« ショーンは笑いだしたら止まらないらしい | トップページ | 「インビクタス/負けざる者たち」 »

「七人の侍」→「荒野の七人」→サッカーのコメディ映画?

ショーン・ビーンの新作のウワサです。
それもコメディー映画!

ScreenDaily.com の2月13日付の記事によると、「トレインスポッティング」の原作者、アーヴィン・ウェルシュが監督および共同脚本を担当する ”The Magnificent Eleven” という映画に、ショーンが参加するそうです。

この  ”The Magnificent Eleven” は、黒澤明監督の「七人の侍」のリメイク西部劇「荒野の七人(The Magnificent Seven)」を、さらに現代に移し替えたコメディーだとのこと。

ショーンのほかに共演者として、ダグレイ・スコット、ロバート・ヴォーン(「荒野の七人」の七人のガンマンのうちの1人!)の名前が挙がっています。

  ”The Magnificent Eleven” というタイトルからして、”The Magnificent Seven” のパロディなのは明白ですが、昨年5月に EMPIRE のオンライン版に出たこちらの記事によると、「荒野の七人」のカウボーイたちは、アマチュアのサッカーチームのメンバーに置き換わり、近所のインド人が経営するタンドリー・レストランを守るという話になるのだそうです。盗賊の代わりは、ブロンド・ボブと呼ばれる男をリーダーにする悪党たち。

思いっきりおっさん達が揃った映画になりそうですね。happy01

制作は Angry Badger Pictures(「怒ったアナグマ」という意味の変わった名前)で、配給は Stealth Media Group で、2月11日から2月21日まで開催されているベルリン国際映画祭のマーケットで、さらに売り込み先を探すもよう。

映画の撮影は、今年の夏を予定しているそうです。

|

« ショーンは笑いだしたら止まらないらしい | トップページ | 「インビクタス/負けざる者たち」 »

Sean Bean」カテゴリの記事

The Magnificent Eleven」カテゴリの記事

コメント

うわ、サッカー・コメディですか!?
「トレイン・スポッティング」の原作者さんならば、かなり辛口のコメディになりそうですねぇ。
うーん、楽しみなようなコワいような。。。

あらすじが、「七人の侍」というよりは、なんだかシャープのパロディというか、シャープそのまんまという気もするし・・・(汗)

とりあえず、おっさん好きに嬉しいメンバーを揃えてくださることを期待します♪
特に北欧系の細身のおっさんが後ろの方でちょこっと球蹴ってたり蹴り損なったり(!)してくれたらそれだけで爆笑しちゃいますよ〜、監督〜!(笑)

投稿: mate_tea | 2010.02.14 18:11

mate_teaさん
いったいどんな映画になるんでしょうね?
>特に北欧系の細身のおっさんが後ろの方で...
いいですねぇsmile
草サッカーですから、北欧系の細身のおっさんでもOKですものね。
意外にもフォワードだそうだから、見てみたいなぁ。

投稿: punkt | 2010.02.15 00:27

一度ショーンのコメディー観てみたいと思ってました。でも どんな作りになるのか見当もつきません。お店をサッカーで守るなんて、本当にイギリスの人はサッカー好きなんですね。

投稿: runa | 2010.02.15 09:28

runaさん
イギリスのコメディーですからねぇ、どんな風になるやら。
本当にサッカーをやるシーンがあるかどうかは?ですが、ショーンを見てもわかる通り、イギリスの人にとってサッカーは何物にも代えがたい、魂の拠り所なんでしょう。happy01

投稿: punkt | 2010.02.15 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショーンは笑いだしたら止まらないらしい | トップページ | 「インビクタス/負けざる者たち」 »