« ”Black Death” のDVDは10月18日発売予定 | トップページ | EMPIRE のショーン・ビーンのインタビュー記事 »

「ザ・ロード」のロケ地マップとVFXについて

The_road_xザ・ロード」の公開も東京では4週目に入ったので、地方ではまだこれから公開のところも多いですが、トリビア的話題をとりあげてみましょう。

「ザ・ロード」のロケ地として分かっている範囲でGoogle Mapにプロットしてみました。

 「ザ・ロード」撮影地マップ

私が知っている範囲でどのシーンを撮影した場所か説明も入れてありますので、左の一覧から選択してクリックしてください。
参考となる YouTube のアドレスも書いてありますがリンクにはできなかったので、アドレスをコピー&ペーストしてご覧ください。

また、右上から選択して「航空写真」モードで見ると大地の色がそこだけ変色している箇所がわかります。

さらに地域を拡大したところで、「その他」の「写真」にチェックを入れると、ほぼロケ地そのもの写真を見ることができる場所もあります。

いかに実在する風景で撮影したかがわかりますし、すぐ続いたシーンがとんでもなく離れた場所で撮影されていたりして、なかなか興味深いですよ。

また、WIRED VISION の 現実の隣にある「崩壊世界」:映画『ザ・ロード』画像集 という記事は、英語版の WIRED.com の記事の抜粋版ですが、使用された映像の解説があって参考になります。

日本語抜粋版では省略されてしまっている、ヴィゴの撮影箇所に言及したところが英語版にはありましたので、そこだけちょっと抜き出して訳しておきます。
難破した船の画像の下になります。

浸水した船

ヒルコートは、ヴィゴ・モーテンセンが男の役として服を脱いでオレゴン沖の氷のような波に向かって進んだシーンの撮影を回想した。「ヴィゴが波にぶつかったとたん、体への衝撃で彼の肺からすべての空気がまさに『ヒューッ!』と出てしまった。」とヒルコートは言った。「私たちは(映像の)フレームのすぐ外にジェットスキーに乗った人を待機させていたので、私が『カット』と言うや否やヴィゴをつかまえて温めるために乗り物に乗せた。」

原作「ザ・ロード」より:
ああなんという寒さ。...彼は裸で海に入り途中で立ちどまって身体を濡らした。それから水しぶきをあげながら重い足を進めて頭から飛びこんだ。


実在のロケ地で撮影した映像に、どの程度、どんなVFX(Visual Effect)が施されたかがわかるのが、Philadelphia City Paper のこちらの記事

今回の映像処理を担当したDIVEの手によって、元の画像がどんな風に手を加えられたかが加工前後で比較されていて良くわかります。
それぞれの写真はクリックで大きくなりますので、比べて見てみましょう。

さらに、DIVEのサイトのこちらで、「ザ・ロード」を含む映像の処理の様子がわかるビデオクリップが公開されています。
左下の view VFX REEL というところをクリックしてください。

twitter/punkt_ochibo

|

« ”Black Death” のDVDは10月18日発売予定 | トップページ | EMPIRE のショーン・ビーンのインタビュー記事 »

The Road」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”Black Death” のDVDは10月18日発売予定 | トップページ | EMPIRE のショーン・ビーンのインタビュー記事 »