« A Dangerous Method の役作りについて:ヴィゴのインタビュー記事より | トップページ | デニス・ホッパー追悼 : ヴィゴのデニスへの手紙 »

映画とオペラの「ドン・ジョヴァンニ」

Io_don_giovannni今月は「ドン・ジョヴァンニ」関連の映画を2本観ましたのでまとめてご紹介します。

 

「ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い」
原題: Io, Don Giovanni
公式サイト

モーツァルトのオペラ「ドン・ジョヴァンニ」はあまりにも有名ですが、この映画はこのオペラの台本を書いた劇作家、ダ・ポンテが主人公です。

冒頭、いきなりモーツァルトではなくて、ヴィヴァルディの「四季」が流れてきて??と思ったら舞台がヴェネツィアから始まったのでようやく腑に落ちました。

ダ・ポンテは「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」とモーツァルトのオペラの代表作の台本を書いた劇作家ですが、この映画の話ではまさに「ドン・ジョヴァンニ」そのままの生活をしていた、プレーボーイとして登場します。
モーツァルトと協力して「ドン・ジョヴァンニ」を創っていく過程で、オペラとダ・ポンテの生き方がダブって見えてくるというお話。

サリエリやかの有名なカサノヴァも登場するので、歴史物好きの方には楽しめる映画です。
「アマデウス」をご覧になった方なら、いろいろと比較して思い出す部分もありますよ。

東京での上映は、今週金曜日までです。

 

どうやって「ドン・ジョヴァンニ」が作られたか、その制作裏話的なお話を見たら、今度は本当のオペラの方を見たいところですが、ちょうど良いタイミングで映画館で見ることができました。

 

Don_giovannni

ドン・ジョヴァンニ
ロイヤル・オペラ・ハウス 2008年上演
公式サイト

World Classics@Cinema という、ヨーロッパのオペラとバレエの名作をライブ収録したものを映画として見せてくれるシリーズがあるのですが、その中にちょうど「ドン・ジョヴァンニ」があったのです。
1週間しか上映期間がなく、しかも1日1回上映なので、初日の29日に行ってきました。

これはとても素晴らしかったです。
そもそもモーツァルトの音楽が素晴らしい上に、歌手たちの歌も演技も粒ぞろい、演出や衣装も素晴らしく、とても楽しめました。

なかでもタイトルロール、ドン・ジョヴァンニ役のサイモン・キーンリーサイドがとてもカッコよくて魅力的。
これなら女性たちが騙されるというのも納得。バリトンの美声にもうっとりです。
しかもスタイルが良いからなのか、ドン・ジョヴァンニの肉体美まで披露するシーンがあったりして(上の写真参照)...happy01
普通、このシーンでドン・ジョヴァンニがこんな格好をすることはありませんからね。

ちなみに、このドン・ジョヴァンニが地獄に飲み込まれる有名なシーンだけのビデオクリップを YouTube こちらで観ることができます。

他にもマゼット役のロバート・グリードゥはなかなかハンサムだし、レポレッロ役のカイル・ケテルセンもチャーミング、騎士長のエリック・ハーフヴァーソンは顔も声も迫力があって良かったです。
女性歌手のみなさんもとても良かったのに、気の毒だったのは序曲のところで役柄を紹介するアップの映像がどの女性もひどく不細工に撮られていたこと。
舞台上で歌ったり演技している時はずっとチャーミングだったので、もっと写真の撮りようがあったと思うのですけどね。あれじゃぁ、あんまりです。

すっかりサイモン・キーンリーサイドが気に入ってしまったので YouTube を漁っていたら、1996年にパリのガルニエでコシ・ファン・トゥッテのグリエルモを歌っている映像があったのですが、そのコメントで、

彼はオペラのヴィゴ・モーテンセンのようだ。控え目で押し殺されたセクシーさと音程の完璧なテクニック。

というのがあって、すごく受けてしまいました。
経歴を調べてみたら年もヴィゴと1つ違いの1959年生まれ。なんとなく雰囲気とかヴィゴに共通するものがあるような気がします。
歌もさることながら、演技がとても上手なんですよね。

これから上映される地方もあるようなので、ご興味のある方は上映スケジュールをチェックしてみてください。

twitter/punkt_ochibo

|

« A Dangerous Method の役作りについて:ヴィゴのインタビュー記事より | トップページ | デニス・ホッパー追悼 : ヴィゴのデニスへの手紙 »

Simon Keenlyside」カテゴリの記事

オペラ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A Dangerous Method の役作りについて:ヴィゴのインタビュー記事より | トップページ | デニス・ホッパー追悼 : ヴィゴのデニスへの手紙 »