« ショーン・ビーンのインタビュー動画あれこれ | トップページ | ヴィゴに関するあれこれ »

ショーン・ビーン ”Cleanskin” インタビュー

Cleanskin

昨年の12月18日に、ショーン・ビーン主演の”Cleanskin”の撮影現場で、報道陣による取材を受けていたようだというニュースを以前にお知らせしたことがありました。

その時のショーンのインタビューが HeyUGuys のサイトに掲載されましたので、ショーンのインタビュー部分をご紹介します。

また、この記事の一番最後に、”Cleanskin” は今年の5月、カンヌ映画祭でお披露目される予定と掲載されています。

HeyUGuys : On Set with Sean Bean for Cleanskin

インタビューの内容は、ちょっとだけネタバレになっていますので、そのつもりで。

target="_blank"

Cleanskin とはいったい何ですか?

これは基本的にテロリズムと反テロリズムについてなんだ。私は、MI5よMI6におけるこの種の仕事の多くの経験があるユアン・キーンという役を演じる。彼は兵士で、イラクや中東を経験して何か非常にひどいことを見てきた。ある意味、彼の専門家的な取り組みにもかかわらず、彼のは個人的な復讐なんだ。彼は多くの人々がテロリズムの手によって死ぬのを見てきて、彼の人生の主要な目的はそれを正し、事態を是正することだ。彼はその意味でとても取りつかれているがとても孤独な男なのだ。彼は愛着を持つものが何もなく、一人暮らしをしていて、社会的な生活のようなものはない。彼は無名なんだ。

ユアンは多くのトラウマがあるようですが、どのようにこの役の準備をしたのですか?

ほとんどは、とても綿密に脚本を読むことからと、ハディ(訳注:プロデューサー&監督&脚本のHadi Hajaig)と彼の調査について話したことから拾い集めることができたものによる。私の調査は、物事の現在の状況について読むこと...社会的、政治的状況とこれらの課題をめぐる問題と議論について理解するのに必要なのは、ただ新聞を読むことだ。それが正しいことであろうと間違ったことであろうと、常に私たちとともにあって、間違いなく私たちみんなに影響を及ぼすのだ。

テロリズムは非常に話題の問題になってきていて、今日の文化において実際に重要視されています。これがどのように Cleanskin の受け止められ方に影響をおよぼすと思いますか?

Cleanskin は興味深く知的な映画なので、願わくば肯定的な方向であってほしいね。これはアクションいっぱいだが荒っぽくはなく、楽しませるもではあるものの深く考えるものなんだ。私の役や、ほとんど対極に位置するAbhinの役のアッシュを含めて、人々はすべての役と同じ気持ちになることができると思う。これをどのような見方で観ても何かと意見を持つだろうし、それはもう何年も何年も起こっている、とても混乱した状態なのだ。これは、リチャード獅子心王と十字軍以来の闘いで、このイデオロギーと宗教上の衝突は、これまで本当に解決したことはない。そういう意味で、これは今にはじまったことではないのだ。

それで、あなたは過去にたくさんの悪役を演じてきましたし、かつては亡命した二重スパイのアレック・トレヴェルヤンだったわけですが、Cleanskin ではあなたはヒーローですね。善玉を演じるのはどうなんでしょう?

いいよ(笑)、爽快だよ! 私は悪人を演じるのが好きなんだ。悪人は私に多くの仕事をもたらし、人前にたくさん出してくれた。

悪でいることはかなり楽しいのでしょうね?

そうなんだ! 豪勢にやることができて、本当に浮かれ騒ぐことができる。時にはとても内容が充実したおいしい部分があるけれど、私は試してそれを混ぜてるのが好きで、最近は何人かとても気に入っている非常にきちんとした人々を演じているよ。ユアンは、彼が望むものを手に入れるために彼のやり方ではとても残忍になることができる、ある意味アンチ・ヒーローなんだ。

Cleanskin には、私たちが楽しみにできる印象的なスタントはなにかあるのでしょうか?

この映画はとても肉体的なんだ。それほど前ではないが、私たちはスタントマンのピーターに火をつけて、彼は火の玉のように走り回っていたよ! アクションのいくつかは、テロリストの行動に対抗する必要があるという方法を見せるために、とても物騒で荒々しいんだ。本当に火でもって火器と闘う。だがプロットはある種、物事をオープンなまま残している。これはとても結論がない終わり方になっているので、私はこの脚本が気に入っている。これはあなた次第で考えを決めるもので、観客は彼らがどのように感じたがを理解する。

あなたは自分自身のスタントをなにかしたのですか?

ほとんどはね。大きな建物の上から飛び降りるとか、火をつけるというような本当に危険なものの場合は、それをどうやったらいいのか解っている他の誰かがいて幸いだよ! 私は多くの剣の闘いや乗馬はやっていて、それらをとても楽しんだよ。

最近のあなたのプロジェクトで、最も出てくるのを楽しみにしているのはどれでしょうか?

そう、当然 Cleanskin だね!

イギリス映画に関わることを楽しんでいますか?

自分の国にいるのはいつでも素晴らしいし、私はイギリス人スタッフ達と仕事をするのを楽しんでいるよ。彼らが周りにいる方が心地よく感じるし、誰も叫ばないからね! アメリカでは、物事を動かすためにやたらに叫びがちなスタッフがいたりするのに対して、この人たち(セットの方を指すしぐさをして)はただ仕事をこなしていくんだ。これは小さくてより親しさがセットにあって、このような映画ではより良い仕事をすると思うんだ。ただ十分なお金を得られないだけだよ!(笑)

あなたは劇場と映画から来ていますが、もっとテレビに進出しようとしていますか?

私は本当のところ、ただ近づいてくるものを見ているだけだよ。私は行動計画を持っていないし、予期しない近づいてくるものが好きなんだ。それは本当にウキウキする経験なので、良い芝居、良い脚本を持った良い監督のために舞台に戻るようにというお誘いに決してノーと言ったことはない。今、雪が降っている中にいて、私たちがまったく何にもやっていない状況とはだいぶ違うね。(笑)私たちはただウロウロしているだけなんだ。

できればもう一度やりたい役はなにかありますか?

ウェスト・エンドの舞台で演じたマクベスと言わなくてはね。これはずっと映画で演じて見たい役なんだ。ある時点ではある企画があったと思うのだが、残念ながら全部不成立になってしまった。

クリスマスと新年を楽しみにしていますか?

明日には終了して、正直なところちょっとした休暇をとろうと思う。私はあまりにたくさんの場所、ウクライナ、ノルウェー、南アフリカ、アイルランド、とあらゆるところを走り回ってきたから! 今年はほとんど自分の国にいなかったから、ちょっとした時間を子供たちと一緒に過ごすのを楽しみにしているよ。

イギリス映画はお金にならないんですね...coldsweats01
そして、いつの間にかポシャッてしまった「マクベス」の映画化。ショーンはいまだに未練があるようなんですが...

カンヌ映画祭の時にお披露目される予定のようですが、果たして日本で公開される可能性があるのでしょうか?


twitter/punkt_ochibo

|

« ショーン・ビーンのインタビュー動画あれこれ | トップページ | ヴィゴに関するあれこれ »

Cleanskin」カテゴリの記事

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

おお!カンヌ!メジャーな話題ですね。英好きのショーンさん、仏までプロモーションに行ったりするんでしょうか。ホビットはボロミア出ないだろうな、とは思ってたけど、本人の口から聞くと寂しいですね。しかし、デスレースのメイキング、空飛んでる監督さんが一番楽しそうでした。

投稿: chizu | 2011.01.24 17:27

chizuさん
>仏までプロモーションに行ったりするんでしょうか。
いちおう主演ですからね、もしも本当にカンヌでプレミアなら、当然ショーンは行くでしょう。
カンヌなら写真や記事でとりあげてもらえるから楽しみですね。

投稿: punkt | 2011.01.24 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショーン・ビーンのインタビュー動画あれこれ | トップページ | ヴィゴに関するあれこれ »