« 11月30日 ブエノスアイレスのヴィゴ(その2) | トップページ | コルドバとブエノスアイレスのヴィゴの写真とビデオ(追加) »

12月2日 コルドバのヴィゴ

20101202cordoba_1

11月30日に続いて、12月2日にはアルゼンチンのコルドバで、ヴィゴは Perceval Press の本のプレゼンテーションを行いました。

写真入りの記事やビデオクリップが出てきていますので、ご紹介します。

後でご紹介する記事などによると、この日、16:30から当初会場に予定されていた Centro Cultural España Córdoba ではプレス向けの記者会見がおこなわれ、その後で会場を Facultad de Ciencias Exactas に移し、19:30から一般向けにプレゼンテーションがおこなわれたそうです。

一般向けの会場にヴィゴたちが登場した時のビデオクリップが、YouTube にアップされています。
プレゼンテーションの冒頭部分もアップしてくださっていますので、合わせてご紹介。

Viggo en el CCEC.MPG
Viggo en el CCEC 2.MPG

すごい大歓声ですね。ヴィゴが着席する前に取り出してテーブルにセットしたのが、サンロレンソのペナントと、リーベル・プレートのペナントです。(上の写真参照)
ヴィゴが何を言っているのか聞き取れないのですが、一緒に登場したTaloさんの反応からすると、Taloさんがサポートしているチームがリーベル・プレートなのかもしれません。(ちなみにリーベル・プレートも本拠地はブエノスアイレスです。)

今回は、このプレゼンテーションそのものが Ustream で中継されていました。
私は出勤途中~会社だったのでリアルタイムで見ることはできませんでしたが、現在は Ustreamのこちらで全部を見ることができます。

91分もあるのでまだ全部は見ていませんが、冒頭数分でこんなシーンが。(下の写真はクリックで少し大きくなります。)

20101202cordoba_2jpg20101202cordoba_3jpg

テーブルの真ん中に、ヴィゴが入ってきた際にファンから手渡されたジャスミンの小さなブーケが置いてあったのですが、ヴィゴの本の編集者を務めたグスターボ・ロペスさんが熱心に紹介をしている間に、なんかごそごそしていたヴィゴ。
やおら手を伸ばしてブーケを取ったかと思うと、またテーブルの下でごそごそしていたかと思うと、飲むために目の前におかれていたグラスにお花を生けてテーブルに飾ってました。(爆)
おまけに、ちょっと気に入らなかったのか途中で手直しするし。coldsweats01

ヴィゴが最初に朗読した詩は、フェデリコ・ガルシア・ロルカの詩だそうです。
また、後から登場してTaloさんの詩を朗読していた女性は Reyna Carranzaさんと言って、コルドバの小説家で詩人の方のようです。

写真入りの記事としては、

LaVoz Ciudadanos
Día a Día.dom.ar(写真をクリックすると大きくなります)

また、Negro&White というブログに、何枚も写真が入った記事があります。

前回、ブエノスアイレスのプレゼンテーションの紹介記事で、Talo Kejnerさんにヴィゴが会ったのはLOTRの撮影時と書きましたがそれはちょっと違っていて、Taloさん本人ではなく彼の息子のCamiloさんがLOTRの仕事をしていてヴィゴと知り合いになり、お父さんがたくさん詩を書き溜めているという話をしたことから、その詩をヴィゴが読んだ、ということだそうです。

プレゼンテーションの後は、いつものように大サイン会だったようです。

|

« 11月30日 ブエノスアイレスのヴィゴ(その2) | トップページ | コルドバとブエノスアイレスのヴィゴの写真とビデオ(追加) »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月30日 ブエノスアイレスのヴィゴ(その2) | トップページ | コルドバとブエノスアイレスのヴィゴの写真とビデオ(追加) »