« ”Todos tenemos un plan” の撮影現場から、ビデオクリップとプロダクションフォト | トップページ | ”Soldiers of Fortune” のトレイラー »

8月9日 ”Todos tenemos un plan” 記者会見 in Ciuda de Luz

20110809_ttup_2現在、アリカンテの Ciuda de Luz で撮影中の ”Todos tenemos un plan” ですが、昨日、8月9日に撮影スタジオのある Ciuda de Luz で記者会見がおこなわれました。

大量の写真、ビデオ、記事が出てきていますので、かいつまんでご紹介します。

記事や写真の探索は、いつものとおり Erikoさんと viggo-works のお世話になっています。

まずは、記者会見と撮影風景をまとめた YouTube の Ciuda de Luz のチャンネルで提供されたビデオクリップです。

20110809_ttup_1 ヴィゴと一緒に記者会見に登場したのは、奥さん役のソレダ・ビジャミルさん、共演のハビエル・ゴディーノ、監督・脚本のアナ・ピーテルバルグさん、それにこの映画のプロデューサたちと、撮影スタジオのある Ciuda de Luz の総責任者、エルザ・マルティネスさんです。

ヴィゴは撮影現場から直行らしく、お医者様のアウグスティンの衣装を身に付けたまま(金の腕時計や結婚指輪も)です。

記者会見の内容については、主に EFE提供の記事(例えば diarioinformacion.com) と EUROPA PRESS提供の記事(例えば 20minutos.es 写真あり)が使いまわされていますが、それらを元にかいつまんでご紹介しましょう。

ヴィゴ自身が双子が一緒に登場するシーンについて「精神的なチャレンジ」だと言って、アルゼンチンの冬の寒さの中の撮影よりも「タフな撮影」として「双子が一緒のシーンをより心配している。」と認めた。

「すぐに私の心に訴えてきて今でも気に入っているのは、双子の間で体現していることだけでなく、都市と川の風景などたくさんの相反するものや二重性があるところだ。」また物語についても「最後にはアウグスティンは、嘘を通して真実になり、死を通して復活するんだ。」と強調した。

「アルゼンチンでの撮影はその天候のせいで大変だったが、私たちは幸運にも奇跡的にスケジュール通りに終わった。ここで撮影する双子の兄弟の出会いは扱いにくいものになるであろうことはわかっている。なぜならこれはより技術的な、より精神的なチャレンジであり、パズルで、俳優としてほとんど冬の川の撮影よりも心配している。」とこのアメリカ人俳優は認めた。

また、モーテンセンは彼が子供の頃に住んでいたアルゼンチンでの撮影の経験を喜んでいた。「何ヶ月もの撮影や撮影の中でやったように一緒に家族を作ることは、数日間の撮影とはまったく違っていて私はとても好きだ。私にとってこれは「アラトリステ」の撮影や「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影にも匹敵するが、今回は(家族になるのが)より早かった。一つには私が育った国だったからということや、ある部分、撮影が大変で一緒にそれに耐えたというせいだろう。」

ハビエル・ゴディーノは撮影中のチームについて、ヴィゴ・モーテンセンが彼のアルゼンチンのサッカーチーム、上記のサンロレンソ・アルマグロへの彼の情熱で「家族を作る」ことに関心があったという逸話を思い起こした。

20110809_ttup_3「彼が到着した最初の日に、ヴィゴ・モーテンセンはサンロレンソの旗を掛け始めたんです。少しずつ少しずつ、それからティグレのペナントを持ってきて、後でボカを持ってきました。最後には壁一面がアルゼンチンのすべてのチームのシャツで埋め尽くされて、レアル・マドリード、バルセロナとウルグアイのものまでありました。そしてこれが唯一、誰もが参加できたことだったんです。」と若手俳優は言った。

ヴィゴは、Ciudad de la Luz について、「撮影には理想的な場所」で「ロサンゼルスやニューヨークの最高の所」にひけを取らないと褒めていたともあります。

また、Levante EMV の記事によると、ヴィゴはこの映画撮影のためにずっと伸ばしていた髭を記者会見の前日に剃ったとのこと。

この映画のプロデューサー、Gerardo Herrero によると ”Todos tenemos un plan”の公開は Fox International Productions も絡んで、スペインとアルゼンチンでほぼ同時に、2012年の4月から6月頃を予定しているとのこと。

写真やビデオのある記事をまとめて紹介しておきます。

Generalitat Valenciana (写真を画像だけ表示させるととても大きな写真になります。)
lasprovincias.es (22枚の写真があります。 オススメ)
informacion.es (27枚の写真があります。こちらもオススメ)
terra (写真入り記事)
lacronicavirtual.com
El Pais (大きな写真)
lainformacion.com (その1その2)
Las Provincias (VIDEOをクリック:記者会見のビデオクリップ)
El Mundo (Play で記者会見のビデオクリップ、FOTOに写真があります。)
rtve.es (ニュースのビデオクリップ)
informacion.es (撮影風景のビデオクリップ記者会見のビデオクリップ
EFE提供の記者会見のビデオクリップ

 

今回の記者会見とそれに関連して出てきたニュースで目立ったのがサッカーにまつわる話です。

まず、ABC.es のこちらの記事などによると、どうしてもヴィゴをこの映画の主役にと考えた監督のアナ・ピーテルバルグさんは、サンロレンソの本部の前でヴィゴを捕まえてこのプロジェクトの話を持ちかけたそうなのですが、その時にサンロレンソののファンだと嘘をついたのだとか。彼女は本当はボカのファンなのだそうです。
でもそこでヴィゴの反応は

「彼女は私のこのストーリーと脚本について話してくれて、私はこれがめったにないとても前向きな方法の話で極めてオリジナルなスリラーであることに驚いたんだ。」とモーテンセンは述べた。

ということで、めでたくこの映画が実現したというわけです。

さらにちょっと可笑しかったのが lasprovincias.es のこちらの記事

「初めてアナ・ピーテルバルグの家に行ってこの脚本について話をした時、私はサンロレンソのシャツを着て行った。タクシーの中で本を読んでいて彼女が(サンロレンソの)ライバルのウラカンの近所に住んでいることに気がつかなかったんだ。念のため、ウラカンのファンがいたら逃げなきゃならないから待っているようにタクシーの運転手に頼んで、彼女に電話してドアまで走っていって中に入ったよ。ライバルチームの近所でジャージを着ているのは挑発だからね。」

ウラカンとはスタジアムでサポーターたちの暴力沙汰が過去に起きているような間柄なので、さしものヴィゴも気を使ったようです。アルゼンチンでどこへでもサンロレンソのシャツを着て行くのも考えものですね。

「サッカー狂ヴィゴ」というタイトルで informacion.es にこんな記事(写真あり)

この俳優は、彼の情熱の対象の1つであるサッカーグッズを購入するためにアリカンテの何軒かのお店を訪れた。

アリカンテの Ciudad de la Luz の6番スタジオにある ”Todos tenemos un plan”のセットの一角に、アメリカ人俳優ヴィゴ・モーテンセンは、シャツ、マフラー、旗やサッカーグッズの急ごしらえの聖域を持っている。実際、これはスタジオで彼の名前をつけて彼にプレゼントされたエルクレス(訳注:アリカンテに本拠地を置くスペイン1部リーグのチーム)のシャツや、アルコヤーノ(訳注:アルコイに本拠地を置く、スペイン3部リーグのチーム)の小さなペナントのように、撮影が進むのにしたがって増えて行くであろう新しいコレクションの場所なのだ。

この俳優はまた、彼のサッカーに対する情熱の楽しみを満たすため、アリカンテにショッピングにも行った。もちろん、彼のチーム、サンロレンソ・デル・アルマグロのシャツを着て。

このサッカーの聖域については、上に写真も載せましたし、ビデオクリップにも登場していますね。

ヴィゴがプレゼントされたというエルクレスのジャージについては el Economista.es のこちらに写真入りの記事があります。記事では肝心の写真がちゃんと見えていませんが、画像だけを表示させれば全体を見ることができます。
同じ写真は Twitter 経由でこちらに大きなものがあります。

ヴィゴと一緒に写っているのはエルクレスの広報担当のミゲル・アンヘル・ロペスさんで、ヴィゴがアリカンテに来た機会をとらえて会見したのは数日前だとのこと。

ロペスはモーテンセンがサッカーに対してとても情熱を持っていること、特にこの俳優がエルクレスと昨年の結果について知っていることに驚いたと話した。

「彼はうちのクラブで起こったことについて何でも知っていて、もちろんカンプ・ノウ(訳注:バルセロナのホームスタジアム)における昨年のエルクレスのバルセロナに対する勝利を覚えていたよ。」とロペスは言った。彼はモーテンセンに、サッカーに捧げられた「彼が言うところの彼の嘆きの壁」に、エルクレスの新しいジャージをプレゼントした。

ヴィゴったら、サッカーグッズを壁一面に並べたサッカーの聖域を「嘆きの壁」なんて呼んでいるんですね。
この前で祈りを捧げるんですかね?

Ciudad de la Luz での撮影は、金曜日には終了する予定とのことです。

twitter/punkt_ochibo

|

« ”Todos tenemos un plan” の撮影現場から、ビデオクリップとプロダクションフォト | トップページ | ”Soldiers of Fortune” のトレイラー »

Todos tenemos un plan」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

記事のまとめと内容のご紹介ありがとうございますheart02
昨日は全然追いつけなかったので助かります。

一人二役は俳優さんにとってはすごくやりがいがあるんでしょうね。
見る方にとっても一つの画面にヴィゴが2人映ったら倍うれしいlovely
そういえばショーンも一人二役をやったことがあるんですね。

この壁一面のサッカーsoccerグッズは撮影終了後どうなるのかな~?

投稿: Aralis | 2011.08.11 20:58

Aralisさん
記事や写真を探すのは、ほとんど全部 Erikoさん頼りだったので良かったのですが、後から後から記事が増えたので、これに目を通すのはちょっと大変でした。

>この壁一面のサッカーsoccerグッズは撮影終了後どうなるのかな~?
どうするんでしょうねぇ、オークションでもするのかしら?

投稿: punkt | 2011.08.12 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”Todos tenemos un plan” の撮影現場から、ビデオクリップとプロダクションフォト | トップページ | ”Soldiers of Fortune” のトレイラー »