« 「父の名のもとに」 La Nacion 2010年6月22日のヴィゴのインタビュー記事 | トップページ | ”A Dangerous Method” 撮影現場の写真登場 »

ヴィゴは30日よりウィーンで撮影

オーストリアから一斉に、”A Dangerous Method” 撮影に関する記事が出てきました。

oe24.at のこちらの記事によると、キーラ・ナイトレイとヴィゴ・モーテンセンが、30日から3日間の予定でウィーンで撮影とのこと。
また、その後、キーラ扮するザビーナがユングと会うスイスのシーンは、ボーデン湖のオーストリア側で撮影予定だそうです。

Café Puls のこちらの記事こちらのビデオクリップ(ヴィゴも登場しますが、昨年のヴェネチア映画祭の映像だったりします。)でも、キーラとヴィゴがウィーンに来ると言っていますね。

ところが、krone.at のこちらの記事によると、ウィーンにはヴィゴだけでキーラは来ていないようです。

ウィーンでの撮影場所は、ウィーン大学の向かいの Moelker Bastei、ベルベデーレ宮殿の公園の中、かつてフロイトが住んでいて現在はフロイト博物館がある Berggasse など。
野次馬などが入らないように道路を一部閉鎖したりして撮影をおこなっているようです。

Vorarlberg Online のこちらには、フロイト博物館の前で撮影の準備をしているスタッフらしい写真があります。

こちらの記事によると、スタッフたちは29日からウィーン入りし、Berggasse の通りを30日の朝9時から夜20時まで封鎖して撮影をおこなうそうです。
7月1日にはベルベデーレで撮影。

またキーラは、ウィーンの今回撮影するシーンには直接出演しないものの、セットをちょっと見に来たということのようです。

 

【追記】もうちょっと撮影風景らしい写真をErikoさんに教えていただきました。

Heute.at :数枚の写真をご覧いただけます。
映っているのはミヒャエル・ファスベンダー、サラ・ゴードン、クローネンバーグ監督。

 

【さらに追記】 ついに Erikoさんがヴィゴの写真を見つけてくださいました。

Rex Features のこちらに小さいですが、フロイトになってるヴィゴが...
トレイラーの外にはアルゼンチン国旗とサンロレンソのシャツ。
本人もサンロレンソのシャツ姿ですね。
フロックコートのような衣装を着てればフロイトですが、サンロレンソシャツにサングラスの姿はかなり怪しい人です。(笑)

twitter/punkt_ochibo

|

« 「父の名のもとに」 La Nacion 2010年6月22日のヴィゴのインタビュー記事 | トップページ | ”A Dangerous Method” 撮影現場の写真登場 »

A Dangerous Method」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

ウイーンでの撮影風景というより、南アフリカでの応援風景といわれたほうがしっくりきますね〜(笑)

W杯の間はお仕事をしないつもりなのかと思ってましたが、ちゃんと予定が入っていたのですね。
フロイト博士への変身ぶりを楽しみに完成を待ちます♪

投稿: mate_tea | 2010.07.01 20:50

mate_teaさん
いつもは仕事熱心なヴィゴも、ワールドカップの最中は気もそぞろなんじゃないかと...
ちゃんとフロイト博士になってる写真もでてきましたね、カラス持ってますが。

投稿: punkt | 2010.07.02 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「父の名のもとに」 La Nacion 2010年6月22日のヴィゴのインタビュー記事 | トップページ | ”A Dangerous Method” 撮影現場の写真登場 »