« ショーン・ビーンが暗唱する”Anthem for Doomed Youth” | トップページ

ヴィゴの新作のウワサ

現在 Two Faces of January を撮影中のヴィゴですが、新作の話が2本も出てきましたのでご紹介しておきます。

1本はクローネンバーグ監督の新作 Maps to the Stars です。
IMDb: Maps to the Stars

AlloCiné : Cronenberg retrouve Robert Pattinson et Viggo Mortensen

The Playlist : Rachel Weisz Joins David Cronenberg's 'Maps To The Stars' With Robert Pattinson & Viggo Mortensen

これらの記事によると、クローネンバーグ監督の新作 Maps to the Stars にヴィゴ、Cosmopolis に主演したロバート・パティンソンが出演することは決まっていて、さらにレイチェル・ワイズも出演交渉中とのこと。

さっそく日本の映画情報サイトにも記事が出てきています。

映画.com: レイチェル・ワイズ&ビゴ・モーテンセン、クローネンバーグ新作で共演

シネマトゥデイ: レイチェル・ワイズが、デヴィッド・クローネンバーグの新作に出演

いまひとつどんな話なのか、参加する3人の役がどんな役なのかがはっきりしませんが、ハリウッドが舞台で、エージェントや俳優たちが出てくる話ということのようです。
 

 

もう一本は、アルゼンチンの監督リサンドロ・アロンソの、タイトル未定のデンマークとアルゼンチンを舞台にした作品。
ヴィゴが自身の映画制作会社 Perceval Pictures が制作会社の1つとして参加し、ヴィゴ自身も俳優として参加することが決まったようです。(下記のVarietyの記事では契約した、となっています。)

Variety.com : Viggo Mortensen to star in Lisandro Alonso drama

この新作の脚本はリサンドロ・アロンソ監督とヴィゴのサンロレンソ・サポーター仲間のファビアン・カサスが担当。あるデンマーク人とその娘が文明の境界を越えたところにある荒地に旅をする、というストーリーとのこと。

来年の早い時期にデンマークとアルゼンチンで制作開始とのことですが、クローネンバーグ監督の Maps of the Stars とのスケジュール調整はどうするのでしょうね。
こちらの方が先になるのでしょうか?

twitter/punkt_ochibo

|

« ショーン・ビーンが暗唱する”Anthem for Doomed Youth” | トップページ

Maps to the Stars」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

出演が確実そうな新作の話がいっぺんに2つも出て、スケジュールはどうなるの? と言えるなんて、夢みたいです〜。

クロ監督は製作が決まればちゃちゃっと職人技で予定どおり仕上げてくれるでしょうし、アルゼンチンの方はなんとな〜く遅れがちになりそうな予感がするので(失礼!)、同時に始まっても、うまく調整されていくのではないかと思います(笑)

それにしても、デンマークとアルゼンチンを舞台にするなんて、びごさんなしには出て来ない企画ですよね〜。

投稿: mate_tea | 2012.11.14 22:37

mate_teaさん
デンマークとアルゼンチンが舞台だなんて、最初からヴィゴを想定して書かれた脚本なんでしょうね。
なんせあのファビアン・カサスなんですから。

投稿: punkt | 2012.11.16 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショーン・ビーンが暗唱する”Anthem for Doomed Youth” | トップページ