼女に再び起こされることで十分なのでしょう。

女: 彼女には悪夢があった。

男: いや、あれは、私を起こしたのは悪夢ではありませんでした。ただ彼女はちょっといびきを掻いたんです。これについては今までにあなたに話したとは思いません。

女: 一言もなし。

男: 私は起こそうとは思いませんでした。静かに彼女の横にいて彼女の秘密の夢を、夢の中で彼女が投げかける魔法を想像したのです。暗闇の中でまず聞いて、それから夜が明け始めるのにつれて、彼女のくちびるがほんとうにかすかに動くのをじっと見つめました。黒小麦の畑の上のそよ風のように、上がったり下がったり、ぶどうをチリンチリンと鳴らしてワインになる準備をさせて、息と音は彼女の体を入ったり出たりしていました。影が彼女を守るように私は自分の手を彼女の体の上に飛ばしていました。この愛は永遠だと思いながら。この彼女の体は決して私の体から離れることはできない。誰か他の人が私のそばで息をし、密かに同調することを私が欲することができるとは決して思いませんでした。彼女が癒されるのを助けるために、もう一度彼女を見つけ出す準備はできています。これ以上準備できるはずがありません。

女: 今、あなたはあなた自身についての最後の思い込みを剥ぎ取っていますね。今、あなた自身で行けるできる限りのところまで来ました...

    女はドアのところに行く。

次のステージがあなたを待っています。

    しばらくの沈黙

明るいこのドアのあちら側には何があるか、あなたは知っていますか? 向こうには何があるのか?

男: 新しい誕生。あなたは言いました、それは誰もまだ踏んだことのない、天地創造の最初の日のように清らかな浜辺のような人生。

女: いいえ。別のものです。

男: 他に何があるというのですか?

女: 何ではありません。誰、です。彼女があちらにいます。部屋の中に。ここと同様の部屋に。実際、この隣の部屋に。彼女があなたを待っている場所。それが次のステージです。

男: 彼女が - 彼女は長年私を待っていたのですか?

女: 彼女にとって時間は過ぎていません。それがここでの物事のあり方なのです。あなたの妻にとってあなたがあのドアを、彼女のドアを歩いて通るとき、彼女に関する限り、彼女は昨日、一昨日死んだのです。

男: それでは彼女は戻っていく準備はできていないのですね?

女: 彼女は到着したばかりで、ちょうど始めたところです。彼女が死んだときのように怒っていて勢いに衰えはありません。

男: 私は何をしなければならないのですか?

女: あなたではありません。彼女です。彼女は悔い改めなければなりません。

男: そして私は彼女をあそこに到達させなければならない。

女: 私があなたとしたように。

男: そして彼女は決して私が誰だか知ることがない?

女: あなたは彼女に言うことはできません。決して。たった1つヒントをほのめかしてさえも、その瞬間あなたは私のような誰かとここに戻っていることに気がつくでしょう。すべてをまた体験することに。すべてを始めることに。

男: あなた方は - あなた方、あなたは - あなたはただ私をもてあそんでいた。ゲーム、すべてはゲーム - 何のための? あなたの楽しみのため? 彼らの楽しみのため?

女: ゲームではありません。私を信じて。これは -

男: あなたは私に嘘をついた。最初から。あなたが、あなたはその人なのですといった時 - 模倣をやめることが最良の復讐だとあなたは言った。嘘だ。あなた方は復讐しようとしていたのだ。

女: 復讐ではありません。つぐないのチャンスなのです。あなたがあなた自身を癒す間、彼女を癒している。

男: 私にはできない!

女: 私は学びました。誰もがこれをするのです。これをもう1つの冒険と考えなさい。すべての中で最も偉大な冒険。

男: 私にはできない!

    男は乱暴に向きを変え、偶然、壺にぶつかる。それは落ちて粉々になる。

申し訳ありません、私は -

女: いいえ、これは私の過失です。これをここに残しておいてはいけなかった -

    男はひざまずいてそのかけらを拾いはじめる。

女: あなたが行ったらすぐに私が拾いましょう。あなたが行ったら -

 

(7)に続く