« ガンダム台場に立つ | トップページ | ”Game of Thrones” 追加キャスト決定 »

迷画?

ちょっとニュースも枯渇気味なので、少し前に viggo-worksで紹介されていたヴィゴに関係のある面白ネタをご紹介しましょう。

 

Masterpiece1まずはこちらの作品から。(いずれも絵をクリックすると、大きな絵が表示されている元のサイトに飛びます。)

Worth1000.com というサイトに掲載された、アルブレヒト・デューラーの「自画像」を元にした作品です。
ROTKのポスターのアラゴルンと合成したみたいですね。

Masterpiece2次はかなりの珍品。

大元の絵は、カラヴァッジオの「果物籠を持つ少年」なのですが、この合成画像の元になったのは、こちらのデレク・ジャーマン監督の「カラヴァッジオ」の1シーンの画像です。

そう、ショーン・ビーンがラヌッチオ役、ティルダ・スウィントンがその恋人のレナ役を演じたあの映画のスチル写真からです。(ただし、なぜか画像は裏返しのようですが。)
これをイースタン・プロミスのニコライと合体させようなんて、すごい発想ですね。coldsweats01

 

Masterpiece3 3つ目は、アントワーヌ=ジャン・グロの「アルコレ橋のボナパルト」を元にした作品。

とても自然な感じで完成度が高いですね。
最初から、こんな絵だったような感じに見えます。

これもアラゴルンの画像を使っているようです。

 

Masterpiece4 最後は、アルブレヒト・デューラーの「オズワルド・クレルの肖像」を元にした絵です。

ヴィゴの写真と合成しただけでなく、背景の画像や絵の上の名前にも注目。

最初の3枚が掲載されているのは Worth1000.com というサイトで、Modern Renaissance というタイトルでこのような名画を使った合成画像のコンテストを何度もおこなっているらしく、すごくたくさんのスターの名画がありますが、これがみんななかなかの力作なんです。

たとえば、Modern Renaissance 10 には、上記の「果物籠を持つニコライ」の他にもイライジャやジョニー・デップ、キアヌ・リーヴスの肖像画もあったりします。

上記のModern Renaissance 10 の最初の部分にある、”View Related Galleries” というところで1から11までの過去のシリーズを選択することができますので、楽しい名画をチェックしてみてください。

 

|

« ガンダム台場に立つ | トップページ | ”Game of Thrones” 追加キャスト決定 »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん
ほっぺの破れたニコライが少年に見えるかは、ちと苦しいですが、
原画と比べなかったら、その他の絵もヴィゴがコスプレしているのかと
思ってしまいますね~。 
写実的な油絵なので、写真と合成しても違和感無いですが、
日本画や浮世絵だと、無理ですよね(^ ^;)ゞ

投稿: spring | 2009.08.03 08:57

springさん
確かに日本画や浮世絵じゃ写真との合成は無理ですね。
でも、似顔絵やイラストが上手な方が、最初から浮世絵風に似顔絵を描いてくだされば、それなりのものができるかもしれませんよ。
たくさんある他のスターの絵の中には、写真の合成ではない作品もありますから。

投稿: punkt | 2009.08.03 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンダム台場に立つ | トップページ | ”Game of Thrones” 追加キャスト決定 »