« Happy Birthday Sean Bean & The Lost Future初画像 | トップページ | 「17歳の肖像」、「オーケストラ!」 »

ショーン主演の”The Magnificent Eleven”続報

Magnificent_eleven以前に第一報をご紹介したことがある、ショーン・ビーン主演が予定されているコメディー映画 ”The Magnificent Eleven” の続報が出てきました。

News of the World のこちらと、Herald Scotland のこちらで、どちらも記事を書いているのは Brian Pendreigh と同じ方です。

まずは、News of the World の方を全文ご紹介します。

アーヴィン・ウェルシュは、名作西部劇「荒野の七人」をガンマンたちの代わりにアマチュア・サッカー選手たちでリメイクする。

そして、この「トレインスポッティング」の原作者は、すでに人気スターのショーン・ビーンとダグレイ・スコットをこの映画のおいしい役のためにかき集めている。

1960年の人気映画は - これ自身が日本映画「七人の侍」のリメイク - 無法者たちからメキシコの村を守るカウボーイ役のスティーブ・マックィーンとユル・ブリンナーをスターにした。

だが今回のバージョン”The Magnificent Eleven”では、ヒーローたちは日曜リーグの選手たちで、彼らは団結して、用心棒代を要求する悪党からインド料理店を守る。

ダグレイ(44歳)とジェイムズ・ボンドの悪役ショーン(50歳)は、The COWBOYS という名で知られるチームの2人のメンバーを演じる。

そして、ハリウッドのベテラン、ロバート・ヴォーン(77歳) - 「荒野の七人」ではリー - は悪役を演じる予定。

アーヴィン(51歳)は私たちに「私たちはこの夏に撮影したいと願っている。」と語った。

脚本を微調整し新しい本を出すこの作家は付け加えた、「私はこの本の手が離せなくて、公式にアナウンスされる予定のカンヌ映画祭には間に合わないよ。」

アーヴィンは以前にテレビの監督はやっているものの、これは彼にとって最初の長編映画の監督となる予定だ。

エディンバラ出身の無所属の作家は、かつてパブリックスクールの生徒にして陸軍将校、今や映画プロデューサーで脚本家のジョン・アダムとチームを組んでいる。

まるで縁のなさそうなこの2人は2年前、2人が ITV のダーツのドラマ ”Good Arrows”の仕事で出会った。

ジョン(31歳)は「サッカー選手たちは失業してチームを続けることができなくなる。彼らはインド料理店に最後の晩餐にでかけ、支払いをすることができなくなり、そこで彼らは支払いのためにその店で働くことになる - そして悪党たちに対して立ち上がるんだ。」と言った。

ジョンは、この映画にロバートを得られたことを喜んでいると認めた。

彼は「私たちは彼にカメオをオファーしたんだ。ところが彼は悪役をやりたがったので、私たちは
飛びついたよ。」と言った。

ポール・バーバー(58歳)は - ”Only Fools & Horses”(訳注:イギリスの人気TVコメディー・ドラマシリーズ)で Denzil を、「フル・モンティ」でホースを演じた - はチームのコーチを演じる。

ジョンは「これはお金に困った男たちの、イギリスの自虐的なユーモアのセンスと再集結の話なんだ。」と言う。

「私たちがちょっとでも『フル・モンティ』と同じように上手くできればものすごく幸せだよ。」

ということで、失業中のうらぶれたおっさん達が頑張る話で、フル・モンティ路線を目指す作品のようです。
Herald Scotland の方のあらすじはもうちょっと詳しくて、

「サッカー選手たちは失業していて資金不足になり、チームを続けられなくなる。彼らは町で唯一、彼らが立ち入り禁止にされていないレストランのインド料理店に最後の晩餐に行き、代金を支払えない。」

彼らは選手たちがこのレストランで働く取り決めをし、そしてオーナーがこのチームのスポンサーになることに同意する。「ついに悪党どもがこのレストランに入ってきたとき、サッカーチームの4人が仕事中だった。彼らは悪党たちに対して立ち上がるが、悪党たちはギャングの助力を得て戻ってきて、彼らを町の外に裸で追いだす。」

とのこと。
このサッカーチームのメンバーたちは、すでにインド料理店以外は出入り禁止状態という設定のようですね。

代金を払えなくて店で働く、なんていうシチュエーションだとすると、おおよそ接客業向きじゃないブスッとした強面のおじさんたちがウェイターや皿洗いという、おいしい場面が楽しめそう。

いちおう制作会社( Angry Badger Pictures )と配給会社( Stealth Media Group )も決まっていますので、映画は来年の公開を目指しているそうです。

 

twitter/punkt_ochibo

|

« Happy Birthday Sean Bean & The Lost Future初画像 | トップページ | 「17歳の肖像」、「オーケストラ!」 »

Sean Bean」カテゴリの記事

The Magnificent Eleven」カテゴリの記事

コメント

うわ~、ショーンさん、サッカー選手の役だから出演決めたんじゃないでしょうね。でも、仏頂面のウエイターやサッカーをするショーンさん、見たい!

投稿: chizu | 2010.04.19 17:53

chizuさん
>サッカー選手の役だから出演決めたんじゃないでしょうね。
もちろん、サッカー選手の役だから出演決めた可能性大ですよ(爆)
サッカーシーンの撮影で張り切り過ぎて怪我などしないように頑張っていただきたいものです。happy01

投稿: punkt | 2010.04.20 00:19

可能性大というより、その可能性しかないのでは?(笑)

>彼らを町の外に裸で追いだす。

ってあたりも「フル・モンティ」っぽいですねぇ。
ショーンさんも当然・・・なのですよね。
うーん、これはもし日本公開してくれなさそうだったら、「ホット・ファズ」のように上映嘆願運動するしかないかも、、、

投稿: mate_tea | 2010.04.21 23:49

mate_teaさん
>ショーンさんも当然・・・なのですよね。
”Far North”で、氷点下10℃とか20℃とかいうところでも・・・の撮影も厭わなかった方ですから、そりゃもうばっちりと(笑)
ますます絶対に見たいですよね。

投稿: punkt | 2010.04.22 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Happy Birthday Sean Bean & The Lost Future初画像 | トップページ | 「17歳の肖像」、「オーケストラ!」 »