« ”Todos tenemos un plan”撮影現場から | トップページ | ヴィゴがオーディションをしくじったわけ »

アルゼンチンのヴィゴ

アルゼンチン発のヴィゴの写真がいろいろありますので、まとめてご紹介します。

4月26日と思われる”Todos tenemos un plan”の撮影現場のヴィゴの写真をご紹介しましたが、Diego Lererさんの Twitter でこちらの写真が紹介されていました。

この映画の仕事をされている Vanessa Ragoneの26日付のTwitterでも撮影現場の写真が紹介されています。

ラプラタ川のデルタ地帯でボートを運行しているらしい Gonzaloさんも、Twitter経由でこちらの写真を公開しています。写真のデータを観ると、4月27日に撮影されたもののようです。

 

さらに、

4月29日付で上記と同じ、Vanessa Ragoneさんが、ラプラタ川でのロケーション・ハンティングの写真として、ヴィゴとを紹介しています。

また、Chlokitaさんが Twitter上のこちらこちらで同じ、ラプラタ川での写真を紹介していますが、ヴィゴと一緒に写っている男性はLucio Bonelli さんとのこと。この方は映画の撮影カメラマンの方ですね。

普通、あまり俳優がロケハンに同行することはないと思うのですが、ヴィゴ自身が写真を撮りたかったから同行したのか、それとも後に自分自身で映画制作する時のために勉強しておこうと思ったのか...

 

 

【おまけ】 Exitoina の記事を、viggo-works の ollieさんが英訳してくださいましたので、そこからご紹介しておきます。

この俳優は、私たちのパンパス(大草原)の熱狂的ファンで、サンロレンソの熱心なファンとして知られていて、すでにブエノスアイレスを何度も訪れていて、水の中の魚のように大勢のブエノスアイレスッ子の隣人たちの間を動いている。

だから、アルゼンチン郵便局のボタニコ支局で荷物を送る彼を見かけても少しも不思議ではない。愛想よく彼に近づいた外国人に心から挨拶をし、荷物を荷造り するのに気を取られていて自分の順番を逃したら、人々がハリウッドを知っていると考える「他の人々」がやるかもしれないように列に割り込む代わりに、文句 を言わずに新たに順番を取り直した。本当の紳士だ。

やっぱりいつものヴィゴですね。happy01

twitter/punkt_ochibo

|

« ”Todos tenemos un plan”撮影現場から | トップページ | ヴィゴがオーディションをしくじったわけ »

Todos tenemos un plan」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”Todos tenemos un plan”撮影現場から | トップページ | ヴィゴがオーディションをしくじったわけ »