« 人々は私がハードな男だと思うが、私はただ演じているだけなんだ | トップページ | ウィーン旅行記:第2日目(1) ウィーン街歩き開始! »

ウィーン旅行記:第1日目 思いがけない暑さ

20120621_56月21日から30日の間、ウィーンにオペラを観に行ってきました。
オペラの他にもバレエやコンサートに美術館と、またまたかけずり回ってしまいましたが、ぼちぼちと旅行記にまとめていきたいと思います。

左の写真はオペラ座の東側の広場で、夜オペラの中継をするスクリーンが設置されています。またこのアーケードのところに売店と楽屋口もあります。

(写真はすべてクリックで大きくなります。)

第1日目:6月21日(木)

成田までのNEXの中で、関連会社で一緒に仕事をした方と同じ車両になるというサプライズから今回の旅行はスタートしました。
あちらは急な出張でコペンハーゲンに行かれるとのことでしたが、しばらく空いた車内でおしゃべりを楽しみました。

今回も、日本のホリデーシーズンからははずれた平日の出発でしたので、行きの飛行機はガラガラ。なんと窓際の席3つを占有することができて、たいへん楽ちんでした。

ウィーンまではオーストリア航空の直行便を使いましたが、空港からホテルまでの移動をどうしようかと思っていたら、オーストリア航空オススメの red|cab という送迎サービスを発見。

この送迎サービスは片道29ユーロ。ガイドブックなどによれば、タクシーだとウィーン中心部までで30~40ユーロとのことなのでちょっと安いぐらいでしょうか。
英語ページもあるので、往復で予約してみることに。
空港でのピックアップの方法が今一つはっきりとわからなかったので、メールで問い合わせてみると、「到着ロビーの出口で名前を書いたボードを持ってドライバーが待っています。」というお返事。

なるほど、到着ロビーを出たところにドライバーさんが待っていてくれて、無事にホテルまで送ってもらえました。

20120621_3 今回ホテルはオペラ座に近いという立地を最優先。
オペラ座から見て有名なザッハーホテルのすぐ裏の、HOTEL ASTORIA を予約しました。

100年ほど前に開業したホテルで、内装はユーゲントシュティール風。(右の写真はロビーの様子)
ヨーロッパスタイルの趣のあるホテルです。

20120621_4 シングルの部屋はこじんまりしていますが、バスルームは明るく大き目ですし、洋服ダンスが大きいのが長めに滞在する私にはありがたかった。

小さいですが外で調達してきたサンドイッチぐらいは入れられるミニバーの冷蔵庫もあります。
でも冷房がないのが玉に瑕。

旅行に出る一週間前ぐらいからウィーンの天気予報に注目していたのですが、私がウィーンに行く直前の1週間ぐらい、連日最高気温が32℃ぐらいかそれ以上の猛暑でした。

幸い予報ではウィーンに着いた翌日ぐらいから最高気温は27~8℃まで下がるようでしたが、到着した日は空港に降りたとたん、むっとするような暑さで30℃は超えていたようです。

結局、ウィーン滞在中はホテルの部屋とバスルームの窓の上側を空気抜き用に24時間開けっ放しで過ごすことになりました。

ホテルにチェックインして部屋に入ったのが17時半近く。
予約しておいたオペラ座関連のチケットをまとめてピックアップできるオペラ座横の Bundestheater の窓口が開いているのが18時までなので、荷解きは後回しにしてまずはチケットの引き取りに。

さらに、残念ながらコンサートシーズンは終わってしまっている楽友協会ホールで演奏される音楽をどうしても聞きたくて、観光客向けのウィーン・モーツァルト・オーケストラのチケットも予約してあったので(予約しなくてもオペラ座の周りに扮装した客引きがうようよしてましたね coldsweats01 )、こちらも住所を頼りにケルントナー通りのオフィスに出向いてチケットをピックアップ。

本日中に回収可能なチケットをピックアップ後、オペラ座の売店 ARCADIA を覗いてみました。
今回一番の目的の Don Carlo は舞台写真のブロマイドがいろいろありました。
ブロマイドの良いものは、早く売り切れてしまうこともあると聞いていたので、キーンリーサイドとパーペのものを何種類かゲット。

ARCADIAの並びには楽屋口もあります。
この楽屋口、私が見た範囲ではいつでもドアが開きっぱなしでしたね。
楽屋口の隣がちょうど Don Carlo の液晶ポスターでした。
10種類以上画面が次々と変わるのですが、キーンリーサイドとパーペのものを見にくいですがアップしておきます。

20120621_0 20120621_1 20120621_2

20120621_6 さらにケルントナー通りをちょっと歩いて軽く晩御飯になりそうなものを物色。

チェーン店らしきシーフードのカジュアルなレストラン NORDSEE で酢漬けニシンのサンドイッチを調達。
これはなかなか美味しゅうございました。

twitter/punkt_ochibo

|

« 人々は私がハードな男だと思うが、私はただ演じているだけなんだ | トップページ | ウィーン旅行記:第2日目(1) ウィーン街歩き開始! »

Rene Pape」カテゴリの記事

Simon Keenlyside」カテゴリの記事

ウィーン旅行」カテゴリの記事

コメント

ASTORIA!懐かしいです!2年前に行った時はそこに泊まりました!
同じ6月。あの時も猛暑で、クーラーのない部屋は厳しかったですねsweat02
窓も小さかったので風もあまり入ってこないので、窓枠に直接腰かけて夕涼みしたり・・・。

楽友協会、6月も後半になるとシーズン終了なんですね?
私は6/9に行ったのですが、シーズン期間のことは全く頭になかったのでラッキーでしたcoldsweats01

舞台写真は確かに売り切れますね。
私のご贔屓さんの写真、5種類あったものが2日後には1種類になってましたからsweat02

ちなみに、私は空港→ホテル間はリムジンタクシーを利用しています。
往復割引もあり、往復で60ユーロぐらいでした。

投稿: 娑羅 | 2012.07.05 00:07

娑羅さん
楽友協会のコンサートは、6/10ぐらいでシーズンプログラム終了なんですweep
娑羅さんのところで舞台写真は売り切れちゃうと教えていただいたので、真っ先にチェックしにいって正解でした。
やはり今回も数日後には何枚か店頭から消えてましたもの。
今回利用した red|cab は片道29ユーロ、往復58ユーロですから同じぐらいですね。
ちゃんと帰りもホテルに迎えに来てくれるので良かったです。メーターにらんでドキドキしなくていいですし。

投稿: punkt | 2012.07.05 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人々は私がハードな男だと思うが、私はただ演じているだけなんだ | トップページ | ウィーン旅行記:第2日目(1) ウィーン街歩き開始! »