« 新国立劇場「オテロ」 | トップページ | "On The Road" はカンヌ映画祭コンペティション部門に出品されます »

Happy Birthday Sean Bean!

birthday present ショーン、お誕生日おめでとう present birthday

4月17日でショーン・ビーンも53歳ですね、お誕生日おめでとうございます。

最近なかなか日本の映画館でお目にかかることができませんが、日本でも劇場公開されるような作品に出てくださるよう、お願いしたいものです。

ショーン関連の小ネタをいくつかご紹介しておきましょう。

Fox 11 Google+ Hangout: Game of Thrones - Sean Bean

Fox 11 News に出演した後、ショーンが視聴者の人々とネットでチャットというもののようです。

もう1つは、ショーンがナレーションを担当している O2 の広告のビデオクリップです。

O2: On & On, our best ever tariff TV advert

やはりショーンの声はいつ聞いても魅力的ですよね。

もひとつオマケ

”Mirror Mirror”のレッドカーペットで、白雪姫の7人の小人の名前を思い出してくださいというビデオクリップです。

'Mirror Mirror': Who Are the 7 Dwarves? - Debby Ryan, Billy Unger,

ショーンも2分20秒過ぎに出てきますが、かなり難しそうですね。

 

そして最後の小ネタは Twitter で流行している Save Sean Bean というキャンペーン(爆)
キャンペーンのキャプションにいわく

1986年以来、ショーン・ビーンは20を超す映画やTV番組の中で死んできました。

彼は残忍にも殺されてきました、
弓矢で、リボルバーの拳銃で、ショットガンで、マシンガンで、銃剣で、衛星に押しつぶされて、凍えて、斬られて、牛に踏みつぶされて、吊るされて、生き埋めで、突き刺されて、首を刎ねられて、溺れて、爆発で、刺されて、体をバラバラにされて、クローン作成で、その他の危険で

ショーン・ビーンは1.24年ごとに死んでいます。

そこで、2012年を通して、ショーンが殺されないで済むようにサポートしましょう! というキャンペーンになっています。happy02

例の、デス・リールがすっかり有名になりましたからね。

どうか実生活は、健康な一年でありますように。

twitter/punkt_ochibo

|

« 新国立劇場「オテロ」 | トップページ | "On The Road" はカンヌ映画祭コンペティション部門に出品されます »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

Happy Birthday dear Sean!happy01

ショーン、お誕生日おめでとう!これからのご活躍もお祈りしています。
本当に日本でも大きなスクリーンでショーンに会えるといいですね。
「Save Sean Bean 」こうしてみると、本当にいろんな方法で死んでるんですね。
殺されないで済むようにサポートしたいですがどうすれば・・・happy02

投稿: ryo | 2012.04.17 16:39

ショーンさん、誕生日おめでとうございます。この一年、ショーンさんが良い作品に出合えて、良い仕事ができますように。しかし、デス・リールが作られたかと思えば、ショーンさんを救え!キャンペーン(笑)。皆に愛されてるってことですよね。私としては、禁煙に成功して健康でいてほしいです。

投稿: chizu | 2012.04.17 17:41

ryoさん
ショーンの場合、ただ死んでる回数が多いだけでなく、その死に方のバリエーションの多さは他の追随を許さないのではないかと...(笑)

chizuさん
映画やTVでこれだけ死んでいれば、十分厄落としになっているような気もします。
いつまでもみんなに愛される俳優であってほしいものです。

投稿: punkt | 2012.04.18 00:24

ほんとですよね、バリエーションに富んだ最後な上に
そして殺された相手を列挙すると豪華な俳優陣の名前が並びますよねhappy02
「ショーン、死にすぎ!」ですけど、並べてみると痛々しいながらもちょっと見入ってしまいます。

投稿: ryo | 2012.04.18 08:37

ryoさん
ショーンのデス・リールはすっかりネット上で有名になりましたからね。
これだけ徹底すれば立派なものです。coldsweats01

投稿: punkt | 2012.04.20 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新国立劇場「オテロ」 | トップページ | "On The Road" はカンヌ映画祭コンペティション部門に出品されます »