« ルネ・パーペのザクセン風ザウアーブラーテン | トップページ | アルゼンチンの雑誌 GENTE のスキャン画像と記事 »

ショーン・ビーンの新作情報

ショーンの新作の情報が出てきました。
映画関連のサイトに続々と情報が転載されていますが、大元の記事は今のところ Screen Daily の記事のみです。

Screen Daily のこちらの記事によると、アーロン・エッカート、ショーン・ビーンとアナソフィア・ロブは、ピーター・パンを現代的にアレンジしたアクション・スリラー、”Pan” に出演するとのことです。

子供のような誘拐犯(パン)を追うことに取りつかれた元刑事フックをエッカートが、警察におけるフックの唯一の協力者である主任刑事スミーにショーンが扮し、アナソフィア・ロブは誘拐からの唯一の生還者で、捜査に協力するウェンディを演じる予定。

このあらすじからすると、ピーター・パンの方が悪役で、フックとスミーが良い方の役のようですね。

監督はベン・ヒボン、脚本はベン・マギッドで、制作は Sentient Entertainment、Energy EntertainmentSocial Capital など。
Essential Entertainment が今日から始まったカンヌ映画祭のマーケットでプリセールスを開始するそうです。

映画の制作は今年の10月に東ヨーロッパでの開始を予定しています。

アーロン・エッカートとショーン・ビーンの共演とは嬉しいですね。ぜひ実現してもらいたいものです。

IMDb: Pan

 
【おまけ】 アメリカで ”Black Death” の Blu-ray が発売されました。
アメリカ版 Blu-ray は日本とリージョンが同じになるので、これはこのまま日本で見ることができるはずです。

twitter/punkt_ochibo

|

« ルネ・パーペのザクセン風ザウアーブラーテン | トップページ | アルゼンチンの雑誌 GENTE のスキャン画像と記事 »

Black Death」カテゴリの記事

Pan」カテゴリの記事

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

うわー、激しく期待してしまいますね。もう他力本願、A・エッカートの力でもなんでもいいから日本で公開して欲しい。というか、話が立ち消えになる前に早く撮影に入って欲しいです!

投稿: chizu | 2011.05.12 16:03

chizuさん
アーロン・エッカートと共演、なんていうと凄く期待しちゃいますよね。
日本で公開されますように、どうかカンヌで日本の配給会社さんが買付けしてくださいますように、お祈りしたい気分です。

投稿: punkt | 2011.05.13 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルネ・パーペのザクセン風ザウアーブラーテン | トップページ | アルゼンチンの雑誌 GENTE のスキャン画像と記事 »