« ヴィゴのトロント滞在は9月12日~14日 | トップページ | 「私は詩人たちに手を貸すことができたことを光栄に思う」 »

RENT - The Broadway Tour

Rent先週の「コーラスライン」に引き続き、今度はやはりブロードウェイ公演のツアーとして来日した「RENT」を見てきました。

RENT ブロードウェイ・ツアー オフィシャルサイト
YouTubeの専門チャンネルもあります

 

映画の「RENT」にはすっかり心を奪われましたが、舞台の「RENT」は初めて。
今回は、初演の時のメインキャストで映画版「RENT」にも出演したロジャー役のアダム・パスカルとマイク役のアンソニー・ラップが出演するということだったので、これは絶対に見に行かなければとずいぶん前にチケットを購入。

開場直前に劇場前に到着したのですが、当日売りのチケットを求める人の列やら何やらですでにかなりの熱気が感じられます。
さすが、RENT-head と呼ばれる熱狂的なファンが世界中にいるといわれているだけのことはありますね。
「コーラスライン」に比べると観客の年齢層がだいぶ若い感じでした。

客席は1階席最後列の後ろの立ち見席までびっしり満員。
幕のない舞台に演奏を担当するバンド・メンバーが登場すると大きな拍手。
アダム・パスカル、さらにアンソニー・ラップが出てくると大歓声が。happy02

ものすごく反応の良い満員の観客たちの拍手と歓声とともに、ソウルフルでパワフルなロック・ミュージカルがスタートしました。

そもそも映画を観たきっかけは、たまたま予告編で見たこのミュージカルの一種の主題歌 Seasons of Love があまりに素晴らしかったからで、映画のあとすぐに手に入れたサウンドトラックを一時はほとんど毎日聞いていました。

生の舞台を見ても、このミュージカルの音楽の素晴らしさ、歌の力強さには圧倒されますね。
AIDSの死の影に怯えながら、もがきながらも毎日を懸命に生きる若者たち。

たった3週間前に4年余りの乳癌との闘いの末に亡くなった私とほぼ同い年の合唱団の仲間のことを思い浮かべて、2幕は泣けて泣けて仕方がありませんでした。
ほんの2か月前までは、彼女も頑張って合唱祭の一緒のステージで歌っていたというのに...

 

今回はわずか1週間の間に、「コーラスライン」「RENT」とブロードウェイ版の素晴らしい舞台を立て続けにみることができて、ほんとうにラッキーでした。

|

« ヴィゴのトロント滞在は9月12日~14日 | トップページ | 「私は詩人たちに手を貸すことができたことを光栄に思う」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

レントは映画を見たのですがキャストが同じだったと記憶してます。
あと、日本人の女性の方がいるとテレビで見たのですが、背が低めの方なのにすごいと思ってテレビみてました。

投稿: まつ | 2009.08.23 11:13

まつさん
そうです、そうです。
映画版は、主要キャスト8人のうち6人が、オフブロードウェイとブロードウェイの初演時のメンバーをそのままキャスティングしていました。
だからあの映画は「RENT」の精神をとても良く伝えていると思いますよ。

ただ一人の日本人キャストは、高良結香(Yuka Takara)さんです。
彼女もブロードウェイでの「RENT」に参加しています。
彼女は2006年版のブロードウェイの「コーラスライン」のコニー役も勝ち取っていたので、今回、同時期に来日しているブロードウェイ版「コーラスライン」に出演するという選択肢もあったのに、主要キャスト外のアンサンブルとして「RENT」に出演する方をあえて選んだのだそうです。

投稿: punkt | 2009.08.23 21:50

 私も見に行きます。 キャストを見て見に行きたいと思ったのですが、チケット買いすぎで(あくまで私基準ですが)金銭的に自粛しなくちゃ!だったのですが、やはり買ってしまいました。 劇場の雰囲気も熱気があってよさそうですね。とっても楽しみです。
 そういえば舞台から映画になって来年のオスカーに絡みそうな「ナイン」。 日本人キャストで今年12月に(大阪は1月)あるのですよ。数年前に全然違うキャストであったのは評判よかったらしいんですが。 フロスト×ニクソンも日本人キャストであるし。 しくしく。いやつまりヴィゴさんの舞台もスペイン語で字幕でいいからこないかな~という方向に頭が向いちゃうのですよ。結局。


 実は私にも闘病中の友達がいます。気持ちをしゃんとしてこの舞台見に行きます。

投稿: mizea | 2009.08.23 23:43

mizeaさん
少々お財布がきつくても、RENTは見に行く価値が十分あると思います。
やっぱり舞台はいいです。
Purgatorio は、ヴィゴのスペイン語の舞台じゃなくて、日本語版の舞台がそのうちありそうですよね。
これまでにドーフマンの戯曲はほとんど日本版が上演されてますから。
セットも衣装も小道具も簡単だし、登場人物も二人しかいらないし。
大変に仕込みが楽な舞台だと思います。happy01

投稿: punkt | 2009.08.25 00:20

RENTで検索したら、落穂ひろいさんも見に行かれたんですね。私もヴィゴが大好きで、かなり長い間、いろいろな記事を読ませていただいていました(最近、ちょっとご無沙汰でしたが)。まったく共通点はないけど、ヴィゴファンがRENTも好きってすごくわかります。このツアー、本当に価値ある舞台でしたね。

投稿: エミュ | 2009.08.29 17:49

エミュさん
私の席は思いっきり後ろだったんですが、それでも今回の舞台は本当に良かったです。
生の迫力って本当にすごい。
ぐいぐい引き込まれますよね。
舞台を見た後、思わずブロードウェイの最終公演を収録したBlu-rayを買ってしまって(普通のDVD版もあります)ちょうど先ほど見ていたのですが、これもとっても良かったです。お薦めですよ。

投稿: punkt | 2009.08.29 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィゴのトロント滞在は9月12日~14日 | トップページ | 「私は詩人たちに手を貸すことができたことを光栄に思う」 »