« ”Game of Thrones”のケイトリン役が変更 | トップページ | 「NINE」「マイレージ、マイライフ」 »

ヴィゴ、ザグレブのレストランに現れる

20100319_zagrebクロアチアの首都、ザグレブからの20日付けのニュースです。

vecernji.hrの記事
24sata.hrの記事(クリックで大きくなる写真あり)
iPress.hrの記事

日にちははっきり書かれていないのですが、夜9時30ごろ、ザグレブのレストラン Stari fijaker に2人の女性を連れたカジュアルな格好のヴィゴが突然来店したそうです。

タバコを吸う3人は、外のテラス席でビールを注文して1時間ほどお店にいたそうです。

その間、ヴィゴはぜんぜんスターっぽく特別扱いを要求したりすることもなく、他のお客さんたちに請われれば気軽にサインや写真を一緒に撮ることに応じていて、とても感じが良かったと書かれています。

なぜヴィゴがザグレブにいたのかについては不明のようですが。

ヴィゴが髭を伸ばしているのがはっきりとわかりますので、クローネンバーグ監督作品 ”The Talking Cure”のフロイト役の話の信憑性がちょっと高くなってきましたね。

ということで、日本語記事をおまけしておきます。

【おまけ1】
SCREEN ONLINE: またもやクローネンバーグと組むヴィゴー
@nifty映画 HotTrash.com: クローネンバーグとV.モーテンセンが新作で三度目のタッグ!

【おまけ2】
”The Talking Cure”には、ヴァンサン・カッセルも参加するという話がでていますが、Pure People のこちらのフランス語の記事によると、ヴァンサン・カッセルの役は、フロイトの弟子のオットー・グロスという役だそうです。

【おまけ3】
ヴィゴが参加する予定の、デニス・ホッパーの Walk of Fame のセレモニーについて、こちらの Twitter の情報によると、現地時間3月26日(金)午前11時30分(日本時間27日午前3時半)からとのことですから、土曜日の午前中のうちに写真がでてきそうですね。

twitter/punkt_ochibo

|

« ”Game of Thrones”のケイトリン役が変更 | トップページ | 「NINE」「マイレージ、マイライフ」 »

A Dangerous Method」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

 クロアチア、最近は日本でも観光旅行先として人気が高まったいるようですね。

>なぜヴィゴがザグレブにいたのかについては不明のようですが。
もしやThe Talking Cureのロケハンかと思いましたが、それはちょっと(^^ゞ 
 
 もしかしてアイスランドに続いて、親戚連れて団体さん旅行でもしているとか、いや、だからそれも(^^ゞ(^^ゞ

 フロイトの弟子のオットー・グロスとしてヴァンサン・カッセル。これで「実はヴィゴは出ません」ということになったら悲しい~。 でも、その髭はきっとそういうことでしょうね!

投稿: mizea | 2010.03.21 16:17

mizeaさん
私はまだクロアチアは行ったことがありませんが、両親が昨年ツアーで行ったばかりです。
なかなか良いところのようですね。

なぜザグレブにヴィゴが、という件に関して、アリアドナさんがデンマークの女性監督 Birgitte Stærmoseさんとザグレブで映画を撮影しているという話があるようです。
ヴィゴが同伴していた2人の女性というのはもしかしたら...ということだとか。

投稿: punkt | 2010.03.21 19:01

punktさん
この写真をみたら、どうしてもフロイトの役作りとしか見えませんが…
決定というニュースは出ていませんが、否定するコメントもまだ出ていませんし…

一緒にいた女性の一人が、アリアドナさんだと何だかうれしいのですが、
どうなんでしょうね。ステディになって欲しいなって、勝手に思ってます~。

投稿: spring | 2010.03.21 22:45

 あら!ご両親が! きれいな風景で古い建物も残っていて、よさそうですよね。 ここならツアーが成り立たないくてキャンセルということはあまりなさそう。((;_;)最近そんなことがありまして、今頃ウズベキスタンのはずだったのに・・)

 ああ、女性二人についてはそんな情報が。 それですぐ「そういうことね」と納得しそうだったのですが(^^)、 springさんを見習って冷静に。 たとえアリアドナさんと監督であっても、ヴィゴって人はわからないというか、「あまり誤解気にしてないですよね」という行動する感じで。 

 The Talking Cureについてははっきりしてほしいわ。 決定して撮影が始まったらまたいろいろロケ地ニュースが出てくるのを期待してます。

投稿: mizea | 2010.03.22 00:08

springさん
ヴィゴがクロアチアに現れたのも、ひょっとしたらフロイトの役作りのついでだったのかもしれませんね。
映画の舞台になる頃までフロイトが過ごしたのはほとんどウィーンのはず。
ザグレブはかなり近いです。

mizeaさん
あらまぁ、旅行がキャンセルになっちゃたんですか? それは残念。
ヴィゴは相手が女性であろうとも、気の合う友人としてつき合っている感じがしますし、ひとたび友人になったら、男性でも女性でも、実に濃い付き合いをしているような感じがしますからね。
”The Talking Cure”の撮影場所に関しては、ベルリンという話とウィーンという話を目にしています。
もしもこの映画にヴィゴが参加する話が本当ならば、本来の舞台はウィーンですから、当然ヴィゴはウィーンに取材しに行くでしょう。

投稿: punkt | 2010.03.22 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”Game of Thrones”のケイトリン役が変更 | トップページ | 「NINE」「マイレージ、マイライフ」 »