カテゴリー「Eastern Promises」の164件の記事

「最も美しい精神」 L'UOMO Vogue 9月号 ヴィゴのインタビュー記事

Luomo2011sep_2昨日、表紙を御紹介した L'UOMO Vogue 9月号ですが、viggo-works のこちらでさっそく、Cindaleaさん提供の雑誌のスキャン画像を載せてくださっています。

さすが男性向けファッション雑誌。
ヴィゴの写真がどれもスタイリッシュで素敵です。

紀伊國屋書店などで入手可能になると思いますが、昨日もご紹介したように表紙は2種類あるのでご注意ください。

さて、このグラビアに添えられているヴィゴのインタビュー記事ですが、こちらもさっそくviggo-worksのこちらに英訳を載せてくださっています。
非常に内容のある、とても良い記事なので、頑張って全文を御紹介します。

続きを読む "「最も美しい精神」 L'UOMO Vogue 9月号 ヴィゴのインタビュー記事"

| | コメント (3)

ヴィゴに関するあれこれ

ヴィゴについて、小ネタがちょこちょこ溜まってきましたので、まとめてご紹介します。

まず、Erikoさんに教えていただいた写真から。

12月の半ばに、アリアドナさんとヴィゴがアルハンブラ宮殿を訪れていてパパラッチされた写真をご紹介しましたが、アルハンブラの公式 Facebook のこちらに、ヴィゴとアリアドナさんと一緒に写真をとってもらった方がアップした写真が掲載されています。
とってもいい表情ですね。

続きを読む "ヴィゴに関するあれこれ"

| | コメント (2)

クローネンバーグ監督が”A Dangerous Method”と「イースタン・プロミス」続編について語る

David_cronenberg

トロントの Metro Convention Centre で8月27日~29日におこなわれる FanExpo Canada にデイヴィッド・クローネンバーグ監督がホラー部門の特別ゲストの1人として参加します。(他にはコミック部門、SF部門、アニメ部門、ゲーム部門があります)

FanExpo Canada のサイトによれば、アルティメイト・デイヴィッド・クローネンバーグ・パッケージという限定100枚のチケットを購入すれば、監督にサインをしてもらえて一緒に記念撮影もできるという...happy01
もちろん監督のプレゼンテーションもあるそうです。

それに合わせて、Macleans.ca に先週取材されたというクローネンバーグ監督の電話インタビュー記事が掲載されています。

この中で、前半部分に ”A Dangerous Method” と「イースタン・プロミス」の続編に関する話題が取り上げられていますので、この部分だけ訳してご紹介します。

続きを読む "クローネンバーグ監督が”A Dangerous Method”と「イースタン・プロミス」続編について語る"

| | コメント (4)

「イースタン・プロミス」続編についてヴァンサン・カッセルが熱く語る

Ep_2

昨日も、ヴァンサン・カッセルがインタビューで「イースタン・プロミス」の続編制作の可能性について語っているインタビュー記事をご紹介しましたが、今日はまた別のインタビュー記事をご紹介します。

THE PLAYLIST: ヴァンサン・カッセル曰く、「イースタン・プロミス2」の脚本は完成したが、デイヴィッド・クローネンバーグ監督の次回作ではないようだ

続きを読む "「イースタン・プロミス」続編についてヴァンサン・カッセルが熱く語る"

| | コメント (0)

ニコライとキリルはロシアへ

ComingSoon.net に8月7日付けで掲載されたヴァンサン・カッセルのインタビュー記事によると、「イースタン・プロミス」の続編について、カッセルはこの話が進展していることを語っています。

特報:ヴァンサン・カッセルは「イースタン・プロミス2」に戻る
Source: Edward Douglas

今月中に、カッセルの絶賛されたフランスのギャング・ドラマ「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男」がアメリカで2部に分けられて公開されるが、ComingSoon.net が独占ビデオ・インタビューのために先週彼とひざを交えた際に、この俳優は私たちに、確かにキリルは続編のために戻ってくるだろうと、彼の最新の映画 ”A Dangerous Method”の撮影現場にいた時にクローネンバーグと話し合ったと教えてくれた。

「私たちはとても真剣に『イースタン・プロミス2』について話をしたんだ。この映画はヴィゴと私とでロシアで撮影することになるだろう。」と彼は私たちに語った。

「イースタン・プロミス」の続編は期待している人も多いようですし、興行的にもそれなりに注目を集めそうなので、制作資金の調達もなんとかなるのではないかと思われます。

またニコライとキリルがスクリーンで見られるなら嬉しいですよね。
ぜひ無事にこの映画が作られるよう、お祈りしましょう。

twitter/punkt_ochibo

| | コメント (0)

クローネンバーグ監督「イースタン・プロミス」続編と”A Dangerous Method”について語る

Premiere2010may フランス版 PREMIERE の5月号は、ヴァンサン・カッセルを特別編集長にしたカンヌ特集号なのだそうですが、その中でヴァンサンがクローネンバーグ監督に電話インタビューした記事があります。

viggo-works のこちらに記事のスキャン画像が、またこちらには Chrissiejaneさんによる英訳があります。

「イースタン・プロミス」で一緒に仕事をし、また今月から”A Dangerous Method”でも一緒に仕事をするヴァンサンとクローネンバーグ監督の中なので、監督と俳優の関係がわかるとても内容のあるインタビューなので、インタビュー部分を全文ご紹介いたします。

ウワサの「イースタン・プロミス」続編についてと、新作 ”A Dangerous Method” についても語っています。

続きを読む "クローネンバーグ監督「イースタン・プロミス」続編と”A Dangerous Method”について語る"

| | コメント (0)

ヴィゴに関するニュースあれこれ

ヴィゴに関するこまごましたニュースをまとめておきます。

 

◆ 3月20日に出てきたニュースで、ヴィゴがクロアチアの首都ザグレブのレストランで目撃されたという話をご紹介しましたが、Twitterでピピーナさんに教えていたのですが、続きの目撃情報がでてきました。

3月20日の午後には、クロアチアのプーラという町で Kandlerovoj 通りにある Dva ferala というお店のテラス席で、1人の女性と一緒のところを目撃されています。
また、13~14時ごろにはローマ遺跡のコロッセオのところでも目撃されているそうです。

プーラの町は Google Map でみるとこちらになります。
町についての説明を Wikipedia でみると、イアソンとメディアにゆかりがある場所なんですね、Purgatorio つながりでヴィゴは興味をもったのかな?

 

◆ 26日のデニス・ホッパーの Walk of Fame 殿堂入りのセレモニーについての日本語の記事もだいぶでてきました。
ヴィゴへの言及はわずかですが、ご紹介しておきます。

この中で、ホッパーが頭と手に怪我をしていることについて、パパラッチとぶつかったと書いてあるものがありますがこれは間違いで、パパラッチに急に声をかけられてそれに気をとられて転んだ、という方が正しいです。
ホッパー本人がスピーチでそう話していました。

TVgroove.com : これぞ役者魂! デニス・ホッパー激やせ・ガン闘病・離婚裁判中でも笑顔で殿堂入り
MOVIE Collection : ガン闘病中デニス・ホッパーが映画の殿堂入り。旧友ジャック・ニコルソンも祝福!
TimeWarp : 余命わずかのデニス・ホッパー、笑顔で「ありがとう」
cinemacafe.net : 末期がん闘病で余命わずかと宣告されたデニス・ホッパー、念願のハリウッド殿堂入り

 

◆ 「イースタン・プロミス」続編制作の話題について、eiga.com では正式に続編制作決定、なんていう記事を出しましたが、ここで出典としている DEADLINE Hollywood の記事にも正式決定とは書かれてません。あくまでも、プロデューサーがアドバルーンをあげてるだけだと思います。

viggo-works の Riv Res さんも、これは「事実に基づかない、希望的観測」だとおっしゃってます。

 

twitter/punkt_ochibo

| | コメント (2)

「イースタン・プロミス」続編の新しいウワサについて

ちょうど1年前、「イースタン・プロミス」の続編の計画があるというのがウワサになって、こちらでもご紹介しました。

昨日また、DEADLINE Hollywood のこちらのロンドン発のニュースとして、プロデューサーのポール・ウェブスターが ”Eastern Promises 2” に取り掛かっていると話したと報じています。
それによると、前回と同じくスティーヴン・ナイトの脚本をクローネンバーグが監督する予定で、制作の The Focus Features はこの冬からの撮影を望んでいるとのことです。

さっそくこのニュースは世界中を駆け巡っていますが、viggo-works の Riv Res さんが一言

みなさん、私たちの期待が大きくなり過ぎない前に、最近のEP2についてのウワサは真実ではないと私は聞いています。

とのこと。

どうやら、映画業界にはよくある、資金集めとかプロジェクトを実現させるための、一種のエサを撒いている段階なのかもしれません。
あまり期待し過ぎないで続報を待ちましょう。

twitter/punkt_ochibo

| | コメント (6)

ニコライそっくり

Red_planet_toy_nikolaiviggo-worksで面白いものを教えていただきました。

1/6スケール(12インチ)フィギュアの頭などを作って販売している、ニューヨークの Red Planet Toys で、イースタン・プロミスのニコライの頭を作成しているようです。

Red Planet Toys の Facebook に、イースタン・プロミスのヴィゴの頭の彫刻が終了しましたと、角度を変えて撮影した写真が掲載されています。(サムネイルをクリックすると大きくなります。)

これがとても良く似ているんです。ちゃんと、上唇の傷跡もうっすらと見えます。

この原型は鋳型をとるために送られて、16日には戻ってくる予定とのこと。
次はアパルーサの決闘のエヴェレット・ヒッチの頭を彫るそうです。

Red Planet Toys のサイトを見ると、CUSTOM HEADS というページがあって、ずらっとフィギュアの頭だけ(それも主として彩色前のもの)が並んでいます。

頭だけならば値段も手ごろなので、ニコライやエヴェレット・ヒッチが販売されたらちょっと欲しいかもwink

本来は、1/6スケールのフィギュアのボディを手に入れて、首をすげかえたり衣装や持ち物を手に入れたり、あるいは自分で作ったりして、オリジナルのカスタムメイドのフィギュアを作るためのパーツなんですね。

アラゴルンとボロミアのフィギュアとおそらく頭のサイズは合うはずですが、アルマーニのスーツに見えるパリッとした衣装が必要ですね。happy01

| | コメント (2)

「イースタン・プロミス」こぼれ話

Ep_andrewjack_and_viggoviggo-worksで教えてもらいました。

「イースタン・プロミス」でダイアレクト・コーチ(訛りやアクセントの指導)を担当した、アンドルー・ジャックさんの公式サイトに、「イースタン・プロミス」撮影に関する面白いエピソードと写真が掲載されていますので、ご紹介します。

上記サイトの Eastern Promises のページには左のヴィゴと一緒の写真があります。(リンク先の写真をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。)

「アンドルー、ロンドンの撮影のために11月は空いているかしら?」と電話の声が言った。2006年の夏に電話をかけてきたのは、プロデューサーのトレイシー・シーワードだった。「私たちはロシア語と、ロシア語訛りの両方が必要になるの。脚本を送るわね。ああ、これはデイヴィッド・クローネンバーグが監督するのよ。」返事をした。ワオ、内心思った、デイヴィッド・クローネンバーグだって!

というわけで、アンドルー・ジャックさんは、このプロジェクトにかかわることになり、さらにロシア語のコーチを助けてくれる人を探して、Olegar Fedoroさんも加わることに。この Olegar さんは、ニコライに星のタトゥーを入れる、刺青師として映画にも登場しています。

一方、アンドルーさんの方は、役作りのためロシアにでかける直前のヴィゴと会って、何度かレッスンをしたそうです。
 

続きを読む "「イースタン・プロミス」こぼれ話"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧