« EMPIRE のショーン・ビーンのインタビュー記事 | トップページ | 「ザ・ロード」の上映予定劇場追加 »

「闇の列車、光の旅」

Sin_nombre感想を書いていなかった映画から...

 

闇の列車、光の旅
原題: Sin Nombre
公式サイト

ホンジュラスから父と叔父と共に不法移民しようとアメリカを目指す娘サイラ。
アメリカ行きの貨物列車の屋根の上は、彼らのような不法移民を目指す貧しい人々でこぼれ落ちんばかり。
そこにメキシコのギャング団の若者たちが乗り込んできて、貧しい人々のなけなしの金品を巻き上げる。
ギャング団の若者カスペルは、サイラに乱暴しようとしたリーダーを思わず殺してしまい、裏切り者として命を狙われることに...

自分の国にいても何も希望をもてないからと、アメリカを目指す中南米の国の人々。

そして命がけでアメリカを目指す貧しい人々から金品をむしり取るメキシコのギャング団の若者たち。
彼らも、暴力と命のやり取りでがんじがらめの組織に、ほんの子供の時に引きずり込まれて一生抜け出せないのですね。
新入りの少年は敵対するギャング団のメンバーを殺せば、やっと一人前と認められるような恐ろしい世界。

そんなギャング団のメンバーだったカスペルを、自分を助けてくれたからとひたすら信頼し頼りにするサイラとの淡い心の交流が、ほんのりと心を温めてはくれますがなんとも過酷な世界です。

悲劇的で残酷でもありますが、最後にかすかな希望があるので、見終わった後の感じは思いのほか清々しい。

脚本・監督のキャリー・ジョージ・フクナガは、取材のため実際に移民たちと一緒に列車の屋根の上の旅を丸一日以上おこなったのだそうで、その時の経験が映画の中に盛り込まれているのだとか。
原題はスペイン語で「名なし」という意味です。無名の人々の話、といったニュアンスなのでしょうか。

プロデューサーには、メキシコ出身の俳優で親友同士であるガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナが名前を連ねています。

|

« EMPIRE のショーン・ビーンのインタビュー記事 | トップページ | 「ザ・ロード」の上映予定劇場追加 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EMPIRE のショーン・ビーンのインタビュー記事 | トップページ | 「ザ・ロード」の上映予定劇場追加 »