« また別のクローネンバーグ監督新作の話 | トップページ | ガンダム台場に立つ »

”The Road” はヴェネチア映画祭コンペティションに出品

Venezia66 第66回ヴェネチア国際映画祭のラインナップが発表になりました。

注目のヴィゴ主演映画、”The Road” はコンペティション部門正式参加作品です。

ヴェネチア映画祭公式サイトのコンペティション参加作品リスト2ページ目に”The Road” の名前があります。

そしてこのヴェネチアがワールド・プレミアになるわけですね。

コンペ参加作品は全部で23本。

日本から塚本晋也監督の「TETSUO THE BULLET MAN」もコンペ参加が決定したので、日本のヴェネチア映画祭がらみのニュースはこればかりですが、ぜひ日本のマスコミにも”The Road”とヴィゴに注目してもらいたいものです。

ヴェネチア映画祭は9月2日から12日までです。

 

【追記】 viggo-works のRiv Resさんから、ヴィゴがヴェネチアに行くことの確認がとれた、とのアナウンスがありました。ただ、具体的な日程については今のところ未定とのことです。

日本の映画情報サイトにも、やっとコンペティション部門のラインナップが全部載った記事がでてきました。

シネマトゥデイ : 第66回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門の23作品発表!マイケル・ムーアやジョージ・A・ロメロ作品も!

ただし、監督名、タイトル、国 だけなので、ヴィゴの名前はまったく記事中には出てきません。

 

【追記2】 やっとヴィゴの名前も入った日本語の記事がでてきましたので、リンクを貼っておきます・

eiga.com : ベネチア映画祭ラインナップ発表。塚本晋也の新作が金獅子賞狙う

|

« また別のクローネンバーグ監督新作の話 | トップページ | ガンダム台場に立つ »

The Road」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

おぉ! ヴェネチア映画祭への参加、決まったんですね。
久しぶりに公の場に登場してくれるんだheart01
今年は新型インフルエンザの影響で、日本のマスコミはあまりカンヌに
行かなかったらしいですが、9月のヴェネチアならその心配もないですね。
去年のヴェネチアではミッキー・ロークの「レスラー」が金獅子賞を獲って
話題になりましたが、今年は是非”The Road”に頑張ってもらいたいですhappy01。 

投稿: Aralis | 2009.07.30 23:58

Aralisさん
ヴェネチアにどんな格好で登場するんでしょうね?
”The Road”の出来も気になりますが、金獅子賞leoshine、狙えるといいですね。

投稿: punkt | 2009.07.31 00:08

>このヴェネチアがワールド・プレミアになるわけですね。
 おお、「トロント映画祭でワールドプレミア」というより、かっこいい響きに感じてしまう。 トロントにもうしわけない^^;。

 NHKのニュースでは、「TETSUO THE BULLET MAN」のコンペ参加と、黒澤明特集があるということも報じられていました。 
 ほかのコンペ作品についてはいっさい報道なし。「TETSUO」は本編映像も流れてうらやましかったなり!('_') 

>ぜひ日本のマスコミにも”The Road”とヴィゴに注目してもらいたいものです。

 テレビだったら、たぶん「評判が高かった」くらいではだめで、賞にからまないと取り上げてくれないかもしれないですねー。
 たしかカンヌ同様、審査委員長の意向がけっこう強く反映されるのでしたかしら。今年の審査委員長はアン・リー監督。お願いしますm(_ _)m

投稿: mizea | 2009.07.31 12:47

mizeaさん
ヴェネチア映画祭のコンペってどうなんでしょうね?
日本ではヴェネチア映画祭のほうがトロントよりもはるかに有名ですが、カンヌもそうですがヴェネチアは商業的な映画よりも芸術的な映画の方が重視される傾向があるので、アメリカの映画業界はヴェネチアはあまり重視していないという記事を読んだことがあります。
確かに、日本でもヴェネチア映画祭と騒ぐわりには、興行成績にはあまり関係有りませんからね。

投稿: punkt | 2009.08.01 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また別のクローネンバーグ監督新作の話 | トップページ | ガンダム台場に立つ »