« Diario de León 5月24日の記事より | トップページ | DVD & Blu-ray Review Magazine 9月号 »

ラブ・コメ2題

Vicky_cristina_barcelona見たのはバラバラなんですが、似たようなジャンルの映画の感想をまとめて...

 

「それでも恋するバルセロナ」
原題: Vicky Cristina Barcelona
公式サイト

バカンスを過ごしにバルセロナにやってきたヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。そこで出会った画家ファン・アントニオ(ハビエル・バルデム)にクリスティーナは一目惚れ。2人に目をつけたファンはさっそく2人をくどきにかかるのですが、婚約中で慎重派のヴィッキーは拒絶しつつもだんだんファンに惹かれはじめ、さらにそこに激情的な画家の元妻マリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)が現れて...

ウディ・アレン監督の軽いタッチの恋愛映画です。
ペネロペ・クルスはこの演技でアカデミー賞助演女優賞をとりました。

ハビエル・バルデム扮するファン・アントニオはいとも簡単に美女3人とよろしくできて、ずるいというか果報者というか...これって、ウディ・アレン監督の願望?

私は基本的にラテン系の濃い顔立ちの俳優さんはどちらかというと好みではないんですが、なぜかこのハビエル・バルデムはなんとなく気になる俳優。
でもこれまでに見ているのが「海を飛ぶ夢」(事故で首から下が不随で頭も禿げた中年男性)、「ノーカントリー」(オカッパ頭の最凶の殺し屋)、「宮廷画家ゴヤは見た」(異端審問官修道士)と曲者の役ばかりだったんですよね。
それが今度は「セクシーな画家」(笑)。(もともとスペインではセクシーな俳優ということだとは思うのですがwink

会話はほとんど英語なのですが、ペネロペ・クルスとハビエル・バルデムが言い合いをするシーンなどはスペイン語。さすがペネロペ・クルスは迫力ですね。
なんでもスペイン語で怒鳴りあっているシーンでは、ペネロペはアドリブでものすごい罵り言葉を口にしているそうですが、そこは字幕もないのでどれほどすごいかまではわからないのがちょっと残念。
ペネロペ姐さんがでてくると、セクシーと言われているスカーレット・ヨハンソンも小娘程度にしか見えません。coldsweats01

4人の間でいろいろとあったものの最後は何もオチなしというか、エッ?っていう感じなんですが、まあ、これがウディ・アレン印なのでしょうか?

 

Hesjustnotthatintoyou 「そんな彼なら捨てちゃえば?」
原題: He's just not that into you
公式サイト

邦題は女性視点ですが、原題は「彼は単にあなたに興味がない」と男性視点の本音をタイトルにしてるんですね。

群像劇スタイルのラブ・コメ。
たしかに、あるある、というようなシーンも随所にあって、なかなか面白かったです。

登場人物が多くて、しかもお互いに友人同士だったり職場の同僚だったり、何らかのつながりがあるのでちょっとごちゃごちゃになりかけますが、うまくまとめて結局ラブ・コメの王道の結末に。

これにもスカーレット・ヨハンソンが出ているのですが、「それでも恋するバルセロナ」のクリスティーナとものすごくよく似た役で、面白みに欠けるのが残念ですね。

ジジ(ジニファー・グッドウィン)に男の本音を教授してあげるアレックス役のジャスティン・ロングは儲け役です。

 

おまけとして、アメリカの公式サイトで見つけた特典映像がすごく可笑しいのでお勧めです。

上記サイトで右側にある青い四角に「Click here for the Top Ten Click Flick Cliches not found in the Movies」と書いてあるところをクリックしてみてください。(このタイトルは間違ってますけどね。)

ケビン・コノリー、ブラッドリー・クーパーとジャスティン・ロングの3人が解説&実演する、”Ten Chick Flick Cliches that are Not in this movie”(この映画には出てこない女性向け映画でありがちな10シーン)というタイトルのミニ・コント集を見ることができますよ。
しかも、iTunes向けにダウンロードすることもできるようになってます。

|

« Diario de León 5月24日の記事より | トップページ | DVD & Blu-ray Review Magazine 9月号 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Diario de León 5月24日の記事より | トップページ | DVD & Blu-ray Review Magazine 9月号 »