« サンディエゴ映画批評家協会賞 | トップページ | ユタ映画批評家協会賞受賞 »

またも残念ですが...

SAG(Screen Actors Guild : 映画俳優組合)の Screen Actors Guild Award のノミネートの発表
12月17日にありましたが、残念ながら、主演男優賞のところにヴィゴの名前はありませんでした。weep

悲しいですね。

Elargentino20091217 気を取り直して...

ElArgentino.com のこちらに、アルゼンチンのドキュメンタリー ”El camino del Cóndor”(コンドルの道)の録音時のヴィゴの写真とヴィゴのインタビュー記事が掲載されています。

記事の前置の部分をざっと自動翻訳で英語にして読んだところによれば、スペイン語のナレーションはロンドンのスタジオで録音し、英語のナレーションはブエノスアイレスで録音したようです。

インタビュー部分はまだちゃんと読んでいませんので、読んでみて面白そうだったら、またあとでちゃんとご紹介したいと思います。

|

« サンディエゴ映画批評家協会賞 | トップページ | ユタ映画批評家協会賞受賞 »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

グッド・ニュースですhappy01
ユタ映画批評家協会賞でヴィゴが主演男優賞を受賞したそうです!
Oscar Planetさんで教えていただきました。
NYやLAのようなメジャーな批評家賞ではありませんが、
ちゃんと評価してくださる方がいるのはうれしいですね~。

取り急ぎお知らせまで。

投稿: Aralis | 2009.12.18 18:49

punktさん、金言紹介有難うございます。ヴィゴの賢さ・・・素晴らしいひとです。
そんなヴィゴだから、もおぉ~大好きーーー!!です。

えっとおっそろしく長文でスミマセン(笑)。
SAGは全くの予想外でした。ただノミネート者全員、作品自体の評価も高いので
仕方ないですね。数ある批評家賞にもヴィゴの名が少なくて・・・。
良いものは誰が観ても良いとも言えますが十人十色と言えども
ひとの思考は案外似たり寄ったりですね(苦笑)。
GGはノミネートリストのメンツ見てガッカリより笑っちゃいました。
役者としてのプライドあるならノミされても嬉しいより気恥ずかしいかも。
「Nine」の評価に反する賞ノミ数って何?(笑)
サテライトとGGはブーイングの記事多かったですよね。
元来GGはエンタメショー要素強いですがますます権威も価値も失墜したような。

punktさんに窘められそうですが(笑)、
昨年読んだ記事にワインスタイン兄弟はどうしてもオスカー作品賞が欲しくて
何が何でも「ザ・ロード」を大ヒットさせ賞獲得の後押しにしたいとありました。
彼らの手法は多くの映画会社にかなり嫌われてるとも。批評家賞は兎も角
選考する場合バランスを考慮する可能性もあるかも知れないなぁと。
芸術分野にあってはならないですが所詮ビジネス絡みで1社から何人もは・・。
自分の経験からいってどの業界でも裏事情は必ずあるもんです。
興行成績の進捗見てると当初の予定どおりワイドリリースなら確実に制作費は回収出来(今週末はジミに396館!・・・トホホ)、
話題性もあったのにと考えると、期待したほど評価が伸びなかったので
有力作品4本も抱えるワインスタインは票割れと勝率考え途中で捨てた?(爆)。

「ザ・ロード」レビュー総じると傑作との声は少なくないですよね。
雲泥の差の評価が多くこんな場合実は"とんでもない名作"だったりするもんです。
例えが飛躍するけどゴッホの絵も生前酷評され亡き後に才能を高く評価されましたよね。
ヴィゴ以上にヒルコート監督は正当に評価されなさすぎです。
遅かれ早かれ第一線に踊り出る才能ある監督だと思います。

絶対賞受けする役柄&ジャンルはあると思うんですよね。
同等に素晴らしい演技を披露した場合有利で過剰評価され大きな勝因になる。
現地在住邦人の「A Single Man」「The Hurt Locker」レビュー読みましたが
観た方は評価ほどじゃないと感じたらしく、単的にいうと
前者はトム・フォード監督乙女度満開万人受け、後者はいかにもアメリカ人が好きそうな話だと。
誤解されると困るけど主演男優に何の感情もないですから(笑)。

当初から戦略ミスもイイとこでヤ~な予感的中しましたね。
マーケティング戦略はとっても大事で腕次第でヒットが左右されるとも(爆)。
結果論だけど映画祭出品も作品の性質上カンヌが一番適したような。
ヴェネチアの歴代受賞作を見れば一目瞭然。
風土と国民性は密接で気質が陽気なイタリア人と称され受ける可能性は低い。
賞は欲しがるひとのところいくとの例えがあるそうです(笑)。
ヴィゴは自分に対しての賞は全く無関心でもファン心理は別で(笑)。
たかが賞、されど賞で望まなくても実績を評価して貰えるのは嬉しい筈。
まして役者なら後世に記録として残る賞はそれなりに価値はありますから。
余程の映画通でない限り、作品を観る側は賞を価値判断にするもんですし。
でもファンはヴィゴが当代一ニを争う名優と知ってま~す(笑)。

投稿: mika | 2009.12.18 18:49

Aralisさん
お知らせありがとうございます。
ちゃんとヴィゴを評価してくれるところがあって良かった、良かった。

mikaさん
>ワインスタイン兄弟はどうしてもオスカー作品賞が欲しくて...
オスカー作品賞がどうしても欲しいのは、なにもワインスタイン兄弟だけじゃありません。bleah
あの業界でビジネスをやっているスタジオはみんな欲しいんです。(笑)
オスカーは、芸術作品に対する賞というよりは、やはり映画というショービジネス界の賞なんです。
ヴィゴ本人が過去のインタビューで言っている通り、オスカーは芸術のレベルの優劣とはあまり関係ないというのが事実でしょう。

ほとんどの映画賞がそうなんですから、ノミネートや受賞については、醒めた目でのビジネスライクな分析が必要だと思いますよ。
ノミネートされなかったからといって、芸術的に評価されなかったという意味ではありません。

それに今シーズンは、主演男優賞候補があきらかに大勢いるようです。
2年前のDDLにすべてさらわれた年と違って、今年は大混戦ですよね。

オスカーが欲しいのなら、カンヌはあまり関係がないと言われていますから(データを見ると、実際オスカーとカンヌはあまり関係ありません。)カンヌに出さないという判断は、さほど悪いとは思いません。

ただ、ワインスタインは作品そのものに対する誇りや愛情が感じられない点が、もっともイライラさせられるところなんです。

投稿: punkt | 2009.12.19 01:03

>ただ、ワインスタインは作品そのものに対する誇りや愛情が
>感じられない点がもっともイライラさせられるとこなんです。

あっ、まさに!そうそうなんですよね。流石!punktさん。。
去年からずっーとヽ(`-´#)ノ イライライラ!状態でっす。

punktさんの器のでかさに甘えて真偽は判らないけど爆弾発言(* ̄ー ̄*)エヘヘ。

>オスカー作品賞がどうしても欲しいのは、なにもワインスタイン兄弟だけじゃありません。
 
もちろんそうなんですけどね。昨日コメント憚ったんですけど他のスタジオ重役
「足ひっぱってやるー」とみたいなこと言ったとか(汗)。兄弟あからさまじゃなく上手くやれって感じ。

>オスカーは芸術のレベルの優劣とはあまり関係ないというのが事実でしょう。

でも~見識高いひとばかりじゃないしぃ~(コラコラ)
凡人はオスカー賞=秀作かも。

>カンヌはあまり関係がないと言われていますから
 
オスカーに絡ませる狙いと言うより、ヴィゴは最有力候補だ ったらしく、でもイタリアの批評家達が「A Single Man」をいたく気に入ったらしく選ばなかったらこぞって
「抗議しちゃうぞ~」てな感じだったとか(爆)。
審査員じゃないのに審議の際に彼らの意向がどんなプロセスで 
影響したのかは分らないけど(笑)。
より素晴らしかったと言われればそれまでなんですが(笑)。
コリンファンの皆様、悪意はございませんのでo(_ _)oペコッ♪
 
 box office見てると特に仏は前評判とか関係なく
 名もなき的映画でも良い作品はちゃんと見合った収益を上げるんですよね。
 国民の鑑識眼が高いのじゃないかと思います。
 芸術の都(笑)パリの日々のbox officeチェックしてたら最高2位の日も。
 16日10位で本日(現地17日)5位に返り咲いてました。
 http://www.cbo-boxoffice.com/v3/page000.php3  
 
UK発レビューは殆ど高い評価だったので英国アカデミーに期待~してまっす(笑)。

投稿: mika | 2009.12.19 12:32

mikaさん
賞レースの足の引っ張り合いは、何も今に始まったことじゃありませんよ。

>凡人はオスカー賞=秀作かも。
私だって、オスカーにノミネートされた作品というと、どんな映画だろうと興味を持ちますからね。wink
実際、オスカーにノミネートされたものは、お金を払って見る価値があるぐらいに良い作品です。
でも、オスカーにノミネートされなかったものの中にも、たくさんのお金を払って見る価値がある秀作があるのも事実です。

アメリカでヒットする映画と、ヨーロッパでヒットする映画と、日本でヒットする映画はやはりどうしても違うようですね。
アメリカではこの週末から The Road の上映館数が少しまとめて増えましたから、これまでうわさを聞いて見たくてうずうずしていた方がどのぐらい見に行ったのか。
Box Office の結果に注目です。

投稿: punkt | 2009.12.21 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンディエゴ映画批評家協会賞 | トップページ | ユタ映画批評家協会賞受賞 »