« 11月11日も”The Road”の上映会 | トップページ | IESB のヴィゴのインタビュー(1) »

11月6日 Egyptian Theater のレポートより

11月6日の  Egyptian Theater の上映会とQ&Aに参加された Ananyaさんのレポートが、viggo-worksのこちらにアップされています。

これがユーモアたっぷりでとても楽しいレポートなので、特にQ&Aのところをご紹介したいと思います。
ユーモラスな雰囲気が少しでも伝わるように、ちょっと意訳ぎみですが...

Ananyaさんはこの劇場の前から2列目で左の壁際の一番端っこの席だったので、映画の登場人物はみんな歪んで平べったく見えるような状態で、首も後で4週間のカイロプラクティックが必要そうだという状況で映画をご覧になったそうです。

おまけに映画の音声の状況がとても悪くて、映画を見るのはさんざんだったようなのですが、いよいよQ&Aでヴィゴが登場します。

彼は私の6列ぐらい後ろのアルコーブから入ってきたので、私は良く見ることができました。wink
服装は、すでに語られているとおり:Habsのシャツ(紺色はと〜っても素敵に見えました)、ジーンズ、ブーツ、美しさ。
彼のお気に入りのピンストライプのときと同じように素敵にカジュアルに見えました。
Q&Aの間、彼はだいたい10ヤード(約9メートル)ぐらい離れたところに座っていました。happy01
でも...ほとんどの時間は彼の顔はあっちを向いていたので、私は彼の顔を見られませんでした。despair

あぁ...見ることができたもので間に合わせなくちゃね...その代わり、私の目を彼の絹のような髪の上(じかに見る長い髪は悪くないわね)に走らせざるを得ないのはなんて残念。肩に下りて...彼の上腕(カラスのタトゥーの下の部分が写真で見られるでしょう)、彼のほれぼれするような前腕に下りて、彼の肌のベルベットのような感じに見とれて、お尻のラインに沿ってジーンズを下りて最後の彼が好きらしい(ちなみに、私もよ)ブーツのつま先へ。そして...えーと...もう一度繰り返して...
(...これは結局、1時間のセッションでした。何か見るより仕方がなかったのよ...bleah

エヘン...すべてよ、もちろん、ずっとQ&Aセッションにうやうやしく注意を払っていたわ...もちろん。

ほとんどのことは他の方が述べているので...

− ほのめかされたストリップ(ところでヴィゴじゃないわよ)がDVDのイースターエッグになるのを本当に希望するわ、だって面白すぎるんですもの。(訳注:ある役の人がストリップショーのようなことをしたという話があったそうです。)

− 司会者の大ファンとはいかないわね。会話が本当に盛り上がるまでに出遅れていたもの。

 

観客の質問は:

あなたの典型的な準備は何ですか?
(明らかにviggo-worksのメンバーじゃないわね。典型的な答え。1つ価値ある追加は、彼は自分の息子だけでなく、彼の父親のことについても考えたということ。)

この物語は現在の事象に関係があると感じますか?
(ヴィゴからもヒルコート監督からもあいまいな答え。でもヴィゴはすてきなとりとめもない話...そう、いつものようにあらゆること。)

キャラクターとしての風景についての質問と、CGIやグリーンスクリーンと対抗した、実際の映像を使うという判断について。
(俳優たちにとってそれは物事を容易にして、風景と環境は本当に第3のキャラクターのようだった。)

なぜ、人々は終末後の世界のジャンルを好むのか?
(彼は実際、彼ら(ヴィゴや監督)にではなく私の夫に尋ねるべきだったわね。結局のところ、彼らはラブストーリーを作った。)

素敵な新しい情報が1つ −
今のところ他の皆さんが述べていないことが1つ:物語を語ることでヴィゴの必然の「貢献」
少年が寝ている時に、男が少年のポケットを調べるシーンがあって、見つけたのが...(忘れて! ネタバレするわけにはいかないわ)...えーと...それはヴィゴのアイディアだった。気に入ったわ!
素晴らしいシーンがこの物語にただ加わった。完璧なタッチで。

それで、もちろん、この夜も終わりがこなければならなかった。
600人以上の出席者に対してサインはなし − 想像できる?
暴徒のシーンになってしまうでしょう。
彼が最初に建物を出るので、前の左サイドの出口から...

出口といえば...私、2列目に座ったことに文句を言ったわよね、前の左?
...そして最初に私は出口の真ん前だと気が付いていた?
ああ、なんてこと − 次に私が気がついたのは、ゴンドールのサー・ゴージャスがまっすぐに私の方に来たということ。私の首が突然具合が良くなったって言ったかしら? この脈が速くなっていることについて今何かできるのなら...

そして...ヴィゴが私のところを通り過ぎて − 触れるぐらい近く − 二度目に見えなくなろうとするのをのを見ていると、劇場のもう1つの出口のドアはまだでていないところで...私は小さなため息を唇から漏らそうとして、ノドに引っかかった。

ヴィゴは出口の真ん前で立ち止まると、観客の方に向き直って手を振り、「来てくれてありがとう!」と言ったの。

私は無意識に手を振り返し − 笑顔が私の顔を明るくし − そしてこの前はもらえなかったものを受け取ったのよ。

アイ・コンタクト

[バタッ]

 

また、Vigirl's Momさんのお嬢さんが撮った写真がこちらにアップされています。

【おまけ】 9日の Landmark Theaters の上映会のときにファンの方が撮ったらしい写真が、Flickrのこちらに1枚あります。

|

« 11月11日も”The Road”の上映会 | トップページ | IESB のヴィゴのインタビュー(1) »

The Road」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月11日も”The Road”の上映会 | トップページ | IESB のヴィゴのインタビュー(1) »