« ショーンの新作のウワサ(続報) | トップページ | 「パーシー・ジャクソン」の予告編は日本でも上映中! »

ショーンの新作決定!

1つ下で続報をご紹介した  ”Game Of Thrones” へのショーンの参加ですが、原作者 George R.R. Martin本人のブログ ”Not A Blog” の19日の記事 ”A Casting We Will Go”で、正式に契約が完了したと紹介されています。

さて、ロイターがすでに話を出したのだから、もはや私が口をつぐんでいる理由はない。そのとおり、みなさんがここ2、3日、そこら中のウェッブで目にしたうわさは本当だ。HBOの「七王国の玉座」のパイロット版のための別の大きな一片が納まるべき所に納まった。我々はショーン・ビーンがエダード・スターク卿を演じるというサインを得た。

そちらの映画ファンにとって、ショーン・ビーンの紹介は必要ないだろう。つまり、なんてこった、彼はボロミアでシャープで、どちらの役でもそのほかにたくさんの別の役でも、とんでもなく素晴らしかった。私はこれ以上のネッドを想像できない。契約はとても難しかったので、この1か月間、私の指はクロスさせたままだった(いやはや、タイプするのは大変だったよ。)、だがいまや契約は成立し、私は大喜びしている。
(訳注:指をクロスさせるのは幸運のおまじない)

下でご紹介した The Hollywood Reporter の記事がそのままロイターの記事に転載されていましたから、その記事を読んでマーティン氏がこのブログを書かれたようですね。

原作者がネッド(エダード・スターク)役として、ショーン・ビーンが理想的と考えているということは、とっても嬉しいことですね。happy01
どうかこのドラマがパイロット版だけでこけたりしませんように。
パイロットが成功すれば、パイロット版を含めて全12回のドラマシリーズになる予定だそうです。

また、重要な役らしいエダードの庶子、ジョン・スノウ役の Kit Harrington については、IMDb にすらその名前が登録されていなかったのですが、マーティン氏のこのブログで写真入りで紹介されています。

この、ジョージ・R.R.マーティン氏の大変盛りだくさんな公式サイトもありますので、合わせてチェックしておきましょう。

原作本の日本語版については、「氷と炎の歌」シリーズ第1部「七王国の玉座」を参照してください。

|

« ショーンの新作のウワサ(続報) | トップページ | 「パーシー・ジャクソン」の予告編は日本でも上映中! »

Game of Thrones」カテゴリの記事

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

いよいよ、本決まりという事ですね。ショーンが動きだしてくれて嬉しいです。また、待つ楽しみが増えました。

投稿: runa | 2009.07.21 20:13

runaさん
なかなかよさそうな役ですよね。
どうかパイロット版が成功して、このドラマシリーズが日本にも入ってきますように。

投稿: punkt | 2009.07.21 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショーンの新作のウワサ(続報) | トップページ | 「パーシー・ジャクソン」の予告編は日本でも上映中! »