« 新国立劇場「ドン・ジョヴァンニ」2回目 | トップページ | ショーン・ビーン主演 ”Cleanskin” のDVDは7月2日発売予定 »

ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2012

20120503_0ゴールデンウィーク恒例のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭 2012に今年も行ってきました。

今年のテーマはロシア音楽。

私は5月3日と4日で合計7つの有料公演とマスタークラスを1つ聞きました。

その中から印象に残ったものについて書いておきます。

下野竜也指揮:読売日本交響楽団

はじめて聞くモロソフの交響的エピソード「鉄工場」とストラヴィンスキーの「春の祭典」
「鉄工場」は初めて聞きましたが、まさに工場の騒音を音楽的に表現した曲でちょっとびっくり。ブリキ板が打楽器として使われているんですね。
「春の祭典」は木管のちょっと艶めかしい音色と金管の迫力が大好きなのですが、今回も血湧き肉躍る音楽で、巨大なホールAでちょうど良い感じでした。

 

カペラ・サンクトペテルブルク

スヴィリドフの合唱作品やロシア民謡のプログラムと、ラフマニノフの「晩祷」の2つはア・カペラのプログラム。
とにかくバスの重低音の響きが素晴らしい!
アルトも芯のあるすっきりした響きで、男声、女声とも低音が充実しているのでそのハーモニーの安定感は、まさに広大な大地を思わせる広がりがあって、日本の合唱団では決して聞くことができないようなサウンドでした。
男女が交互に立つ並び方(公式ブログの写真を参照)も独特ですが、音が綺麗に溶け合って素晴らしかったです。

 

パヴェル・バランスキー(バリトン)

チャイコフスキー、ラフマニノフなどのロシア歌曲のプログラム。
最も夜遅い22時スタートのサロンコンサートだったので、夜にふさわしいバリトンでしっとりと、なんて考えていたのですが、私の席は1列目の歌手の立ち位置の真正面。
しかも狭い会場なので、目の前1mの距離で歌われた歌曲を聞きました。

小さな部屋向きに声はコントロールしていたとは思いますが、とても情熱的に歌ってくれましたので、こんな至近距離で1時間も聴いているとちょっと酔ったというかのぼせたみたいになって、少し動悸が... wobbly  ...という得難い経験をしました。
公式ブログのこのコンサートの写真をご覧いただくと、いかに客席が近いか良くわかると思います。)

バランスキーという歌手はまったく知らなかったのですが、暗め重めでありながら輝きもあるなかなか良いバリトンで、けっこう私が好きなタイプの声。
ラフマニノフの歌曲などは最近出たばかりのホロストフスキーのCDでさんざん聞いていた曲もあり、比べてしまうとがっかりしやしないかとちょっと心配だったのですが、杞憂でした。

客席も大いに盛り上がって、3曲もアンコールに応えてくれたのも嬉しかったです。
ピアノのアルフォンス・スマンもとても良かったと思います。

YouTubeでちょっと検索したら、今回のプログラムに含まれていた曲が3つほどみつかったのでご紹介しておきましょう。
今回のプログラムでは、ちょうど第1曲目がオクターヴァで最後が雪解け水でした。
(ちょっと意地悪かもしれませんが、聞き比べ用にホロストフスキーが同じ曲を歌っているものもリンクしておきます。)

リムスキー=コルサコフ オクターヴァ(八行詩) Op.45-3
バランスキー ホロストフスキー

メトネル 夢想家へ Op.32-6
バランスキーホロストフスキー

ラフマニノフ 雪解け水 Op.14-11
バランスキーホロストフスキー

 

<マスタークラス>

今回聞くことができたのは、ヴィオラのジェラール・コセさんが講師のマスタークラス。
芸大の学生さんが生徒で、演奏した曲はグリンカのヴィオラ・ソナタ 第1楽章から。

私自身は弦楽器を演奏するわけではありませんが、ちょっとは音楽を嗜む者にとってマスタークラスは毎回とても勉強になります。

毎回どの生徒さんも共通して指摘されていることは、もっと自分を表現しなさいというようなこと。日本人は綺麗には演奏するのですが、常にどこか控え目でセーブされていて訴えかけてくるものが足りないのですよね。

曲の中でピチカートで演奏する部分があるのですが、生徒さんはぜんぜん音量が出ていなかったのに、コセさんが弾くと何倍も大きな音で美しく響くではありませんか。生徒さんも何度も挑戦してましたが、まだまだ修行が必要そうでした。

ヴィオラの音は暖かみがあるし、音色に色気があるので大好きです。
今回聞いたグリンカのヴィオラソナタもとても素敵な曲でした。(こんな曲です。)

 

昨日おこなわれた2012年の閉幕の記者会見のレポートによれば、来年のラ・フォル・ジュルネのテーマは「フランスとスペインの音楽~ビゼーからブーレーズまで」とのこと。
来年も楽しみですね。

 

【おまけ】 今回ゲットした非売品グッズ。

20120503_1 20120504_1

左は会場内のレストランで指定メニューを注文するともらえるドロップとそのドロップの缶をしまえるマトリョーシカの図柄が可愛いポーチ。

右は丸ビル、新丸ビルなどの展示会場のスタンプラリーでもらったエコバッグです。

twitter/punkt_ochibo

|

« 新国立劇場「ドン・ジョヴァンニ」2回目 | トップページ | ショーン・ビーン主演 ”Cleanskin” のDVDは7月2日発売予定 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新国立劇場「ドン・ジョヴァンニ」2回目 | トップページ | ショーン・ビーン主演 ”Cleanskin” のDVDは7月2日発売予定 »