« ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」 | トップページ | 「出版社は決してお金にならない」 »

ユニセフのチャリティーオークションのヴィゴ

Beto_and_viggoErikoさんに viggo-worksで教えていただきました。

Diario Perfil のこちらの記事によると、アルゼンチンの子供や若者たちの教育に役立てる基金をユニセフに設立するため、有名なスポーツ選手たちが描いた絵のチャリティーオークションがあったそうです。

そのオークションで、たまたまアルゼンチンに来ていたヴィゴが、サンロレンソの元選手、ベト・アコスタ(アルベルト・アコスタ)の描いた絵を5万ドル(約475万円)で手に入れたそうです。

上の写真は、ベトとヴィゴの2ショット。(クリックで少し大きくなります。)

以前にご紹介したこちらの記事でもベト・アコスタと一緒の姿が目撃されていて友人と書かれていますから、今回もこんなオークションがあるよと、ベトがヴィゴに声をかけたのかもしれませんね。

|

« ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」 | トップページ | 「出版社は決してお金にならない」 »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」 | トップページ | 「出版社は決してお金にならない」 »