« 「出版社は決してお金にならない」 | トップページ | トロント映画祭まであと少し »

”Black Death” 撮影隊が滞在したホテルにて

Seandollnseeschorfheideしばらく前のニュースですが...

”Black Death” 撮影のため、ドイツに滞在していたショーン・ビーンや撮影スタッフが6月初めに宿泊していた Hotel Döllnsee-Schorfheide のブログに、ショーンの写真と記事が出ています。(6月15日付けの記事。ホテルのサイト

リンク先で写真をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。
ショーンと一緒に写っているのは、副支配人の Tom Garloffさん。

記事の内容を、The Mighty Bean Forum で naurdolienさんが英語に訳してくださっていますので、それを元に後半部分をご紹介します。

なお、前半部分は”Black Death”の説明でした。

クルーとキャストは明らかにこのホテルの滞在を楽しんでいて、特にその静けさと思慮深さを楽しんでいました。髭の男性たちから判断して、多くの滞在客たちは彼らを有名な俳優たちというより確固たる職人たちと信じたかもしれません。でもこれらは芸術の方法なのです! 彼らはそこで仮面を活用し、単純な顎鬚がカモフラージュになりました。でも、顎髭のないたくましい騎士を誰が望むでしょうか? それではなまくらな剣が華麗な鞘に入っているようなものです。

クルーが再び Schorfheide を離れるまでの間に、ホテルのバーで騎士ウルリック、モールドとウォルフスタンがミード(ハチミツ酒)のマグ1、2杯を楽しんだ日々を、私たちは振り返りたいと思います。

写真のショーンの服は、やはり以前に出てきた”Black Death”撮影中の写真と同じシャツとズボンのようですね。

|

« 「出版社は決してお金にならない」 | トップページ | トロント映画祭まであと少し »

Black Death」カテゴリの記事

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「出版社は決してお金にならない」 | トップページ | トロント映画祭まであと少し »