« ショーン・ビーンは Handsworth FCの理事に就任 | トップページ | Dancing Fellowship »

「ヒックとドラゴン」「トイ・ストーリー3」

How_to_train_your_dragonアニメーションだからと言って、お子様向けとあなどるなかれ。
見てからだいぶ時間がたってしまいましたが、3Dアニメの名作2本の感想です。

 

ヒックとドラゴン

原題: How to Train Your Dragon
公式サイト

ドラゴンたちとの戦いに明け暮れるバイキングの島で、バイキングの族長の息子でありながら何をしても冴えない少年ヒックが偶然撃ち落としたドラゴン。
それは誰も姿を直接見たことがないナイト・フューリーでした。
傷ついたドラゴンの止めをさす事ができなかったヒックは、このドラゴンをトゥースと名付けて次第に心を通わせていきます...

アメリカで公開された時、口コミで圧倒的に高い評価を得ていると聞いていたので日本公開を楽しみにしていた作品でした。

ところが日本では宣伝方法が悪いのか、「トイ・ストーリー3」や「借りぐらしのアリエッティ」とぶつかった時期が悪いのか、見に行ったのは公開初日だというのに、シネコンで割り当てられたのは小さなスクリーンだし、客席もかなり空席が目立つ寂しい状態。

でも、やはりとても良い作品でした。
ドラゴンを下手に擬人化することなく、トゥースと信頼関係を築いていく過程を丁寧に見せているのがいいですし(原題の How to Train Your Dragon の通りですね。)、何といってもドラゴンに乗って飛翔するシーンが気持ちいい。

とってもユニークで多彩なドラゴンたちの造形もとっても楽しいですよ。

最初は爬虫類的な感じだったトゥース(本当はトゥースレス Toothless、つま「歯無し」なんですよね。)が、懐いてくるとどんどん可愛くなってくるし、ドラゴンって猫? なシーンもあります。

最後もすべてめでたしめでたしだけでは終わらない、主人公は偉業を成し遂げるも失ったものもある、という物語は、いかにも北欧神話やサガ、あるいは指輪物語にも通じるものがあって、優れた物語だと思います。

ほとんど吹替え版の上映しかなくて、字幕版は2Dで全国でも2か所しかないのがちょっと残念ですが、ぜひご覧になることをオススメします。

 
 

Toy_story3

トイ・ストーリー3

公式サイト

私はトイ・ストーリーの1も2も見ていないのですが、毎回、圧倒的に高い水準のアニメーション映画を提供しているピクサーの作品ですし、3だけ見ても十分に楽しめますよ、という話を聞いたので見に行きました。

こちらもとっても良かったです。

持ち主が成長して、もうおもちゃで遊ばないような年ごろになった時、おもちゃたちはどうなるのかという問題を、おもちゃたちの視点で描いた、面白くてやがてちょっと切ない物語です。

もちろん子供も楽しめますが、むしろ昔子供だった大人の方がよりジーンときそう。

私も子供のころ大事にしていたぬいぐるみを捨てられそうになって、ゴミ置き場まで取り戻しに行ったことなどを思い出しながら、最後は涙、涙でした。

ケンとバービーのくだりなどめちゃめちゃ可笑しいシーンも一杯です。

twitter/punkt_ochibo

|

« ショーン・ビーンは Handsworth FCの理事に就任 | トップページ | Dancing Fellowship »

映画」カテゴリの記事

コメント

私はトイストーリー、1から全部見ているのですが、3、お気に召したなら、ぜひ、1,2も見てください!オススメです。あの幸せなラストシーンには私も涙、涙でした。しかし、ピンクのくま、ほのぼの癒し系かと思ったらとんでもないな!

投稿: chizu | 2010.08.20 15:10

chizuさん
やっぱり1と2もオススメですか。
1は特に名作だと聞いていましたから、今度見て見ることにします。

投稿: punkt | 2010.08.21 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショーン・ビーンは Handsworth FCの理事に就任 | トップページ | Dancing Fellowship »