« ウィーン旅行記:第2日目(1) ウィーン街歩き開始! | トップページ | ヴィゴに関するあれこれ(新作のウワサ!) »

ショーンがチャンピオンベルトを持ってチャンピオンを先導

20120707_sheffiled_17月7日、ショーン・ビーンはシェフィールドの Motorpoint Arena でおこなわれた、WBA Intercontinental ウェルター級 & IBF Intercontinental ウェルター級タイトルマッチで、シェフィールド出身のチャンピオン、ケル・ブルックのリング入場に際して、チャンピオン・ベルトを掲げて先導するという大役を務めました。

試合前、7月5日付の World Boxing News の記事によれば、

「土曜日に、ケルのベルトを運んでリングに入ってほしいと要請されたことを心から光栄に思う。」とビーンは言った。「彼はちょうど私のように生粋のシェフィールド人で、土曜日は町中が彼の後ろについている。だから彼を勝利に導くのは私にとって名誉なんだ。」

とのこと。

20120707_sheffiled_2 また、Wikipedia の Kell Brook についての記述によれば、彼もまたシェフィールド・ユナイテッドの大ファンであることが有名だとありますので、ショーンが応援するはずですね。

試合結果は、ケル・ブルックが判定勝ちで挑戦者カールソン・ジョーンズを降したようです。

ショーンの写真は Getty Images のこちらZimbio のこちらに3枚あります。

twitter/punkt_ochibo

|

« ウィーン旅行記:第2日目(1) ウィーン街歩き開始! | トップページ | ヴィゴに関するあれこれ(新作のウワサ!) »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウィーン旅行記:第2日目(1) ウィーン街歩き開始! | トップページ | ヴィゴに関するあれこれ(新作のウワサ!) »