« Percy Jackson のトレイラー第1弾 | トップページ | 見えない男 »

”Purgatorio” は大人気?

オーストラリアのメルボルンにある Mechanics Institute Performing Arts Centre で8月8日より、アリエル・ドーフマンの”Purgatorio”がオーストラリア初公演を迎えるそうです。

オーストラリア初演にあたり、Australian Stage のこちらに、アリエル・ドーフマンのインタビュー記事が掲載されています。その中で、ヴィゴについてちょっと触れた部分がありましたのでご紹介します。

この作品を書く上で最も骨が折れた部分はどこですか?

エンディングのすぐ前だね。私は以前から、どれほどそれを完結させたいのか(ある程度)分かっていたが、どうやってその登場人物たちにお互いを認めるようにさせるのか、それは本当に創作するのが難しかった。私は多くの朗読やいくつかのワークショップを通して苦闘して、アメリカの Seattle Repertory Theatre で私たちが初演したまさにその日に、芝居の最後の小さな一部を書き直しさえした。そしてそうしても、まだ何か欠けたものが、わずかに曲がりくねったものがあったが、つい最近、マドリッドのスペイン語の舞台(Purgatorio は当初英語で書かれた)のためのこの芝居の準備で解決した。俳優たち、ヴィゴ・モーテンセンとアリアドナ・ヒルに、演出の Josep Maria Mestres とともに3日から4日間の集中した仕事の中で、彼らの助けを受けてようやく私の希望は、この自己発見の長い遍歴の満足すべきフィナーレを見つけることができた。

ヴィゴやアリアドナ・ヒルさんと打ち合わせをしたという話は、4月にご紹介したこちらの記事にもでてきていました。
今回の記事の様子では、これまでに出版されていて無謀にも私が翻訳を試みた英語のテキストの最後の部分に、若干の変更があるのかもしれませんね。

|

« Percy Jackson のトレイラー第1弾 | トップページ | 見えない男 »

Purgatorio」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

 punktさんのおかげで(ありがとーーーございます(*゚▽゚)ノ)脚本を読みましたが、あれでもいいけど「少しの変更がある」ということでも、納得する感じです。

 これ、日本で誰か上演しないかな~と思うんですよ。衣装もセットもお金かからないし。(←上演に当たっては、イマドキ重要なポイントです(^^))

 それとザ・ロードがヴェネツイア映画祭出品かもというニュースが流れてきましたが、どうなんでしょー??
 そのあと、トロント映画祭でも上映ということは可能性あるものでしょうか。アメリカ市場ではトロントのほうが影響力はあるようですし。

投稿: mizea | 2009.07.23 20:28

mizeaさん
そのうち日本でも上演するんじゃないでしょうか。
ドーフマンの他の作品はほとんど全部上演されているようですし。
メディアの話も、蜷川さん演出の女王メディアが有名でしたから、日本の演劇ファンにはよく知られたモチーフですよね。

ヴェネチア映画祭に The Road 参加か、という話題も記事にいたしました。
ヴェネチアとトロント両方で宣伝というのは、けっこう良くありますからね。キャンペーンに飛び回るみなさんは大変そうですが。

投稿: punkt | 2009.07.24 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Percy Jackson のトレイラー第1弾 | トップページ | 見えない男 »