« Georg Guðni さんの突然の訃報 | トップページ | ヴィゴの新作のウワサ? »

”A Dangerous Method” の予告編登場

Adm_trailer_01

映画の撮影からずいぶん時間がかかり、待たされましたが、いよいよヴィゴがフロイト役を演じているクローネンバーグ監督の新作 ”A Dangerous Method” の予告編が公開されました。

 

予告編は、”A Dangerous Method” の公式サイトでご覧いただけます。

やはり予告編を見ても、フロイトへの化けっぷりがよくて、あまりよく知らない人が見たらこれはヴィゴだとは気がつかないでしょうね。

Adm_trailer_02


また、ヨーロッパの配給はいろいろ決まったのに、アメリカの配給が決まらなくてハラハラさせられましたが、こちらも The Hollywood Reporter の記事などによると、Sony Pictures Classics が配給権を得たとのことです。
日本の配給はどうなっているのでしょうか?

ヴェネチア映画祭とトロント映画祭には出品されると思われますが、アメリカの公開日などはまだ決まっていません。

【追記】 Erikoさんのところで、この予告編のキャプチャー画像を大量の用意してくださっています。

 

【おまけ】
viggo-works のこちらに、CoCoさんが載せてくださったこちらの写真
昨年、ベルヴェデーレ宮殿の庭で撮影している風景なのですが、良く見るとフロイト先生がとんでもない所に座っています。

twitter/punkt_ochibo

|

« Georg Guðni さんの突然の訃報 | トップページ | ヴィゴの新作のウワサ? »

A Dangerous Method」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん、こちらではお久しぶりです。
月曜日はグンニさんの突然の訃報にショックを受けましたがweep
翌日この予告編が出て、俄然元気が出ましたhappy01

今までのクローネンバーグ監督の作品とはまた違った雰囲気で
とっても楽しみです。
日本での公開も早く決まらないかな~heart01

それにしてもスフィンクス?にまたがるなんてcoldsweats01

投稿: Aralis | 2011.06.23 00:58

Aralisさん
ようやくここまでこぎ着けましたね。
3本連続でヴィゴがクローネンバーグ作品に出演ということで、興味をもたれる人も多いようです。
ナント言ってもヴィゴはクロ監督のミューズ(笑)ですからね。

>それにしてもスフィンクス?にまたがるなんて。
誰か止める人はいなかったんですかねぇ。

投稿: punkt | 2011.06.23 01:24

ヴィゴだとは私も最初は気づきませんでした。
イースタン・・・とスタローンの映画に主演した人ですよね?
 イースタンプロミスは、ご飯食べてる時に母と見たから
過激なシーンがあったので ドキドキしながら見ました。

この映画もファスベンダー達も脱ぐ・・・過激なエロス的芸術映画ですか? 

投稿: ユリオ | 2011.07.01 10:07

ユリオさん
そうです、「イースタンプロミス」のニコライですよ。
スタローンの映画というのは「デイライト」ですね。
あれは主演ではなくて、序盤であっさり消えてしまう役ですが...weep

ファスベンダーとキーラは、当然エロチックなシーンがあるでしょうね。何しろクローネンバーグ監督ですから。

投稿: punkt | 2011.07.02 23:16

話で聞くと・・・ヴィゴは何カ国語も話せるとか!?
演技派で語学も堪能でマルチですね! カッコイイ。
いつかいつか ファスベンダーもヴィゴみたいな
GOODな俳優になって欲しいモノです

投稿: ユリオ | 2011.07.03 17:11

ユリオさん
ヴィゴはちょうど今はスペイン語の能力を生かしてアルゼンチン映画を撮影中です。
写真家、詩人としてもかなり活躍してますからね。
ファスベンダーも幅広い役柄にチャレンジしているようですし、今は新作にも引っ張りだこみたいですね。
これからの活躍が楽しみです。

投稿: punkt | 2011.07.03 23:56

アーティストという言葉がふさわしいですね!
華麗なる表現者!
punktさんのブログを見て
暇があるとき、
ヴィゴの他の作品を選び抜いて
見てみたいと思います。
ヴィゴもとても気になる俳優さんです

投稿: ユリオ | 2011.07.04 18:07

ユリオさん
どうぞこれからもヴィゴを御贔屓によろしくお願いします。happy01

投稿: punkt | 2011.07.05 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Georg Guðni さんの突然の訃報 | トップページ | ヴィゴの新作のウワサ? »