« 「ハート・ロッカー」 | トップページ | ”The Road” US版DVDは5月25日発売 »

”I Love You” がつく映画2本

Iloveyou_phillip_morrisたまたまタイトルに ”I Love You” が付いている映画を2本観ましたのでまとめて感想を...

 

フィリップ、きみを愛してる!
原題: I Love You Phillip Morris
公式サイト

交通事故であやうく死にかけたスティーヴン(ジム・キャリー)は、「これからは自分を偽らずに、好きなことをして生きていく!」と決めて、妻子もあったのにゲイであることをカミングアウト。
素敵な恋人(ロドリゴ・サントロ)もできて、その恋人との生活をゴージャスなものにするために詐欺師に。
保険金詐欺で投獄された刑務所で運命の恋人フィリップ(ユアン・マクレガー)に出会い、出所後、フィリップとのラブラブheart04なセレブライフのため、再び詐欺を繰り返すスティーヴン。
またも投獄されることになったスティーヴンは、フィリップに一目会おうとあの手この手で脱獄を繰り返すのですが、自分も騙されていたことに怒ったフィリップはスティーヴンに会おうとしません。フィリップに会いたい一心でスティーヴンがとった究極の行動は...

いやぁ、もう、ユアンが純情可憐な乙女でした。happy02

これが実話だというのですが、にわかには信じがたいほど荒唐無稽なお話。
映画の冒頭に、字幕で「これは実話です」と出るのですが、すぐに「本当に、本当の話なんだからね」というような念押しの字幕が出る ぐらい(笑)

主役のカップルがたまたまゲイだったという点はちょっとユニークだし、ハッピーエンドというわけではないのですが、ある種爽快ですらあるラブコメです。ちょっと下品なネタもでてきますけど、とっても面白かった。wink

詐欺の手口があまりにもずうずうしくも鮮やかで、もちろん脚色されているとはいえ、ジム・キャリーにぴったりの役ですね。でもおちゃらけているだけでなく、フィリップを思う気持ちは真剣そのものなんですよね。
そして、ユアンがここまで可愛らしいとは...
目に涙を浮かべてウルウルしているところなぞ、少女マンガのように目の中に星shineが入ってるかと思いましたよ。(笑)

スティーヴもあれだけ頭が良いのなら、経歴詐称で重役として入った会社でまともに勤めて続けていたら普通の生活にはまったく困らなかったでしょうに、詐欺をせずにはいられなかったのは、やはり人を騙すということそのものに快感を感じていたからなのでしょうか?

4度も脱獄したスティーヴンは、現在も167年の刑期の途中だそうです。
そして、恋人のフィリップ・モリスご本人は、なんとこの映画の中にカメオ出演しているそうです。(eiga.comの記事参照)

公式サイトのトップにある特別映像が、ジム・キャリーとユアン・マクレガーの記者会見のビデオクリップなのですが、これが抱腹絶倒の面白さなのでチェックをお忘れなく。

 

Ny_iloveyou ニューヨーク、アイ ラブ ユー
原題: New York, I Love You
公式サイト

「パリ、ジュテーム」を制作したエマニュエル・ベンビイが、今度はニューヨークを舞台に、愛をテーマに10人の監督が撮った短編映画をもう1人の監督の映画でつないで織りあげた作品です。

「パリ、ジュテーム」は1つ1つの短編が完全に独立したオムニバス作品で、映画のテイストもかなり違っていましたが、この「ニューヨーク、アイラブユー」は首尾一貫したトーンがあって、監督による差をあまり感じませんでした。

全体的に洒落た大人の愛の物語、というふうに仕上がっていますね。
綺羅星のごとくスターたちが出演しているのも魅力的。(パリ、ジュテームにはイライジャが出てましたけど、こちらはオーリーですね。)

10本の中でのお気に入りは...

イーサン・ホークとマギー・Q、ロビン・ライト・ペンとクリス・クーパーのソーホーを舞台にした前編・後編に分かれた作品が、同様なシチュエーションからの意外なオチで面白かったですね。下手したらひどく下品になりそうなとっても大人な会話も、この人たちが話しているときわどくも洒落た会話に聞こえる。(笑)

ジュリー・クリスティー、シャイア・ラブーフとジョン・ハートのアッパー・イーストサイド。
往年の名プリマドンナに扮しているジュリー・クリスティーの品格が際立つ幻想的な作品。シャイア・ラブーフが足の悪いホテルのボーイというのも珍しく、夢の中のような雰囲気が趣があって良いです。

本作が映画初出演というカルロス・アコスタのダンスはやはり素晴らしいですね。もうちょっとたくさん見せて欲しかったな。

twitter/punkt_ochibo

|

« 「ハート・ロッカー」 | トップページ | ”The Road” US版DVDは5月25日発売 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ハート・ロッカー」 | トップページ | ”The Road” US版DVDは5月25日発売 »