« ”The Road” インタビュー記事より(5) | トップページ | ”The Road” インタビュー記事より(6) »

今年も終わってしまった...

Liszt昨日は、私が所属している横浜オラトリオ協会合唱団の、年に一度の定期演奏会でした。
900名近いお客様においでいただき、今年もほぼ満席の会場で歌うことができました。

 

今年のメインステージはリストの「ミサ・コラリス」
とても美しいミサ曲なのですが、なぜか海外でもあまり演奏されないらしく、CDもほとんどないので、聞いていただいたお客様にとってもちょっと珍しい曲だったのではないかと思います。

サブステージで演奏した、信長貴富編曲の混声合唱・ヴァイオリン・ピアノのための「ヴィヴァルディが見た日本の四季」は、あのヴィヴァルディの「四季」に、日本の有名な叙情歌「花」「城ケ島の雨」「村祭」「ペチカ」を組み合わせたとても面白い曲で、歌っていても楽しかったです。notes

 

いつものことですが、いざステージが始まってしまうと2時間弱の演奏会はあっという間に終わってしまいます。
あ、ちょっとここ失敗した!coldsweats01  というところもあったりしますが、ゲネプロではよれよれだったところも、そこはアマチュアならではの「火事場の○○力」でまずまずのできだったのではないでしょうか。

今年の定期演奏会で32年間、我が合唱団を指導してこられた指揮者の中村先生がご勇退されるということもあって、感慨もひとしおでした。私も入団以来もう17年もお世話になってきましたが、もうちょっと中村先生の指揮で歌いたかったなぁ、と思っています。

来週には新しい指揮者の先生をお迎えして、来年の定演の練習がさっそく始ります。
来年は念願かなってモーツァルトの「レクイエム」が歌えるので、こちらも楽しみです。

・・・・

というわけで、ヴィゴやショーンのニュースから丸々2日間近く遠ざかっていたので、ぜんぜん追い切れていません。
ヴィゴのインタビュー記事がまだまだ出てきているようなので、これから順次チェックして面白そうなところはまたご紹介していきますので、しばしお待ちくださいませ。

ビデオクリップなどは、Erikoさんのところでチェックしてくださいね。

|

« ”The Road” インタビュー記事より(5) | トップページ | ”The Road” インタビュー記事より(6) »

つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

punktさん、今晩は。

たくさんの翻訳のお礼に、せめて私に出来ることは、演奏会に伺って拍手することだけ…と書き込もうと思っていたら、今日だったのですか! ほとんど毎日お邪魔していますが、今年は告知はされなかったですよね。「四季」を聞きたかったですweep。でも盛況でおめでとうございます! お天気が良くて幸いでした。

自動翻訳で記事を読むのは、ほとんど暗号解読なので、どれだけ感謝しているか、とても伝えきれません。エクシーンさんのバンドは「くだらないバンドX」と出るしpout
でも、記者さんが二十年前に見た無口な「付き添い」さんを覚えていたのは、あまりにもイイ男だったからに違いありませんlovely

投稿: ジャージ | 2009.11.28 19:04

ジャージさん
合唱団の演奏会にまで興味をもっていただきありがとうございました。
今年はヴィゴのニュースの量があまりにも多くて、告知を事前に出すヒマがありませんでした。(爆)
お天気がよく暖かかったので、おかげさまでお客様もたくさん来てくださって、また幸せな気分を味わうことができました。
また来年、忘れなければ告知をだしますので、その時はどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: punkt | 2009.11.29 01:37

punktさん、今年もおめでとうございました!
そして、お疲れさまcloverでした。

毎年このお話を伺っては「近くに住んでいれば・・・」と
残念に思っております。heart03
900名ものお客様の前での演奏notes素晴らしい雰囲気だったことでしょうshine

リストがミサ曲を書いていたことは初耳ear
そのような珍しい曲、聴いてみたかったと思うと同時に
私も今度アンサンブルで信長貴富氏編曲のものを演奏するので
「ヴィヴァルディが見た日本の四季」にはとても興味があります。

来年はモーツァルトの「レクイエム」、本当にうらやましい限りです。

これからのご活躍noteも楽しみにいたしております。

投稿: かづちゃん | 2009.11.29 09:14

あら! 終わってしまったのですか。

>今年はヴィゴのニュースの量があまりにも多くて、告知を事前に出すヒマがありませんでした

 まぁあ。告知があればうかがうつもりでしたが、たいへんでしたものね。

投稿: mizea | 2009.11.29 17:31

かづちゃんさん
ありがとうございます。
>リストがミサ曲を書いていたことは初耳
リストというとピアノというイメージですが、実は晩年は僧籍にはいったぐらいで、宗教曲(合唱)の作品もけっこうあるのだそうです。
信長貴富氏の作品は、最近人気があるようですね。
「四季」の作品はごく最近のものだと思いますが、気が利いていて洒落た作品だと思います。

mizeaさん
>まぁあ。告知があればうかがうつもりでしたが、たいへんでしたものね。
ありがとうございます。
9月も大変でしたが、11月に入ったら怒涛のように記事が押し寄せてきましたからね。
気がついたら告知するには遅すぎる状態でした。coldsweats01
また来年、よろしくお願いいたします。

投稿: punkt | 2009.11.29 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”The Road” インタビュー記事より(5) | トップページ | ”The Road” インタビュー記事より(6) »