« ショーンのインタビュー・ビデオクリップ | トップページ | ”Black Death” 公式サイト&ポスター »

"The Road" の日本配給はブロードメディア・スタジオ

20091011sitges_alex_gracia

Erikoさんのところで教えていただきました。

2月5日発売のキネマ旬報2月下旬決算特別号の「LINE UP 2010/配給会社別劇場公開作品リスト」に、”The Road”の日本公開について、ブロードメディア・スタジオが配給をおこない、公開は年内、と書かれているそうです。

ブロードメディア・スタジオは、先日ノミネートが発表されたアカデミー賞で、最多部門でノミネートされ、監督賞、作品賞の本命と目されている「ハート・ロッカー」の配給もおこなうそうです。

配給会社もはっきりして一安心ですね。

 

スペインでは昨日から ”La carretera”(スペイン語の The Road”)の公開が始まったので、関連記事が山ほどでてきていますが、ヴィゴのインタビュー記事は昨年10月のシッチェス映画祭の頃のものが中心で、内容的には特に目新しいものはないようです。

でも、La Vanguardia.es のこちらの記事に添えられた写真が素敵だったのでご紹介しておきます。
リンク先の写真をクリックすると、大きな画像をご覧いただけます。
この写真もシッチェス映画祭のフォトコールの時のものですね。

この記事の最後でも、ヴィゴのマドリッドの舞台が無期延期になったと書かれていますが、Teatro Español のサイトの2月、3月の舞台スケジュールに、別の上演演目がアップされているのを確認しました。weep

|

« ショーンのインタビュー・ビデオクリップ | トップページ | ”Black Death” 公式サイト&ポスター »

Purgatorio」カテゴリの記事

The Road」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。少しでも『ザ・ロード』の情報を得たく
拝見しています。原作の父親役にヴィゴ・モーテンセンは
ピッタリだと思います。早く大きなスクリーンで見てみたい!
年内といわず、明日にでも見たいのに…。
絶対いい映画のはず。ヴィゴ、アカデミー賞残念…。
これからも楽しみに読ませていただきます。

投稿: lily | 2010.02.08 00:33

lilyさん
いらっしゃいませ。
「ザ・ロード」の父親はヴィゴそのものですよね。
ヴィゴがノミネートされなかったことに関しては、海外の映画ファンの間でも残念がる声が多いようです。
日本公開の予定日が早く決まるように祈りましょう。
これからもどうぞよろしく。

投稿: punkt | 2010.02.08 01:03

ぷんくとさん、ご無沙汰しております。ウシです。
とにかく、毎日忙しくて(泣。
でも、「The Road」は、見てきました。
12月の上旬でしたが、既に少し家から遠いところの劇場で上映していたので、行ってきました。
感想を語りたかったのですが、英語がわかりませんでしたぁ~!(泣。
もう、あの例の「モソモソ」なしゃべりとかです。
3割くらいは、何を言っているか 理解できませんでした。
ちなみに、アバターは、ほとんど理解できました。(笑。
私も日本語字幕で、もう一度見たいって思います。
こちらの映画の書き込みでは、「原作を読みたくなった」といのがありました。
友人の旦那さん(米国人)は、本も読んで映画も見たそうです。
あと、アバターを見に行った際に、予告 でショーンを見ましたよ。
突然出てきて、びっくりでしたよ~。
ショーンが神様役とは、興味深かったです。happy01

投稿: Ushi | 2010.02.20 17:44

Ushiさん
お久しぶりです。
「The Road」のヴィゴのモゴモゴは、予告編でぜんぜん聞き取れないなぁと思ってましたが、Ushiさんでもダメでしたか。coldsweats01
日本公開はまだ年内というだけで、いつだかわからないんですけどね。
ショーンのゼウス、アメリカではバレンタインデーの週末から公開されていますよね。
日本でもアバター上映時の予告編でゼウス様を見ましたよ。

投稿: punkt | 2010.02.20 18:19

ぷんくとさん、こんにちは。
情けないのですが、本当にお手上げでした。
特に英語がわからなくて、ちょっと悔しかったのは ロバート・デュヴァル(年老いた男)とのキャンプファイアーのシーンです。
周りから、少しザワザワっと笑いが起こったんですよ。
でも私には、何で笑っているのやら???でした。
泥棒のシーンは、わかりましたよ。
父と子で大きな声ではっきりと言い合いをしていましたので(笑。
私はホラー映画とかが苦手なのですが、Viggoの若き日の映画(ある意味コメディ要素もあるという人もいますが)を彷彿させる怖いシーンもありました。
チェーンソーを持って人が近づいてきたり...とか。(笑。
ただ、全体的にスローな流れというか、重い雰囲気なので、2時間も無い上映時間ですが、かなり長く感じました。
映画を見た人の感想を読んだのですが、コディー君だけは「天使の輝き」を放っていたというのはうなずけましたよ。
ちなみに...
5月末か6月に、また日本に帰るかも?って計画しています。
あまりに不景気なので、出稼ぎに帰ろうかな?と思っています。
数ヶ月滞在するかもしれませんので、タイミングよくこの映画が日本で上映してくれたらいいなぁ~って願っております。

投稿: Ushi | 2010.02.22 15:14

Ushiさん
日本へ出稼ぎですか?happy01
帰ってこられるとき、また連絡ください。
その頃に本当に「ザ・ロード」を見られると良いのですが。

投稿: punkt | 2010.02.22 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショーンのインタビュー・ビデオクリップ | トップページ | ”Black Death” 公式サイト&ポスター »