« 8月11日 ヴィゴはブエノスアイレスで本のプロモーションを予定 | トップページ | ラブ・コメ2題 »

Diario de León 5月24日の記事より

Diariodeleon090524しばらく前、viggo-worksのこちらにミゲル・アンヘル・ネポムセノ記者が送ってくださったという、Diario de León 5月24日の記事のスキャン画像がアップされていました。

 

Diario de Leónのサイトの電子版の記事

この記事を viggo-works の Sageさんが英語に訳してくださったものがこちらにあります。

これは、”Good”のスペイン公開に合わせた記事で、電話取材によるインタビューのようです。

この北アメリカの俳優は今度の金曜日に、ナチズムについての違った視点からの物の見方である”Good”を公開する。彼の専門のプロジェクトがあるにもかかわらず、彼はレオンを心に留め続け、彼の地にすぐに行くであろうことを約束した。「私はレオンに戻るよ。もちろん。あの土地にはたくさんの思い出があるんだ。できるだけすぐに確かに行くよ。あなたはミゲル・アンヘル・ネポムセノを知っているかな? 私の代わりに彼にハグして欲しい。」彼とおしゃべりできると感じるかもしれないが、電話線の向こう端にいるのはスター、それもハリウッドのスーパースターなのだ。

これらのことは、広く知られた俳優であり、賞賛され、尊敬を集め、喜んでその芸術的独立を育んでいるヴィゴ・モーテンセンにとっては重要なことではない。そして彼のプロ意識はモーテンセンにとっては映画のプロモーションをすることで、その映画のプロモーションをするという点にこだわっている。話題がレオンであるときを除いて、そう、それに彼は会話の途中でより道をするが、いつも彼の最も最近の映画”Good”に戻った。

Goodに関するインタビューは今までさんざん出てきているものとほぼ同じなので省略しますが、やはりレオンからの取材ということで、ヴィゴとレオンの特別な関係がうかがえる最後の部分だけちょこっとご紹介です。

みんなの目に触れることとはいえ、あなたはいつも注目を集めますね。あなたの成功の秘訣はなんですか?

決してわからないよ。幸運であることが必要なんだ。もしもその秘訣を知る人がいたら天才だろうね。そして映画を作る人たちがみんな彼を使おうとするだろう。

いつレオンでお会いできますか?

レオンにはじきに行くよ。いつでも何日かの休みができたらそちらに確かに行くよ。本当に行きたいんだ。そちらのみなさんに私からよろしくと伝えて下さい。

さて、ここしばらくは時間もあったように思えるのですが、もうレオンには行ったのでしょうか?
それともこれから?
ヴィゴの名前を冠した広場も見に行かないとね?

|

« 8月11日 ヴィゴはブエノスアイレスで本のプロモーションを予定 | トップページ | ラブ・コメ2題 »

Good」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月11日 ヴィゴはブエノスアイレスで本のプロモーションを予定 | トップページ | ラブ・コメ2題 »