« ハビエル・アギーレサロベが語るヴィゴ | トップページ | スペインの雑誌 Cuore のヴィゴのインタビュー記事 »

「ルドandクルシ」

Rudo_y_cursi

今日、川崎のチネチッタで見てきたばかりなのですが、あまりの観客の少なさにちょっと宣伝してあげなくちゃと思って...

 

ルドandクルシ
原題: Rudo y Cursi
公式サイト

ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナ主演のメキシコ映画です。

田舎のバナナ園で働いているベト(ディエゴ・ルナ)とタト(ガエル・ガルシア・ベルナル)の異父兄弟は、草サッカーではベトがゴールキーパー、タトがストライカー。ベトは妻子がありながらギャンブルに目がなく、タトは歌手になることを夢見ています。
たまたまパンクで立ち往生していたサッカーのスカウト、バトゥータを助けたことから、そのサッカーの才能を認められてプロサッカー選手になることに。
荒っぽいプレースタイルのベトはルド(タフな乱暴者)とあだ名され、派手なプレースタイルのタトはクルシ(ダサい気どりや)とあだ名されて、念願の歌手デビューもしてちょっとした人気者になるのですが...

中南米の映画らしく、ゆる~い感じが持ち味ですが、最後はちょっとほろ苦くて意外に社会派なのかもしれません。

主人公たちがいったんはトントン拍子に成功したようでも、結局、賭け事や女にうつつを抜かして運が下降線をたどるのですが、完全には深刻なことにならないというところが、メキシコ風なのでしょうか。

田舎の貧しい家の子供たちがのし上がるのにはサッカー選手か芸能人、というところや田舎の家の描写は、以前に見たブラジル映画「フランシスコの2人の息子」と良く似ています。

これはサッカー映画ではありませんが、ルドもクルシも手荒い新人歓迎(いじめ)の洗礼を受けるのが、試合後の集団のシャワールームで、サッカーの試合後に素っ裸の男たちの集団というのは付き物なのかと、ショーンの「ドリーム・ゴール」をちょっと思い出してしまいました。(「ドリーム・ゴール」ほどじゃありませんが、ガエル君のお尻もチラッと拝めます。)

クルシが念願かなって歌手デビューをしたということで、映画の中で1人悦に入って自分のミュージックビデオを繰り返し見ているシーンがあるのですが、そのなんともダサダサなミュージックビデオを YouTubeのこちらで見ることができます。happy01
とってもインパクトがあるので、こちらにも貼っておきますね。

曲は、チープ・トリックの ”I Want You To Want Me” をカバーした ”Quiero Que Me Quieras” です。

プロデューサーが、メキシコを代表する3人の監督たち、アルフォンソ・キュアロン、ギレルモ・デル・トロ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥで、主演がメキシコを代表するスターで親友同士のガエル君とディエゴ・ルナということで、メキシコではロングヒットになったそうです。

川崎のチネチッタでは、特に大作映画でもないこの作品を、夜2回だけの上映で一番大きなグランデ(844席)で上映(自由席)しているのですが、今日、私が見た回は観客は十人ちょっとしかいませんでした。coldsweats01
あまりに寂しい!

|

« ハビエル・アギーレサロベが語るヴィゴ | トップページ | スペインの雑誌 Cuore のヴィゴのインタビュー記事 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハビエル・アギーレサロベが語るヴィゴ | トップページ | スペインの雑誌 Cuore のヴィゴのインタビュー記事 »