« CA$H ポッドキャスト(Episode 2) | トップページ | ”The Road” はTIFFのSpecial Presentationへ »

8月11日、ブエノスアイレスのヴィゴ(2)

20090811buenosaires_38月11日におこなわれた、”Antología de la Nueva Poesia Argentina”のプレゼンテーションに関する写真とビデオクリップの追加です。

 

このプレゼンテーションを主催したCCEBA(Centro Cultural de España en Buenos Aires)のFacebookのこちらに写真が3枚あります。(クリックで大きくなります。)

このうち2枚目の写真のキャプションによると、5人並んで写っている左から、CCEBAの館長 Ricardo Ramón、スペイン大使 Rafaél Estrella、ヴィゴ、アンソロジーを編纂したグスターボ・ロペス、キュレーターで美術評論家のケヴィン・パワー(こちらの記事に出てくる、この詩のアンソロジーの話をヴィゴに伝えた方ですね。)

3枚目の写真は、このアンソロジーに作品が収録された詩人の Fernanda Laguna が自作の詩を朗読しているところです。

 

昨日ご紹介した、USTREAM.tv のビデオクリップですが、ヴィゴが話をするのが20分ごろで、その最後でヴィゴ自身が朗読をしています(23分50秒ごろ)。

Latin American Herald Tribuneのこちらの記事(英語です)によれば、タイトルは ”La cuesta” となっていますが、viggo-works のスペイン語がわかる方たちの話によると、ヴィゴの作品集”Recent Forgeries”にある、”Hillside”のスペイン語バージョンのようだとのことです。

プレゼンテーションの後半は、詩人のみなさんによる自作の朗読会ですね。

またErikoさんにビデオクリップをもう1本教えていただきました。

TV iG のこちらで、ニュースという形のビデオクリップをご覧いただけます。

|

« CA$H ポッドキャスト(Episode 2) | トップページ | ”The Road” はTIFFのSpecial Presentationへ »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CA$H ポッドキャスト(Episode 2) | トップページ | ”The Road” はTIFFのSpecial Presentationへ »