« 10月27日 ヴィゴはバルセロナで本のプロモーション | トップページ | シチリア旅行 - 4日目 -ピアッツァ・アルメリーナとラグーザ »

デンマークのヴィゴとバルセロナのヴィゴの追加

デンマークとバルセロナのヴィゴに関する記事や写真、ビデオの追加です。

まず、10月25日にダネブロー騎士勲章を頂いた時のことについての Avisen.dk の記事がちょっと面白かったのでご紹介しましょう。
デンマーク語から英語への自動翻訳をかけて読んでいますので、間違っているところもあるかもしれませんが...

アラゴルンは女王陛下と会う前に震えた

ヴィゴ・モーテンセンはいまや彼自身を Ridder af Dannebrog(ダネブローの騎士)と呼ぶことが出来る。だがこの俳優は女王陛下にお礼を申し上げる際に緊張に苦しんだ。

半分デンマーク人のハリウッドのヒーロー、ヴィゴ・モーテンセンは、ロード・オブ・ザ・リングの中で血に飢えたオークたちの大群を切り倒してきた。

だがこの俳優は、彼の最も高級な服を引っ張り出してマルガレーテ女王陛下の謁見を賜った際には足が震えた。

「毎日、独りで女王陛下とお話をしているわけではないからね。」と彼は Billed-Bladet に語った。
52歳のこの俳優は、今年の早いうちに頂いた騎士の十字章について陛下にお礼を申し上げるためにアマリエンボー宮殿を訪れた。

また王族との会合の前に、彼は首尾よく会う機会そのものを作り出せるかを心配していた。聞くところによると、女王陛下はすでにヴィゴのファンの1人だとのこと。

「騎士の十字章をとても誇らしく幸せに思います。そしてこれはとてもドキドキする経験でした。女王陛下は人々が彼女と話しやすいようにしてくださいました。陛下はとても気さくで、優しく、歓迎してくださいました。」とモーテンセンは言った。

さしものヴィゴも、女王陛下とお話するのはかなりの緊張だったのですね。wink

 

27日のバルセロナの方の写真やビデオの追加については、Erikoさんに教えていただきました。

Lainey Gossip のこちらの記事には、Splashnewsonline.com からとのことで6枚の写真がアップされています。(クリックで大きくなります。)

20101027_barcelona_4

YouTube のこちらには、europapress のビデオクリップがあります。

同じもので、ウォーターマークなしですが少し画像が粗いものが La Rioja Web TV のこちらにもあります。

 

twitter/punkt_ochibo

|

« 10月27日 ヴィゴはバルセロナで本のプロモーション | トップページ | シチリア旅行 - 4日目 -ピアッツァ・アルメリーナとラグーザ »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

>彼の最も高級な服を引っ張り出して

うぅ…だから何を着て行ったのか、知りたいんですが…
やっぱり新調しなかったのかな?
まっ、「ホワイトタイさえしていれば、細かい事は言いません」とか聞いたのかもしれませんね。女王陛下は、ヴィゴ本人にお会いになりたかったんですもの。

投稿: spring | 2010.11.01 00:06

springさん
>彼の最も高級な服を引っ張り出して
まあ、これは比喩的な、ある種紋切り型の表現だろうと解釈してます。(ですよね?)
勲章をだれに授けるかを決めるのは女王陛下の専権事項だそうですから、「マッツとヴィゴ」っていう段階で女王陛下もやっぱりそう思いますよね、というところです。happy01

投稿: punkt | 2010.11.01 01:13

はじめまして。
アラゴルン様以来のViggoファンです。(アラゴルン様自体は、指輪物語を読んだ30数年前以来のファン)
いつも、実に多彩で行き届いたViggoの情報をこちらのサイトからいただいて、いっぱしのViggoファンになった気になっています。どちらかというと、アラゴルンやアラトリステなどという、強くて優しくて汗と泥にまみれた汚い?Viggoが一番好きです。

実は、いい年をして、スペイン語を習い始めました。スペイン語のモチベーションは自転車ロードレースのスペイン人選手のファンになってしまったからなのですが、彼は今、身に覚えのない(ファンは皆潔白を信じてます!!)ドーピング問題で「悪夢」の中にいます。彼は来年からデンマークのチームで走るはずなのですが、デンマークとスペインとが見事に結びついたと思ったら、こっれって先駆者はViggoだったんですね!!サッカーだけでなく、デンマークチームの中のスペイン人自転車選手を応援してくれるViggoを妄想中です。
(ちなみにスペイン語の先生は、日系アルゼンチン人の女性です。)
デンマークで勲章をもらって、バルセロナで詩を読んでいるViggoを見て、ついコメントをお送りしてしまいました。

投稿: mromango | 2010.11.03 15:57

mromangoさん
こちらこそはじめまして。
>スペイン語のモチベーションは自転車ロードレースのスペイン人選手のファンになってしまったからなのですが...
ああ、そういうのはとってもいいモチベーションですよね。
私もヴィゴとショーンのファンになったおかげで、以前は苦手だった英語をすごく読むようになりましたから。
スペイン語もTVのスペイン語講座をちょっと見てみたり、ヴィゴのせいで明らかにスペイン語に対する興味もでてきました。
デンマーク語はさすがに皆目分からないのですが、それでも英語への自動翻訳というちょっとした道具のおかげでなんとか...
これからもどうぞよろしく。

投稿: punkt | 2010.11.04 00:06

ここ数週間、ゆっくりPCでネットにつないで…ということができなくて、あまりヴィゴニュース読めてなくて、全然コメント書き込みもできてなくて、
別に誰に責められるわけでは無いのですが、自分で自分がいやん(^-^)な感じです。

もう少ししたら、まとめて書き込みにまいります。
今度の土日? (うーむ)

東京の劇場にこの前まででていた、バルセロナ育ちの若いスペイン人俳優に、ちょっとばかり気持ちを持ってかれていたのも、原因の一つかも。( ´ ▽ ` )ノでもスペイン語まで興味が広がらないのがワタシ・・・・

あ! 合唱の。 今年は行けないのが本当に残念です。

投稿: mizea | 2010.11.04 23:40

mizeaさん
ヴィゴはまた潜伏期(笑)に入ってしまいましたので、しばらく新しいニュースも出てこないでしょうし、ゆっくりと過去記事をチェックしていただければよろしいかと。

合唱の方まで気にかけてくださってありがとうございます。

投稿: punkt | 2010.11.05 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月27日 ヴィゴはバルセロナで本のプロモーション | トップページ | シチリア旅行 - 4日目 -ピアッツァ・アルメリーナとラグーザ »