« ”The People Speak” のDVDはリージョンフリーでした | トップページ | LOTR三部作 ブルーレイ »

「カラヴァッジョ/天才画家の光と影」

Caravaggioゼウス様をまだ見に行く暇がなかったので、先週見た映画の感想です。

 

カラヴァッジョ/天才画家の光と影
原題: Caravaggio
公式サイト

ショーン・ビーン・ファンにとってはデレク・ジャーマン監督の「カラヴァッジオ」は必見映画ですが、こちらのカラヴァッジョもなかなか良かったです。

破滅型の天才画家カラヴァッジョの生涯を丁寧に追っていて、まるでカラヴァッジョの絵のような光と影のコントラストが美しい作品です。
「アラトリステ」を彷彿とさせるリアルな描写(埃っぽさや汚さ)や絵画そのもののような表現が素晴らしい。
考えてみると、「アラトリステ」の舞台になった時期とほとんど同時代なんですよね。少しだけこちらの方が前ですが。

イタリア語の映画というのも本当らしくていいですね。
カラヴァッジョは自分の絵の中に自画像を描きこんでいる(ダビデに切り落とされたゴリアテの首とか)のは有名ですから、こちらのカラヴァッジョ(アレッシオ・ボーニ)もそれらしい雰囲気が良くでています。

こちらの映画にもラヌッチオとレナが出てくるのですが、ショーンのラヌッチオとはぜんぜん違うラヌッチオです。
このラヌッチオは絵のモデルになるわけではなく、カラヴァッジョが見初めて絵のモデルになるコルティージャ(高級娼婦)の元締めみたいなことをしているゴロツキ。
確か、カラヴァッジョがラヌッチオという男性を殺害したということは本当に記録に残っているんですよね。

カラヴァッジョの絵がお好きな方にはオススメです。

ただし東京は単館上映(銀座テアトルシネマ)なので、大変に混んでいます。

|

« ”The People Speak” のDVDはリージョンフリーでした | トップページ | LOTR三部作 ブルーレイ »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。「カラヴァッジョ…」映像の照明の使い方が絵画のようで印象的ですね。たくさんの作品を映画の中で鑑賞できるのも良かったです。
カラヴァッジョが幻覚を見ますが、LotRの黒の乗り手にそっくり!と思いました。

投稿: Lumos | 2010.03.01 19:33

Lumosさん
>カラヴァッジョが幻覚を見ますが、LotRの黒の乗り手にそっくり!と思いました。
そうそう、そうでしたね。
あれは死神だと思うのですが、どうみても黒の乗り手でした。

投稿: punkt | 2010.03.01 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”The People Speak” のDVDはリージョンフリーでした | トップページ | LOTR三部作 ブルーレイ »