« ヴィゴ関連いろいろ(2) | トップページ | Happy Birthday Sean Bean & The Lost Future初画像 »

ヴィゴはデンマークのダネブロー騎士勲章の叙勲が決まりました

Ridder_af_dannebrogordenen

デンマークの Ekstra Bladet のこちらの記事や、JV.dk のこちらの記事によると、4月16日のマルグレーテ2世女王陛下の70歳のお誕生日に際し叙勲の発表があり、52名の方たちが叙勲されることが決まりましたが、その中にヴィゴ・モーテンセンとマッツ・ミケルセンの名前があると報じられています。

 crownヴィゴ、おめでとうございますcrown

デンマーク王室公式サイトの、叙勲リストのページ、Fra den 16. april 2010 at regne er efternævnte benådet med の中の ridderkorset af Dannebrogordenen の下の方に2人の名前があります。

ヴィゴとマッツの2人が授けられる Ridder af Dannebrogordenen というのは、英語に訳すと Order of the Dannebrog のナイト(騎士)に相当するので、viggo-works などでは、「サー・ヴィゴ」だとみんな大騒ぎですが、実際のところ、イギリスのように通常の名前に冠して Ridder Viggo Mortensen といちいち言うことはないそうです。

Ridder af Dannebrogordenen については、日本のデンマーク大使館のページに、昨年日本人の方が叙勲されたニュースがあって、そこでは「ダネブロー騎士勲章」と表記されています。

このダネブローとは、デンマーク・モビール:伝説の国旗ダネブローによると、“デンマーク人の布”という意味で、デンマーク国旗のことだそうです。

ダネブロー勲章については、デンマーク王室公式サイトの勲章について英語で記述されているページが詳しいのでそこから抜粋してご紹介します。

ダネブロー勲章は1671年にクリスチャン5世によって制定され、象勲章(訳注:デンマークの最高位の勲章。王族か国家元首クラスのみに授与)と同様に、その最初の公式の法令は1693年 12月1日に得られた。1808年にこの法令は改正・拡張され、フランスのレジオンドヌール勲章をモデルに異なる階級に分けられた。現在は主に賞賛に値するデンマーク市民に授けられる。1951年10月10日、女性がダネブロー勲章叙勲の有資格者となった。

現在、これまでのごとく、勲章を授ける裁決はこの勲章の最高位者である女王陛下ご自身のみにある。この勲章に関する日常の運営は、王室の一部である独立機関 Chancery of the Royal Orders (訳注:王室勲章局とでも訳すのでしょうか)によってなされている。

ダネブロー勲章の記章は白いエナメルが施され、縁が赤の銀または金の十字で、王冠と在位君主のモノグラム(訳注:今回はマルグレーテ2世女王陛下のモノグラム)がつく。記章の表には Gud og Kongen (God and the King)の銘が、中央のクリスチャン5世のモノグラムと共に刻まれている。

非常に歴史がある勲章のようですね。
上記の文章中にもあるように、現在ダネブロー勲章はロイヤルファミリー限定の Storkommandører af Dannebrog(グランド・コマンダー・クラス)を除いて下記の5つの階級に分かれているそうです。

    * Storkors(グランド・クロス)
    * Kommandør af 1. grad af Dannebrog (1級コマンダー)
    * Kommandør af Dannebrog (コマンダー)
    * Ridder af 1. grad af Dannebrog (1級ナイト)
    * Ridder af Dannebrog (ナイト)

今回、ヴィゴとマッツが叙勲されたのは、この中の一番下の Ridder(ナイト)に相当します。

勲章そのものの写真は、やはりデンマーク王室のサイトのこちらにあります。
1枚目の写真は、ダネブロー騎士勲章の女性用のもので、2枚目が男性用のダネブロー騎士勲章です。
この記事の1番初めにお借りしてきたのがこれです。(クリックでちょっと大きくなります。)

この勲章を佩用する場合は左胸につけることになります。

ダネブロー勲章の授与式は、フレデリスクボー城でおこなわれると Wikipedia には書かれています。
授与式がいつおこなわれるか、詳細については今のところ不明です。

Chrissiejaneさんの話では、イギリスの場合、叙勲の発表があってから実際の授与式までには数週間程度間があるとのことです。今回も発表は女王陛下のお誕生日に合わせて行われただけで、実際の授与式は日をあらためてという可能性が高そうですね。

とにかく、ヴィゴもマッツもおめでとうございます。

twitter/punkt_ochibo

|

« ヴィゴ関連いろいろ(2) | トップページ | Happy Birthday Sean Bean & The Lost Future初画像 »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん
詳細ありがとうございます。やはり授与式というものはまだなんでしょうね。
テールコートのヴィゴが見られるんじゃないかと、ちょっと期待しましたが…
居住地で受け取るというのもありでしょうし、来月になれば撮影でヨーロッパに行くのだから、その時というのもあるかも?
どちらにしても、受け取ったら見せてくれるかなヴィゴcrown

投稿: spring | 2010.04.17 09:38

 丁寧な解説ありがとうございます。根回し日本だと、記事になる前に本人への通知は終わっていて、すぐ授与式となるようですが、ヴィゴ本人へはいつ連絡がいったのかな~。うれしかったでしょうね~。
 ヴィゴは「デンマーク国民」でもあるのでしたよね。

 国旗もですが勲章のデザインは十字架モチーフですね。白が基調で美しい。
 サンロレンソの赤青バッジといっしょにつけたりしちゃだめだと思いますよ!でもしそう・・アカデミーのレッドカーペットとか・・なんとなく。。

 デンマークの公式なイベントでしたら身につけることになると思いますが、そういう機会はヴィゴの場合あまり多くないでしょうし、コペンハーゲンでの授与式にフォーマルな装いで参加してもらいたいです。

投稿: mizea | 2010.04.17 14:50

詳しい解説大変ためになります。ありがとうございます。
早くヴィゴの晴れ姿が見たいですね。
「シャネル&ストラヴィンスキー」を観てファンになったマッツ・ミケルセンも同時に叙勲と聞いてうれしさ倍増です!
正装した二人が並んでいる写真が出たら…と早くもニヤニヤしてしまいます。

投稿: Lumos | 2010.04.17 20:35

解説ありがとうございます。
ホントにヴィゴ・ファンをしているといろいろ勉強できますねぇ。
もっともpunktさんがいつも調べてくださって
私はそれを読んでるだけですがcoldsweats01
授与式が見てみたいですheart01

今日はショーンのお誕生日birthdayでもあるんですね。
ショーンもおめでとう!!

投稿: Aralis | 2010.04.17 21:20

springさん
授与式どうなんでしょうね。
ぜひマッツと一緒に出席して、デンマーク国民の皆さん、ひいては私たちにその姿を披露していただきたいものです。

mizeaさん
ヴィゴは二重国籍ですものね。
う~ん、さすがにアカデミーのレッドカーペットで勲章はつけないと思いますが...
アメリカじゃあまり勲章佩用のパーティーはなさそうだし、そもそもヴィゴがそういう場には縁がなさそうですね。
LOTRの時のように、女王陛下ご臨席のプレミアがあれば、身につけるのでしょうけど。

Lumosさん
マッツとヴィゴの2ショットで見たいですよね。
ぶしつけながら、実は女王陛下ご自身がこの2人のファンなのではないかと、私は密かに思っているのですが...

Aralisさん
ヴィゴのおかげで、スペイン語の勉強はするは、デンマークの勲章について詳しくなるは、実に幅広く勉強させてもらってます(笑)。
ショーンもお誕生日だし、めでたいこと続きです。happy01

投稿: punkt | 2010.04.18 00:01

詳しい解説ありがとうございます〜♪
まるで自分が調べたかのように、明日職場で自慢しようっと(こら)

>ぶしつけながら、実は女王陛下ご自身がこの2人のファンなのではないかと、私は密かに思っているのですが...

同感です!
びごさん一人でしたら、トゥーレおばさまが政治力を駆使して・・・かと思うところですが、マッツさんと一緒というあたりが怪しいなあと(笑)

ぜひ二人揃って盛装して女王陛下に跪く姿を観たいです♪
そのためにも、アイスランドの噴火が一刻も早く収まりますように。。。

投稿: mate_tea | 2010.04.18 22:20

mate_teaさん
>ぜひ二人揃って盛装して女王陛下に跪く姿を観たいです♪
そうですよねぇ~。
ナイトにするならこの2人と....女王陛下もお目が高い。

私も行ったことがあるアイスランドは親近感もあるので、とても気になります。
早く噴火が収まって、ヨーロッパ中の人たちが安全に目的地に行けますように。

投稿: punkt | 2010.04.18 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィゴ関連いろいろ(2) | トップページ | Happy Birthday Sean Bean & The Lost Future初画像 »