« Perceval Press よりヴィゴの詩の朗読とピアノのCD発売 | トップページ | ショーン・ビーンの”Death Race 2”のBlu-ray、アメリカでは1月18日発売 »

シチリア旅行 - 3日目 - パラッツォ・アドリアーノとアグリジェント

9月25日、旅行の3日目。
今日は世界遺産であるアグリジェントへ行きます。
その途中で、映画「ニュー・シネマ・パラダイス」のロケ地であるパラッツォ・アドリアーノに立ち寄ります。
(本日訪れた場所の地図はこちら

20100925_05

パレルモからアグリジェントに向かう途中に立ち寄るのは、ジュゼッペ・トルナトーレ監督、1989年の名作「ニュー・シネマ・パラダイス」(公式サイト)のロケ地だった、内陸部の村パラッツォ・アドリアーノ。

パレルモからは車で2時間程度。
移動のバスの中で「ニュー・シネマ・パラダイス」のDVDを上映してくれましたので、バスがまさにあの映画館が面していた広場に停まったときには、おおっ! という感じでした。

映画で出てくる映画館は広場に建てられたセットだったそうですが、それ以外の広場に面していた建物、噴水などは今もそのままの姿です。

広場に車がいっぱい停まっているのがちょっと映画とは趣を異なったものにしていますが、コッポラ帽(シチリア風のハンチング)をかぶった中年の男たちがたむろしている姿は、そのまま映画の中から抜け出してきたよう。

広場のすぐそばにはこの映画の小さな博物館があって、撮影現場やキャストの写真や小道具などが展示されています。

主人公の愛くるしい子供時代のトト少年を演じていたサルヴァトーレ・カシオはこの村の子供で、現在は隣町でスーパーマーケットを経営している30歳過ぎの普通のおじさんだそうです。happy01

トイレを借りるためにバールで飲物を注文したのですが、さすがにここでは英語が通じなくて片言のイタリア語の腕前を試すことに。ちなみにエスプレッソ(カフェ)が1杯60セント(約70円)でした。

そうそう、土曜日にシネスイッチ銀座に行ったら、このジュゼッペ・トルナトーレ監督の新作「シチリア! シチリア!」(公式サイト)の予告編をやってました。ぜんぜん知らなかったのですが、あまりにタイムリーなのでびっくりでした。

 

20100925_08

パラッツォ・アドリアーノを後にして、こんな(→)景色を眺めながら本日の目的地アグリジェントへ。
アグリジェントに到着してお昼ご飯を済ませた後、いよいよ遺跡の見学です。

ここはギリシャ時代の神殿などの遺跡があり、「アグリジェントの考古的地域」というタイトルで世界遺産にも登録されています。

「神殿の谷」という名前で呼ばれているのですが、実際は神殿の遺跡は丘の尾根づたいにほぼ一直線上に点々と並んでいます。

20100925_10

まず一番丘の高いところにあるヘラ(ジュノー)の神殿跡に。
ヘラは最高神ゼウスの妻で結婚を司る女神。

パラッツォ・アドリアーノでは曇っていた空も、この頃にはすっかり晴れ渡って遺跡見物には最高の天気になってきました。

20100925_11

ヘラの神殿跡からは、この神殿群の中で最も保存状態の良いコンコルディア神殿を望むことができます。

このコンコルディア神殿まで見えている道を私たちは歩いていくことになります。

現地の女性ガイドさんが日本語が上手な方で、途中で生えている植物まで丁寧に説明してくださってとても良かったです。

あたりにあるのはオリーブ、アーモンド、そしてダイヤモンドの重量の単位カラットの語源になったとも言われているイナゴマメ
イナゴマメは甘味料としても使われていたのだとか。

20100925_13

「コンコルディア」とは調和という意味で、神殿の名前の由来はこの辺りから発見された石碑にこの単語があったから、ということで祭られていた神様とは関係ないそうですが、大変に調和のとれたその美しい姿にぴったりの名前だと思います。

さらにその先に行くと、ヘラクレスの神殿跡があります。
こちらは20世紀になって復元されたたくましい柱が8本立っているだけですが、アグリジェントの神殿の中では最も古いものだそうです。

ヘラクレスの神殿のさらに先にはゼウスの神殿跡があります。
こちらは最大の神殿(床面112.6m×56.3m、柱の高さ17m)だったそうですが、早い段階で破壊されて今では瓦礫の山。しかも多くの石が他の建築の材料として持ち出されたということで面影はほとんど残っていません。

20100925_18

ただ、瓦礫の山の中に残っている柱頭の巨大さは目を見張るものがあって、これが上に乗っていた柱の大きさが偲ばれます。

遺跡を一通り見た後は、考古学博物館へ。

こちらには、ギリシャ時代の赤絵の壺、神殿を飾っていたであろう大理石の像など、なかなか素晴らしいものがあります。

ひときわ目をひくのが、ゼウスの神殿跡にレプリカが置いてあった巨大な人型の柱テラモーネ。
これが実際の神殿ではほんの一部分だったということが良くわかる模型もあって、ゼウスの神殿がいかに巨大だったかが良くわかります。

観光終了後、アグリジェントの海岸沿いのホテルに到着。
部屋からもホテルのプール越しに海が望める、リゾートタイプのホテルでした。

夜はライトアップされた神殿を車窓に見ながらレストランへ。
アランチーニ(ボール状のライスコロッケ)もおいしかったです。

 

今回も写真はクリックで大きくなります。
また、ブログに載せきれなかった写真はこちらにまとめてあります。

twitter/punkt_ochibo

|

« Perceval Press よりヴィゴの詩の朗読とピアノのCD発売 | トップページ | ショーン・ビーンの”Death Race 2”のBlu-ray、アメリカでは1月18日発売 »

シチリア旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Perceval Press よりヴィゴの詩の朗読とピアノのCD発売 | トップページ | ショーン・ビーンの”Death Race 2”のBlu-ray、アメリカでは1月18日発売 »