カテゴリー「アラトリステ」の330件の記事

ボブ・アンダーソン逝去

残念なお知らせです。

「ロード・オブ・ザ・リング」三部作、「アラトリステ」、「スター・ウォーズ」などの数々の映画の剣術シーンの指導、スタント、殺陣に携わってこられたソードマスター、ボブ・アンダーソン氏が、1月1日、イギリスの病院で89歳でお亡くなりになったそうです。
ご冥福をお祈りいたします。

ボブ・アンダーソンさん死去、剣闘シーンでダース・ベイダーのスタント (AFPBBNews)
Legendary sword master, Bob Anderson, dies (TORn)
Bob Anderson, fencing master and coach to Hollywood actors, dies at 89 (Washington Post)

Percevla Press のトップページ
でも、スペインのニュース記事へのリンクが紹介されています。

twitter/punkt_ochibo

| | コメント (0)

4月8日 カタルーニャ、ラテンアメリカ映画祭ビデオクリップ、レポート 他

20110408lleida_064月8日のカタルーニャ、ラテンアメリカ映画祭のビデオクリップを2本、ご紹介します。

まず1本目、

Entrevista a Viggo Mortensen, premi d'honor de la 17a Mostra

ヴィゴのインタビューのビデオクリップです。

続きを読む "4月8日 カタルーニャ、ラテンアメリカ映画祭ビデオクリップ、レポート 他"

| | コメント (4)

ヴィゴ・モーテンセン広場

Plaza_viggo_mortensenviggo-works のこちらに、Diario de Len の7月27日の記事のスキャン画像があります。

記事を書いているのは、あのミゲル・アンヘル・ネポムセノ(Miguel Angel Nepomuceno)記者です。

今回も、ミゲル・アンヘルさん自身が記事の画像を viggo-worksに送ってきてくれたのだそうです。

そしてさっそく、Gracielaさんと Remolinaさんが英訳してくださったので、それを参考にしてご紹介したいと思います。

この記事は、2006年12月にご紹介した記事の続報にあたるようです。

 

 

続きを読む "ヴィゴ・モーテンセン広場"

| | コメント (0)

良き友

昨年の11月、スペインで Appaloosa が公開されたころ、スペインの El Mundo のサイトに、アラトリステのアグスティン・ディアス・ヤネス監督がヴィゴについて書いた、”Un buen amigo” という記事が掲載されました。

viggo-worksで Gracielaさんが英訳してくださったものがこちらにあるのですが、この記事が監督のヴィゴに対する信頼や友情が感じられてとても良かったので、ご紹介したいと思います。

 

続きを読む "良き友"

| | コメント (2)

「アラトリステ」DVDスペシャル・エディション 7月17日発売予定

アラトリステ スペシャル・エディション [DVD]日本版の「アラトリステ」のDVDの発売予定が、7月17日に決まったようです。

アマゾンでも予約受付中

アラトリステ スペシャル・エディション

アマゾンのページの説明によれば、DVDは1枚で、以下の特典が含まれる予定だそうです。

【特典】約55分
・削除されたシーン
・キャスト・インタビュー(*ヴィゴ・モーテンセンほか)
・ヴィゴ・モーテンセン来日 舞台挨拶
・オリジナル予告編
・日本版劇場予告編
・キャスト&スタッフ プロフィール(静止画)      

来日舞台挨拶は、以前も特典に含まれる予定だったのが結局無しになったことがありましたから、あまり期待しない方がよさそうですね。
削除されたシーンは、スペイン版相当になるのか、フランス語版もしくはイタリア版相当(こちらの方が削除されたシーンが多い)のか、気になるところです。

スペイン版の2枚組についていたドキュメンタリーは入れてほしかったのに。
字幕も全面的に見直しているそうですから、楽しみですね。

【追記】 DVDの字幕の監修を担当されている、かとうさんよりコメントでご連絡をいただきました。
削除されたシーンには日本語字幕はないそうです。ちょっと残念!

| | コメント (13)

「アラトリステ」のフランス版DVD

Alatriste_dvd_fr_1「アラトリステ」の日本版DVDの製作も着々と進んでいるようですが、viggo-worksでフランス版の2枚組みのDVDが素晴らしいと聞いて、ついフランスのAmazonでポチッと...

普通便で送ってもらったのに、月曜日に発送しましたメールが来たと思ったら、金曜日には届いていました。

さてその中身が上の写真です。
フランス版の2枚組みDVDには、すごく立派な写真集の本がついているんです。
写真は左から、外側のケース、DVDのケース、そしてハードカバーの本です。

Alatriste_dvd_fr_2 右の写真は、本とDVDのケースを開いたところ。
本はオールカラーで96ページもあります。

最初の方は、写真入の粗筋や監督のインタビューがありますが、これはフランス語なので私には残念ながら読めません。
でも残り約3/4は写真なので十分に楽しめます。

DVDの1枚目は映画の本編に予告編が特典としてついていますが、音声、字幕ともスペイン語とフランス語のみ。

DVDの2枚目は、メイキングのドキュメンタリーと、キャストとその役を紹介したドキュメンタリーに、削除されたシーン集。
ドキュメンタリー2本はスペイン版の2枚組みのDVDにもあったもの。
これは音声スペイン語にフランス語字幕。

Alatriste_dvd_fr_3 削除されたシーンはスペイン語版よりも多くて、どうやらイタリア版のDVDと同じものが入っているようです。つまり、長髪のカピタンのシーンが入っています。

イタリア版のDVDの削除されたシーンについては、以前にこちらこちらで紹介しているのでご参照ください。

日本版のDVDにもこれらの特典がたっぷり入っているといいですね。

ちなみに、フランス版のDVDは送料込みでフランスのAmazonで 35.79ユーロ。
ユーロがずいぶん下がったので結構お得でした。

【追記】 フランスのAmazonはイギリスのAmazonとユーザーIDやカード情報、住所などを共有しているようなので、イギリスのAmazonでお買い物をしている方なら注文しやすいと思います。
フランスのDVDも、リージョンコード2でPALなので、パソコンで見る分にはまったく問題ありませんが、TVで見るためにはPALに対応した再生装置が必要になります。

| | コメント (0)

映画上映情報 ほか

東京では16日で上映が終わってしまった「アラトリステ」が渋谷に帰ってくるようです。

「アラトリステ」の公式サイトの Theaterページが追加されていて、1月31日(土)より渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映されるとのこと。

シアター・イメージフォーラムのサイトに掲載されている上映時間は
 12:30/15:30/18:30
となっています。

地方で上映館も追加されたものがあるようですので、みなさまチェックを忘れずに。

 

あとの2つはErikoさんのところで教えていただきました。

<ロード・オブ・ザ・リングズ SEE版のイッキミ>
TOHOシネマズ 六本木ヒルズで、ロード・オブ・ザ・リングズ SEE版のイッキミがあります。
日時:1月30日(金) 19:00 スタート

現在、サイトのこちら(1/30をクリック) からチケットの購入が可能です。(携帯電話はこちら


<イースタン・プロミス アンコール上映>

ユナイテッド・シネマ豊洲で、「2008年心に残った映画アンコール上映」という特別企画でイースタン・プロミスの上映があります。お値段も1000円とお得。
上映期間:2月28日(土)~3月6日(金)

 

最後に雑誌情報です。

私自身は未入手なのですが、AERA English 3月号 にヴィゴの来日記者会見の一部が対訳付き、写真入りで掲載されているそうです。

| | コメント (0)

1月10日 アラトリステ@シャンテ シネ

200901101本日はヴィゴの来日時の写真プレゼントがあるという話にまんまと釣られて、シャンテ シネの「アラトリステ」1回目の上映に行ってきました。

左がいただいた写真です。(クリックで大きくなります。)

今回は、パソコンのプリンターで印刷した感じのものではなくて、オフセット印刷したハガキサイズのカードですね。

200901102 大きなスクリーンで見るのは5回目になりますが、まだ細かなところで新たに発見するところがあったりして楽しめる映画です。

ウワサに聞いていたスタンディー君2号もしっかりチェック。
せまいところにあって、写真を撮るのが窮屈だったのでちょっと画像がゆがんでますが、これもクリックで大きくなります。
このスタンディー君、よく見ると靴下裸足で靴を履いていません。bleah

奥の通路に雑誌の切り抜き集がチラッと見えていますね。

 

映画の後、たまたまお会いできたみなさんと一緒にお茶をすることに。

ここで、12月1日の記者会見に参加された mizeaさんに、記者会見がおこなわれたセルバンテス文化センターの7階のスペインレストランをお薦めしていただきました。

なんでも、12月1日にヴィゴは昼食をこのお店で取ったらしいとのこと。

それはぜひ行かなくては! ということでセルバンテス文化センターへ。
レストラン「メソン・セルバンテス」でおいしいタパスをつまみながらお茶です。
mizeaさんがウェイターさんに確認したところ、確かに12月1日、ヴィゴは昼食をこのお店で食べたとのことでした。

レストラン「メソン・セルバンテス」の情報は、こちらからどうぞ。
このページには書かれていませんが、定休日は日曜日なのでお気をつけください。

mizeaさん、いいお店を教えてくださってありがとうございました。

| | コメント (14)

ヴィゴのインタビュー in G+英語館

Eigokan12月のアラトリステのプロモーションで来日した際に収録されたヴィゴのインタビューで、なかなか放送されなかった、日テレG+(CS 257ch)の「G+英語館」が現在放送されています。

CS放送なので、スカパーなどに加入していないと通常は見ることができないのですが、今日と明日は日テレG+は無料放送をしているようです。私は今日の分を普通に録画することができました。

デジタルTVでBSやCSが受信できる衛星放送用のアンテナに接続しているTVがあれば、G+英語館は繰り返し放送されているので、明日の放送をご覧になれると思います。

「G+英語館」無料放送があるのは以下の時間で、「007/慰めの報酬」のタイトルの回。
ヴィゴが登場するのは、後半の5分頃からです。

1月11日(日) 17:05-17:15
1月11日(日) 22:35-22:45

CSがご覧になれない方には、G+英語館のビデオポッドキャストのサービスがあります。
2009年1月 6日 (火) 慰めの報酬 をクリックすると番組全体のビデオクリップをダウンロードすることができます。
再生は iTunes (QuickTime) か RealPlayer の最新版で可能です。

| | コメント (0)

1月10日も“SPECIALポストカード”プレゼントだそうです

本日 Art Port から届いたメールニュースによると

◆年明け、1/10(土)シャンテ シネにてご鑑賞のお客様に、ヴィゴ・モーテンセン“SPECIALポストカード”をプレゼント!
※先日緊急来日した際の撮りおろし写真です。
  数に限りがありますのでご了承ください。

だそうです。happy01

今日、25日も写真のプレゼントがあったようですが、ヴィゴファンを釣るには写真プレゼントがもっとも効果的とばかりに、次々繰り出しますね。

ハイハイ、ちゃんと期待通りに参上いたしますよ。(笑)

「アラトリステ」の公式サイトによると、上映予定劇場として千葉県、群馬県、静岡県、佐賀県の劇場が追加されたそうです。
お近くの方はぜひ Theater のページのチェックをお忘れなく。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧