« インデペンデント紙のショーン・ビーンの一問一答 | トップページ | 2月16日ピート・ポスルスウェイト追悼式にショーン・ビーンが参列 »

ヴィゴに関するパパラッチやら、アルゼンチン映画やら...

ヴィゴに関する小ネタをまとめてご紹介します。

まずは、6月から撮影開始と言われているヴィゴ主演のアルゼンチン映画 ”Todos Tenemos un Plan” について。

Clarín.com のこちらに、共演のソレダ・ビジャミルさん(「瞳の奥の秘密」)のインタビュー記事があります。
この記事によると、彼女の役はヴィゴの奥さん役だとのこと。

ヴィゴが演じるのはアグスティンとペドロという双子の役なので、いったいどちらの奥さんなのでしょうか?
アグスティンがペドロになりすますという話なので、どちらの奥さん役だとしても見破られないのか、というドキドキする展開になりそうですね。

 

2月10日、ヴィゴはアリアドナ・ヒルさんと、マドリッドで犬を散歩させているところをパパラッチされました。
最初に出てきた写真はちょうどこちらのワンちゃんとヴィゴだけの写真だったのですが、その後 Zimbio にアリアドナさんも一緒の写真が一式登場。

さらに、Kika Press には、他の人が連れている犬をかまっている追加の写真も掲載されています。(ページ左上の Ricerca の下の Cerca という所に Viggo Mortensen と入力して検索)

 

ヴィゴが主役の猟師役の出演交渉中と伝えられている白雪姫を題材にした映画、”Snow White and the Huntsman” は、シャーリーズ・セロンが王妃役で交渉中と伝えられる他、現在クリステン・スチュワートが白雪姫役の最有力とのこと。

また、キャスティング情報サイト Acting Auditions の俳優組合情報によれば ”Snow White and the Huntsman” のアメリカにおける撮影は8月1日より12月2日。
ただし3月か4月に英国で撮影開始だそうです。

なお、現在ハリウッドでは白雪姫に題材をとった映画のプロジェクトがこの他にも、”The Brothers Grimm: Snow White” と ”Snow and the Seven” と合計3本もあります。
参考:シネマトゥデイの記事

 

ヴィゴの出演が決まったわけではないのですが、”Snow White and the Huntsman”のドラフト版の脚本だといわれるものをダウンロードして読んでみました。
これが結構面白かったです。

猟師エリックは、最愛の妻サラを白い狼に殺されていて、妻の仇を討つことに取りつかれ、どうやらしょっちゅう飲んだくれている様子。
彼の得意の武器は、投げ斧。
白い狼を仕留めそこなって、尻尾だけ切り落としたものを、腰にぶら下げています。

一方、白雪姫はプリンス・チャーマントとは幼馴染で、小さな時には一緒にお城の庭のリンゴ(半分が赤く、半分が白いというリンゴ)を食べ、もうちょっと大きくなるとリンゴの木の下でチャンバラごっこをして遊んだ仲。

自分が国中で一番美しいことを常に確認している継母の王妃は、その美貌を保つためにある恐ろしい装置を使っています。
彼女の過去にも触れているところがちょっと目新しい。

白雪姫といえば普通、7人の小人ですが、このお話では後半になって、8人の小人(ドワーフ)が登場します。

猟師エリックはひょんなことから白雪姫と一緒に森の中に逃げ込み、彼女にサバイバル術や武術を教えることに。
プリンス・チャーマントも彼女の危機を聞きつけて、助けようと駆けつけてくるのですが...

お話のラストの方は、TTTの角笛城の攻防をちょっと思い出すような、かなり場面転換が込み入った戦闘シーンになるアクション・アドベンチャーです。

最後にエリックは映画全体をかっさらいそうな見せ場があるので、ヴィゴでこれを見てみたいですね。
たまにはこういう映画に出てもいいんじゃないでしょうか。

twitter/punkt_ochibo

|

« インデペンデント紙のショーン・ビーンの一問一答 | トップページ | 2月16日ピート・ポスルスウェイト追悼式にショーン・ビーンが参列 »

Todos tenemos un plan」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん、こんにちは~。
幸せ者のわんこ、狩人の猟犬だったりして・・・。久しぶりの話題になんとなく嬉しい気分です。マドリッドは乾燥しているのかしら?今までのパパラッチ写真より服装も靴裏まで(笑)綺麗な気がしますね。

投稿: usapyon | 2011.02.13 13:10

usapyonさん
そういえば、あの脚本の狩人は猟犬はつれてなかったような...
アリアドナさんがついてるから、ちょっと小奇麗になったのかもしれませんね。

投稿: punkt | 2011.02.13 22:38

punkt様

昨日テレビで衣装デザイナーの石岡瑛子さんの特集をしていたのですが、番組冒頭で「ハリウッドから実写映画化する白雪姫の衣装デザインの依頼が入った」とさらっと触れていました。この映画のことかはさっぱり分からなかったのですが、もしそうならかなり独創的な映画になりそうです。(落下の王国の衣装も担当された方です。)
punktさんが読んでくださったスクリプトも面白そうですし、前言撤回(笑)楽しみ、実現して欲しいです。

投稿: Akemi | 2011.02.15 17:16

Akemiさん
石岡さんのTV、私もみました。
でも、現在白雪姫の映画の企画は3本あって、ジュリア・ロバーツが王妃を演じるらしいと言われている”The Brothers Grimm: Snow White”の監督さんが「落下の王国」の監督さんなので、石岡さんが衣装を担当するのはそちらではないかと思います。

投稿: punkt | 2011.02.16 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インデペンデント紙のショーン・ビーンの一問一答 | トップページ | 2月16日ピート・ポスルスウェイト追悼式にショーン・ビーンが参列 »