« ロレンソ・マッサ神父礼拝堂のオープニングへのヴィゴのお誘い | トップページ | ロレンソ・マッサ神父礼拝堂落成式(2) »

4月1日 ロレンソ・マッサ神父礼拝堂落成式

20100401_1ヴィゴがかなりの部分を寄付したロレンソ・マッサ神父礼拝堂の落成式は、サンロレンソの理事長ラファエル・サビーノはじめ多くの役員、元選手たちと、 500人近いのサポーターたちが集まって4月1日お昼過ぎに行われました。

その式典の様子を伝える記事が、アルゼンチンからどっと出てきたのを、Erikoさんやピピーナさんに教えていただきました。

まず写真のある記事へのリンクをご紹介しましょう。

Los Andes Online
Simplemente San Lorenzo
San Lorenzo USA(
deSanLorenzo.com
Diario Olé() 写真をクリックすると大きくなります
The Final Third
Mundo Azulgrana() 下の方にフォトギャラリー
Club San Lorenzo de Almagro
San Lorenzo Prensa (下2枚はクリックで大きくなります)
Clarín.com

AZ EstudioさんのFlickr

上記の記事の内容をまとめるとざっとこんな感じです...

 

20100401_2

ヴィゴは理事長のラファエル・サビーノとともにテープカット。

スピーチの中で、以前のホームスタジアムがあった「ボエドに戻ろう」という運動の支持を表明して大喝采を受けたようです。

スピーチが終わると、カラスのブロンズ像を取り出してこれを礼拝堂に置くように寄贈。
上に貼った写真でヴィゴの足もとのキャリーバッグの隣に、サンロレンソの旗らしきものに包まれた塊がありますが、これがカラスの像ですね、きっと。

このカラスの像はアメリカ製と書かれているので、ヴィゴがアメリカで作らせて、ひょっとしたら今回自分で手荷物として持ってきたのかもしれません。

さらに、120枚も持ってきた100周年のロゴの入ったヴィゴ特製Tシャツをサポーターの人たちに手渡しでプレゼントしたそうです。写真の中に、足元に置いてあったキャリーバッグからざくざくとTシャツを取り出しているのがありますね。

またヴィゴの今回のアルゼンチン滞在予定は4月6日(火)までで、月曜日には4月29日に公開がはじまる”The Road”のプロモーションのための記者会見が予定されているそうです。

上記にリンクも載せた、ラジオ"Simplemente San Lorenzo"の記事によると、ヴィゴはインタビューに答えて

「この業績にとても興奮しているよ。これは私だけでなく、すべてのサンロレンソファンの業績なんだ。これは間違いなく1つ夢がかなったので、私は今とても感動している。」

最後にロレンソ・マッサ神父を思い起こして「私が世界的に有名にする役目を引き受けているこの素晴らしい団体は102年前に誕生した。いつも支援してくれることに感謝している。この大きな家族の、世界で最も大きな家族の一員であることを誇りに思っている。」

と話しています。

twitter/punkt_ochibo

|

« ロレンソ・マッサ神父礼拝堂のオープニングへのヴィゴのお誘い | トップページ | ロレンソ・マッサ神父礼拝堂落成式(2) »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロレンソ・マッサ神父礼拝堂のオープニングへのヴィゴのお誘い | トップページ | ロレンソ・マッサ神父礼拝堂落成式(2) »