« ”Game of Throns”はスタッフ募集中&ショーンは今どこに? | トップページ | ”I Love You” がつく映画2本 »

「ハート・ロッカー」

Hurtlocker今年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚本賞を含む6部門を制した作品を観ました。

 

ハート・ロッカー
原題: The Hurt Locker
公式サイト

 

舞台は、2004年夏のイラク。
爆発物処理を任務とするブラボー中隊の新しいリーダー、ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、爆弾の処理にあたって、まるで恐怖を感じないかのように鬼神のごとき働きをするのですが、彼とチームを組んで援護しなければならない部下のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)やエルドリッジ技術兵(ブライアン・ジェラティ)は、彼のルールを無視した無謀ともいえるやり方に恐怖と不安をつのらせます。ブラボー中隊の任期完了まであと38日...

緊迫感に満ち、まったく緩みのない、お腹の底にずしっとくる映画でした。

爆発物の処理といっても、日本で第二次世界大戦の残留物である不発弾の処理をするのとはわけが違って、爆弾は時限装置が作動していたり、人が集まっ てきたところを見計らって爆発させるべく、遠隔操作できる起爆装置が設置されていて、処理班の作業を遠巻きに見ている人々の中に起爆装置を持った人間がまぎれているかもしれないのです。
宇宙服のような爆発物用の特殊防護服を着用してはいますが、至近距離での爆発にはほとんど役に立たない。

映画の公式サイトの記述によれば、爆発物処理の兵士の死亡率は通常の兵士の5倍。
そして映画のタイトルになっている”Hurt Locker” とは、兵隊用語で「行きたくない場所、すなわち棺桶」という意味なのだそうです。

正気のままではとても耐えることができないような極度の緊張を強いられ続ける、爆発物処理という任務。
エルドリッジは今にも恐怖にくじけそうになっているというのに、これまでに800個以上の爆発物を処理してきたジェームズは、すでにある種の狂気の世界にいるようで、その表情は何も感じていないかのよう。

でもこの映画はジェームズをただの英雄としては描いていません。
爆弾処理のエキスパートとしての技術とその豪胆さはヒロイックなのですが、その傲慢不遜な態度と周囲を危険に巻き込んでも気に掛けない唯我独尊なところはえらく迷惑なやつ。

そして、映画の冒頭、「戦争は麻薬である」というテロップが表示されますが、ジェームズがこの麻薬にはまりかけている様子までしっかり描写されているのです。
爆弾処理の現場ではテキパキと行動し生き生きとしているのに比べて、自宅では居場所がないかのように目には生気がないジェームズ。

この映画ではアメリカ軍を讃美もしなければ、声高に反戦を訴えもしません。
死の恐怖を押し殺して淡々と爆発物の処理をする兵士たちにとっては、戦争の大義も理念も目的も関係なく、日々生き延びること、仲間を守ることしか意味はないというのが真実だからなのでしょう。

 

主演のジェレミー・レナーはどこかで見たような顔と思ったら、「スタンドアップ」でシャーリーズ・セロンのハイスクールのボーイフレンドで、鉱山で彼女と対立するボビー・シャープ(シャープと言っても、綴りの最後に e がつかない!)だったんですね。

twitter/punkt_ochibo

|

« ”Game of Throns”はスタッフ募集中&ショーンは今どこに? | トップページ | ”I Love You” がつく映画2本 »

映画」カテゴリの記事

コメント

まだiTunesのでしか観てないので、会話の内容などわからないけど、見入ってしまいました。字幕なくても十分なくらいです。でも、爆弾処理ではないシーンが一番緊迫してた様な気がするのは私だけ?
映画館にいけば、また感想が変わってくるかもしれない。

投稿: まつ | 2010.03.14 20:38

「ザ・ロード」を配給してくださるブロードメディア・スタジオさんに敬意を表して(笑)少しでも評判に貢献できるよう、初日に観てきましたよ。

とにかくものすごい緊迫感でしたよね。
何が起こるか目が離せないし、気を緩められる瞬間が全然なくて、エンドロールが流れて、やっと全身固まってたことに気づいたくらいです。

なるほど、見覚えがあるのは気のせいだとばかり思っていたら、いぢめっ子シャープくんだったんですか〜。
「日常生活」シーンにちょこっとだけ出てくる奥さんは「LOST」のエヴァンジェリン・リリーさんでしたね。
ドムとはその後、どうなっているのでしょうか。。。

投稿: mate_tea | 2010.03.14 22:13

まつさん
ほとんどずうっと緊迫したシーンですよね。
映画館で見ると音響が全然違うと思います。
最初の爆発シーンでのズシーンという音、砂漠地帯で銃撃戦になり息をひそめている時の風の音とライフルを撃った時の音(発射時の音と遅れて遠くで微かに聞こえる命中音)の臨場感は、iTunesでは味わえないのではないかと思いますよ。

mate_teaさん
確かに、ブロード・メディア・スタジオさんには頑張っていただかなければなりませんから、応援しないと。
そうそう、ジェームズ二等軍曹の奥さんはエヴァンジェリン・リリーさんでしたね。
ドムとの話は最近ウワサになってませんねぇ。

投稿: punkt | 2010.03.14 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”Game of Throns”はスタッフ募集中&ショーンは今どこに? | トップページ | ”I Love You” がつく映画2本 »