« シェフィールドのショーン 第一報 | トップページ | シェフィールドのショーン(その3) »

シェフィールドのショーン(その2)

20100116sheffield_516日のシェフィールド版 ”Walk of Fame”の除幕式の写真やレポートの追加です。
たくさんありますが、まとめて...

まず、昨晩ご紹介した、The Star の除幕式のショーンのビデオクリップにはビデオの内容の説明がついていましたのでご紹介しておきましょう。

スーパースターのショーンは、ブラモール・レーンのブレイズのホームゲームに駆けつける前に、集まった大勢のファンを、サインをしたり希望する人すべてと一緒に写真のためにポーズをとったりして喜ばせた。

ストックスブリッジのサマンサ・ウォーターズ、16歳は、頬にキスしてもらった後、涙ぐんでいた。彼女は「彼は素晴らしいわ。彼を愛してる。」と言った。
 
ダーナルのアン・ケリー、56歳は、彼女の買い物メモに彼のサインをもらった。彼女は「彼にサインしてもらうものがこれしかなかったの。彼は輝いていたわ。彼はすべての人のところを回ったのよ。お天気は凍えそうだったけれど、彼はすべての人と話す時間をとったの。」と言った。

肝心のシェフィールド・ユナイテッドsoccer の試合結果ですが、めでたく1対0でミドルズブラに勝利しています。scissors

 

また、BBC News の Sean Bean honoured on Sheffield walk of fame という記事(上の写真はここからお借りしました。)には、ショーンのスピーチから

「これは大変光栄なことです。私はシェフィールドのみなさんに、私を選んでくださってありがとうと申し上げたい。これはわたしにとって、本当にとても意味があることです。」と彼は言った。

と書かれていて、また市長の紹介スピーチから

シェフィールドの市長、グラハム・オックスリーは「ショーンはシェフィールドの真の大使で、ブレイズの生涯にわたるサポーターです。ショーンをこの市の walk of fame に偉大なシェフィールドの伝説として迎えることを大変光栄に思います。」と述べた。

と書かれています。

 

このショーンのスピーチの部分のビデオクリップが、さっそく YouTube のこちらにアップされています。
また、同じ方がファンにサインするショーンのビデオクリップもあげてくださっていますね。

 

Adam Gray という式典のカメラマンを務めたフリーのカメラマンの方のブログ B-Side には、素敵な写真入りの記事が出ています。この記事によると、ショーンは今、これから撮影する可能性のある映画の脚本を読んでいるとのことで、シャープ・シリーズの次の予定もあるような書き方になっています。

 

CASH The Film Fan Blog のこちらにも、ショーン・ファンの方が提供してくださったビデオクリップと写真が掲載されています。(無許可での転載は厳禁です。)

 

また、Sean Bean Online のこちらのページから先には、このセレモニーに参加された方が提供してくださった写真やビデオクリップなどがいろいろありますので、順番に先のページの方までチェックしてみてください。
(「ショーンのうなじが...さ、さ、触りたいheart04 」 という意味のコメントがありましたが、まったく同感です。happy02
もちろん無断転載は厳禁です。

また式典にはショーンのご家族(少なくともお父様と甥っ子)が出席されていて、お父様がとても誇らしげにしていらっしゃったのが微笑ましかったそうです。

ショーンのスピーチのビデオクリップで、途中で観客から何か声がかかって、ショーンがそれに返事をしているシーンがありますが、あれはなにを言っているのか? という質問に対して、式典に参加された exbill さんがこう言っていたと説明してくださっています。

観客: ”You're one of us ” (あなたは私たちの一員だよ)
ショーン: ”Yeah, I'm one o' your'n”(ああ、君たちの中の1人だよ)

( ”your'n”は北の方の言い方で、”in place of yours”ということだそうです。)

故郷に錦を飾ったショーン、おめでとう!

 

|

« シェフィールドのショーン 第一報 | トップページ | シェフィールドのショーン(その3) »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

にこやかな笑顔に久しぶりにこちらも嬉しい映像です。ショーンはやはりお父様にとって誇らしい息子ですよね。ハリウッドもいいけど自分のルーツとホームをきちっと守っているショーンがますます好きになりました。

投稿: runa | 2010.01.17 19:35

runaさん
ショーンはお父様の誇らしい息子にして、シェフィールドの人たちにとっても自慢のスター、というところが良いですよね。
自分の故郷や家族、昔の友人を大切にしているところが、彼がスターぶらず、地に足がついた感じがすることの源泉でしょう。

投稿: punkt | 2010.01.17 23:19

本当にショーンさん、地元を愛し、地元に愛されてますね。ああ、なんで私はシェフィールドに生まれなかったんだ!(←無茶言うな)スピーチの美声にもウットリ。私も買い物メモしか無かったらそれにサイン貰いますね!

投稿: chizu | 2010.01.18 15:42

chizuさん
買い物メモだろうとなんだろうと、ショーンと同じ場所にいてサインしてもらえただけでもラッキーですよね。
ショーンの声には本当に聴き惚れちゃいます。

投稿: punkt | 2010.01.18 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シェフィールドのショーン 第一報 | トップページ | シェフィールドのショーン(その3) »