« 「カラヴァッジオ」 Blu-ray ついに発売 | トップページ | インデペンデント紙のショーン・ビーンの一問一答 »

The Sunday Times 2月6日 ショーン・ビーンのインタビュー記事

Thesundaytimes_20110206ショーンのインタビュー記事3本目は、2月6日に The Times の日曜版、The Sunday Times に掲載された記事です。

こちらも有料ページになってしまうのですが、Sean Bean Online のこちらで記事を読めるようにしてくださっていますので、全文をご紹介します。

時と場所: ショーン・ビーン
            by Sarah Ewing

51歳のこの俳優は、シェフィールドのかつての公営住宅で育ち、厳しいロンドンに引っ越してきたときに共同体の一体感を恋しく思った

 

私が子供時代の恋人デブラと19歳で結婚してRADAに行くためにロンドンに引っ越した時、シェフィールド、ハンズワースの家族の家をはじめて離れた。父さんのブライアン、母さんのリタと妹のロレインのいるところで育った。

私たちの家は、家の前と後ろの周りに小さな庭がついた二軒一棟の家だった。それは私の両親が1970年代にそれを購入して仕上げるまでは、以前は地方協議会の団地だった。思い返してみると、私たち全員がその中にうまく収まっていたのは驚くべきことだった。2つの寝室しかなかったのだから。
ヨークシャーを少年から抜き去ることは決してできない。私は父さんと母さんの家のそばに古い石造りの小屋を手に入れ、私が改装して薄いベニヤ板の壁で半分に分けた部屋をロレインと共有した。幸いなことに私たちは上手くやった。私の分の半分は、私にとっては魔法の小さな世界のようだった。
私は私たちの団地やその地域を愛していた。庭の背後がすべてお互いに隣接していたように、いつもたくさんの友達が周りにいた。私は角を曲がって行き、男の子たちと通りでサッカーをしたり、外灯のところにたむろしたりしていたものだった。今は通りも変わってしまったが、その当時は太陽は決して沈まないかのようだった。両親たちが私たちを呼ぶまで、外で一緒に笑ったり楽しい時間を過ごした。

一部の子供たちとは違って、私は学校の日々を楽しんだ。標準的な子供のように、私は両親に自分がどのようにやっているかと話すことはなかった。彼らが私の先生に話しに来るのが嫌だった。

悲しいことに、団地のそばの私の最初の地元の小学校は取り壊されてしまった。年をとるにつれて、私は数学と化学が嫌いになった。ネズミを解剖した生物学の方が好きだった。宿題を片付けると外でうろうろして、地元のカレーソースのチップスをテイクアウトできる店に向かった。

私は昔の屋根のないバスから挑発のために飛び降りたものだった。Eggy(訳注:むかつくやつ、とかいらつくやつ、という意味のようです。)と呼ばれていた子がバスの後ろに座って私たちのブレザーにつばを吐いたので、たくさんの刺激は必要ではなかった。それを母さんが洗い落とすのにはずいぶん時間がかかったよ。

父さんは地元で友人たちと鋳造工場を始めた。最盛期には50人の人々を雇っていて、シルバーシャドー・ロールスロイスを運転していたが、母さんと父さんは決して家を引っ越そうとはしなかった。それよりも家族と友人たちの方が彼らにとって重要だった。母さんはその会社で秘書として働いていた。父さんがやっとその家を売ったのはミレニアム(2000年)の直前だった。

私はブルック普通科学校を2つのOレベルで去ると、すぐにそのまま鋳造工場の3年間の見習い期間に入った。素晴らしい時間を過ごした。私は一番若かったが、難しい状況に年上の男たちと一緒に放り込まれてかなり成長した。私たちは物事を深刻に考えすぎることはなかったが、仲間意識と帰属意識は誰にも負けなかった。

ロンドンに引っ越したとき、慣れるのに本当につらい時期があった。人々が自分の殻に閉じこもっていて、それほど友好的ではなかったことは、ショックで驚くべき経験だった。私は幸せではなく、ただ家に帰りたかった。私はほとんど育ったところを離れたことがなく - 父さんは飛行機に乗るのが好きでなく、私たちはボーンマス、ブライトン、あるいはコスタ・ブラーバ(訳注:スペイン)にでさえ、代わりに長距離バスで行ったものだ。結局、私は慣れたし古い友人の何人かさえも最後には南にやって来たので、私はもっと落ち着いたと感じた。

ヨークシャーを少年から抜き去ることは決してできないとはいえ、私は自分で改装した古い石造りの小屋を母さんと父さんの近くで手に入れた。共同体精神は今でもあそこではとても元気だ。不景気の影響の意識にもかかわらず、人々は今でもこんにちはと言って助け合っている。多くの産業が閉鎖になり、雇用削減が強い打撃を与えているが、地元の人々は今でも誇りを持っている。戻るのには素晴らしい場所だ。あの精神を生かし続けることは、将来の世代にとって非常に重要なのだ。

ショーンがホームシックに耐えてくれてよかった。そうでなければ、私たちはいまこの記事を読むことはなかったでしょうからね。

 

March2006a

【おまけ】
The Mighty Bean Forum でお裾分けしてもらった、ショーンの素敵な写真を1枚貼っておきます。(クリックで大きくなります。)
身なりからして、2006年3月の Telegraph の記事の写真と一緒の時のものだろうと思います。

twitter/punkt_ochibo

|

« 「カラヴァッジオ」 Blu-ray ついに発売 | トップページ | インデペンデント紙のショーン・ビーンの一問一答 »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「カラヴァッジオ」 Blu-ray ついに発売 | トップページ | インデペンデント紙のショーン・ビーンの一問一答 »