« ショーン・ビーンの ”Age of Heroes” 公式サイトオープン | トップページ | ”Todos tenemos un plan”の世界配給は Fox International Productions から »

”Die Oper kocht” オペラ歌手の得意料理

DieoperkochtMETライブビューイングを見るようになって、最近はすっかりオペラにはまっているのですが、そのオペラ歌手たちが得意料理を披露しているお料理本です。

 Die Oper kocht (オペラは料理する)

残念ながらドイツ語なのですが、64人のスター歌手たちがそれぞれの得意料理を手書きレシピ付きで紹介しています。

手書きレシピはそれぞれの母国語で書かれていて、それをドイツ語にしたものが掲載されています。それぞれ料理道具や食材を持ってポーズをとったポートレートと簡単なインタビュー付き。

大判のハードカバーの美しい本で、料理や歌手たちの写真を見るだけでも楽しいです。

この本のメイキングビデオもとっても楽しくてオススメ。

その中で、最近私が特にひいきにしているサイモン・キーンリーサイドとルネ・パーペのページをご紹介します。

PhotobucketPhotobucket

キーンリーサイドの料理はフィッシュパイ
手書きのレシピについてるお魚の絵も可愛いですね。

記事を英語への自動翻訳の助けを借りて読んでみると、日ごろは移動の多いジプシー生活なのであまりお料理はできないようですが、ロンドンにいる時はよく台所に立っているようです。
お料理はいいストレス解消なのだとか。

ちょっと面白いのは、歌手たち全員に共通した下記のQ&A。

食べない物:
中東で食べるような牛の内臓や羊の目 - ノーサンキュー!

お腹が空いたら:
パンとくだもの、見つけたられるものならなんでも。

冷蔵庫にいつも入っているもの:
緊急事態用の基本食品:ビール、新鮮な季節のくだもの、サラダ、地元のチーズと赤ワインのボトル1本。

ディナーに招待したい人は:
その世界を知るために、クロマニヨン人を。彼らの知る動物について、なぜ彼らが消滅したのか、彼の神に対する考え方について。

PhotobucketPhotobucket

パーペの料理はザクセン風ザウアーブラーテン、クロース(ジャガイモ団子)と赤キャベツ添え
こちらはあらかじめマリネした牛肉を蒸し煮にする、彼の故郷ドイツの伝統料理ですね。(ウィキペディア: ザウアーブラーテン

この記事にも書かれていますが、パーペのお父さんはプロの料理人なのだそうです。(それで、この格好の写真なのでしょうかねぇ(笑) 悪ぶったシェフ、といったところですね。)

時間が許せば、ウィンナーシュニッツェルやいろいろなパスタを作ることもあるとか。

そしてお約束の質問については

食べないもの:
豚の胃袋と脳

お腹が空いたら:
手近にあるものを。栄養のあるものが必要。でもドーナッツやクッキーやスターバックスのブラウニーをコーヒーに浸すのも好き。

冷蔵庫の中にいつもあるもの:
チョ コレート味の豆乳、タマゴ、牛乳、サラミ、軽くて辛口の白ワイン、バター、Actimel の Erdbeer(訳注:ヨーグルト飲料)、ヤクルト、ミネラルウォーター、数種類のチーズ、パプリカ、バジル、パセリ、そしてパフォーマンスの前の自分の声にとっての油である生卵。

ディナーに招待したい人:
自分にとって大切で、めったに会わない友人を。

当初、Actimel のErdbeer というのをビールかと思ったのですが、調べてみたらこんなものでした。
ヤクルトがヨーロッパで販売されているのは知っていましたが、こんなところで常備されているとはhappy01
どうやらパーペは甘いもの好きみたいですね。

なお上記の写真は2回クリックでかなり大きくなります。

twitter/punkt_ochibo

|

« ショーン・ビーンの ”Age of Heroes” 公式サイトオープン | トップページ | ”Todos tenemos un plan”の世界配給は Fox International Productions から »

Rene Pape」カテゴリの記事

Simon Keenlyside」カテゴリの記事

コメント

面白い本のご紹介ありがとうございます。
パーペの白衣にはカーレーサーのようにステッカーがたくさん縫い付けてあるし、キーンリーサイドは自分のイラストの魚を持っていたりして、写真もウイットに富んでいますね。
お料理自体は読めないのでよくわからないものの、Q&Aの内容などからご本人の食生活が透けて見えて興味深いです。
二人とも身体が資本ですからヘルシーな食事で健康を保つことに努力しているようですね。

投稿: Lumos | 2011.05.09 14:50

Lumosさん
とっても面白い本ですよ。
今日見たMetライブビューイングの主役3人、フローレス、ダムラウ、ディドナートも出ています。
キーンリーサイドのフィッシュパイは解読が終わりましたので、これから記事にしますね。

投稿: punkt | 2011.05.10 00:39

はじめまして。ちょっと前から拝見してました(はじめて訪問したのはデンマーク語の何かを調べてたときだったと思います)。この記事、自分とこのblogで紹介させてもらっちゃいましたが、よろしかったでしょうか。パーペの回答はあんな熊みたいなおっさんなのに可愛いし、キーリサイドの回答はインテリだなーって感じですね。

投稿: starboard | 2011.05.19 01:55

starboardさん
こちらこそ、はじめまして。
あの、実は私もしばらく前からstarboardさんのところを時々拝見していました。
こんななんちゃって訳の記事を紹介してくださってありがとうございます。
パーペの冷蔵庫の中身、ビールかと思ったら甘い乳酸飲料だったりして思わず笑ってしまいました。
パーペのファンとしては新米なんですけれど、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: punkt | 2011.05.19 02:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショーン・ビーンの ”Age of Heroes” 公式サイトオープン | トップページ | ”Todos tenemos un plan”の世界配給は Fox International Productions から »